全商品を見る
トップページ > くだもの歳時記 > こうとく 100%蜜入りを目指す 葉摘みと玉回し

くだもの歳時記

こうとく 100%蜜入りを目指す 葉摘みと玉回し

こうとく りんご通販 蜜入りりんご

 

 

こうとくの葉摘みは9月中旬から


「こうとく」は11月上旬に収穫される蜜たっぷりのりんごです。その「こうとく」の葉摘みは9月中旬頃からはじめます。葉摘みするのは太陽のエネルギーをたっぷり取りこんで蜜いっぱいの美味しいりんごにするためです。

 

りんごは葉摘みすることによって太陽光がりんごの葉っぱ全体に当たるようにして、りんごに養分が集められ実の着色もすすんできます。りんごの樹全体を見たときにうっそうとして、葉っぱ同士が重なり合って光が入らない状態を無くして太陽光の効率をより高く利用するための作業なのです。

 

この葉摘みをすることで、光の入り方が効率的になり葉っぱの光合成が旺盛になり葉の同化力が高まって、葉で作られた養分がりんごの実の方に集まっていく仕組みです。

 

言いかえると、りんごの実の栄養分を作るための工場であるりんごの葉が太陽光という原料を効率よくとりこんでりんごの実に美味しい栄養分を蓄えていく工程ということです。

 

 

こうとく りんご通販 蜜入りりんご

こうとくは熟が短く太いので玉回しできないといわれている


 

 

 

こうとくは玉回ししないのが常識だが 


 

通常ふじりんご(サンふじ)は収穫前に玉回しをしてりんごの表皮の色ムラを無くし、りんごの着色をすすめます。表側1回、裏側1回最低2回の玉回しで着色を促します。無袋栽培のサンふじにはとても大切な作業です。

 

しかし、蜜女王「こうとく」は軸が短く太く柔らかいため普通は玉回しはしません。無理に玉回ししようすると軸が外れて「こうとく」の実がとれてしまうからです。せっかく育ててきたりんごの実がとれてしまったら元も子もありません。

 

しかし阿部りんご園では蜜入りをたっぷりにするためにしっかり葉摘みをして、玉回しもベテランの作業員が慎重にやっているのです。

 

 

しかし、それには阿部さん流のこうとくの玉回しに対応した高い技術があるのです。通常、サンふじの玉回しが180度位、回すとしたら、「こうとく」はその半分の90度位、回すのがいっぱいですが、あえて危険を覚悟に玉回しして着色をすすめているのです。

 

 

 

こうとく りんご通販 蜜入りりんご

こうとくの蜜入りの確率はかなり高いのだが、蜜センサーで100%にする。(こうとくの蜜入り状態)


 

 

 

蜜センサーで検品して100%蜜入りを標榜


こうとくの玉回し、それはより美味しい、より大きい蜜入りの「こうとく」の栽培に挑戦しているからです。

 

なぜ、実落ちするリスクを承知でこうとくの玉回しに手間暇をかけ、リスクに賭けているかと言えば、蜜入りと着色を良くした「大玉の最高級のこうとく」をねらって生産しているからといえます。

 

 

それには、これまでに栽培技術を高めてきた十数年のこうとく栽培の蓄積があるからなのです。

 

それは、一般のこうとくと比べて特に大きいこうとくをねらっているからで、阿部りんご園特有の「すごい蜜入りの特大こうとく」を作るための秘策でもあるのです。

 

 

そしてまた、最後の仕上げの樹上熟成の期間をしっかり取って、たっぷりの蜜入りさせて、蜜センサーですべて検品、100%蜜入りのこうとくを標榜したいと始めました。

 

 

 


▼▼お取り寄せはこちらから

こうとく 蜜入り 蜜姫lこうとく

こうとく 蜜入りりんご 蜜姫こうとく究極の蜜入り!幻のりんご 蜜姫「こうとく」

山形は寒暖の差が激しい盆地特有の気候で、りんご本来の美味しさが生じる完熟期と収穫期が見事に合致する、日本有数のリンゴの産地です。

 

「りんごの蜜」の部分には、自然の甘味成分が多く含まれています。りんごの蜜は、甘ったるい蜜の味ではなく「爽やかな甘み」を感じさせてくれます。そのため、蜜入りであるほど「さわやかな甘さのリンゴ」ということが言えるのです。

つまり「蜜入りりんご」がおいしいワケは、りんごが完熟していることに加え、蜜の爽やかな甘みが増しているリンゴだからなのです。

 

4,000円から  送料無料!

http://www.ajfarm.com/fs/ajfarm/c/gr29

 

 

 




ページの先頭へ戻る

Copyright©味の農園 All Rights Reserved.