全商品を見る
トップページ > くだもの歳時記 > ラフランスをコンポートにして冷凍保存する方法

くだもの歳時記

ラフランスをコンポートにして冷凍保存する方法

ラフランス 完熟 食べ頃

調理して冷凍保存するラフランスのコンポート


ラフランスを長期間冷凍保存させたいときに一番よく使われるのが、煮詰めてコンポートにするという方法です。


そこでここでは、そのままでもスイーツに入れても美味しい、簡単でシンプルなラフランスのコンポートの作り方を紹介します。この方法を知っておくだけで洋梨の冷凍保存がぐっと楽になるので、ぜひ参考にしてみてください。


ラフランスの冷凍保存は半割したままダイレクトに冷凍するより出来ればひと手間かけ調理して冷凍保存したいものです。そして小分けにして保存することで次に食べるときの利用方法が簡単になります。


そうすることでおしゃれにスイーツ、デザートなどバリエーションが広がり、その時々の調理の手間を省けることにもつながり楽しめます。ここはこのバリュエーションを大いに広げるために研究してみる必要がありそうですね。

 

 

 

ラフランス通販 ラフランス保存 山形ラフランス

短時間で出来る簡単なコンポートにして冷凍保存する方法もあります


 

 

 

 

 

スイーツ、デザートのために調理済み冷凍コンポートに


冷凍したラフランスはそのまま食べるだけではなく、冷凍コンポートにしておくとデザートやパウンドケーキ、パンケーキなどのスイーツにもよく使われますからとても便利です。


普通はその折々にラフランスを煮詰めてコンポートにして調理されますが、この工程は時間がかかるので、一回一回、スイーツづくりのたびに全行程を行うのはとても面倒です。

 


そのためラフランスを煮詰めたコンポートにした状態で冷凍しておくと、長く冷凍保存できるだけでなく、簡単にスイーツへ加えることができるので重宝します。


ラフランスコンポートは常時供えがあれば何かと便利なケーキ作りの食材になります。また、そのままでもヨーグルトに入れても美味しく食べられるので、デザートにも最適です。


ラフランスがたくさん手に入ったときなどは、冷凍のラフランスコンポート作って冷凍保存しておけば飽きることなく利用できます。


なにより解凍するだけで調理の時間を節約できるので仕上げの調理に集中できますから、ラフランスのコンポートがあることでとても幅広いレシピが可能になります。それでは皆さまにお薦めしている方法をいっしょにみていきましょう。

 

 

 

 

ラフランス 簡単レシピ 保存方法

ラフランスを沢山頂いたりした時は長期保存できるようにします。


 

 

ラフランスコンポートの基本的なレシピ


こんな困ったときに時に試してみましょう

「ラフランスをいっぱい頂きましたが、なかなか消費出来ず…傷んでしまう前にコンポートにしてみました。ワインを入れないコンポートを作りたかったのでやってみました。冷やして食べるとおいしいです」

「食べきれないラフランスはコンポートにしてしまえば日持ちします」

 

◆◆ ラフランスのコンポート(ワイン無し)◆◆


 

ラフランス コンポート 洋梨

ラフランスのコンポートをつくります

 

ラフランス切って煮るだけです

ラフランスは、皮をむき、芯をとり、8等分のクシ型にきる。 全ての材料を鍋にいれて落としぶたをして、弱火でコトコトト30分煮る。 そのまま冷まして、冷めたらフリーザ袋にいれる。

完成して冷めたらフリーザ袋やプラスチック容器にいれて冷凍保存します。

【材料】

ラフランス:2個(約600g)

グラニュー糖:100g

水:200ml

レモン汁:1個分

 

 

◆◆レンジでつくる簡単コンポート◆◆


 

レンジでも簡単です。汁がたっぷり出て汁まで美味しいです。
一口サイズにカットしレモン汁(リンゴジュースでも可)をかけてレンジで3分ほど加熱します。

ラフランス コンポート 簡単

ラフランスの簡単コンポート、レンジで作る

冷めたらフリーザ袋やプラスチック容器にいれて冷凍します。

 

【材料】

ラフランス:2個(約600g)

グラニュー糖 :100g

水:200ml

レモン汁:1個分

 

 

◆◆ラフランスのワインコンポート◆◆


 

ワインコンポートもお勧めです。

櫛型に切ったラフランスをひたひたのワインでことこと30分煮込むだけです。

ラフランス 簡単コンポート 洋梨

ワインを入れたコンポート、香りが立ちます

ラフランスは皮をむき、芯を取り、8等分くらいに切る。お好みでレモン汁を少し入れても美味しいです。焦がさないように弱火で煮詰めてください。

完成して冷めたらフリーザ袋やプラスチック容器にいれて冷凍保存します。
【材料】

ラフランス:1個(約300g)

赤ワイン :50cc

はちみつ :大さじ1

砂糖:大さじ1

シナモンパウダー:少々(お好みで)

 

 

◆◆ラフランスのサングリア風◆◆


 

レモンと赤ワインに漬け込んでサングリア風も美味しいです。ワインに赤く染まったラフランスもしっとり美味しく、ラフランスの香りの移った赤ワインも甘く美味しいです。

ラフランスはくし切りにしたり、一口大におしゃれな切り方をしてして冷凍保存したものを使います。

その冷凍したラフランスを材料を溶かしたワインに入れて一晩おいてください。おいしいラフランスのサングリア風の出来上がりです。

 

【材料】

ラフランス:1個(約300g)

ラフランス サングリア 簡単レシピ

ラフランスとかんきつ類などくだものたっぷりサングリア

 

赤ワイン :100cc

はちみつ :大さじ1

砂糖:大さじ1

レモン:半個分

 

 


 


ラフランス通販 ラフランス保存 山形ラフランス

調理済み材料としてコンポートはスイーツ、デザートに応用できます


 

 

 

 

 

ラフランスをコンポートにして冷凍保存する方法 まとめ


冷凍したラフランスはそのまま食べるだけではなく、冷凍コンポートにしておくとデザートやパウンドケーキ、パンケーキなどのスイーツにもよく使われますからとても便利です。


普通はその折々にラフランスを煮詰めてコンポートにして調理されますが、この工程は時間がかかるので、一回一回、スイーツづくりのたびに全行程を行うのはとても面倒です。


また、ラフランスを保存するときは完熟を見極めないといけません。美味しい状態を確かめて調理して冷凍にして下さい。そのために完熟の見分け方をご確認下さい。


ラフランスは完熟してくると、表皮の一部が緑色から黄緑色になってラフランス特有のあまい香りが一段と強くなり、ラフランスの軸のまわりを指で軽く押すとちょっと柔らかさを感じた頃が食べ時です。


そして軸の周りにシワが出てきます。その時の軸は水分が抜けて茶色く枯れ枝のようなシワが見えてきます。

 

 

 

 

 

ラフランス 食べ方 食べ頃

 

 


▼▼お取り寄せはこちら▼▼

ラフランス 保存方法 簡単レシピ

ラフランス 保存方法 完熟ラフランス洋梨の女王、完熟ラフランス

 

ラフランスは果汁たっぷりの果肉はとろけるようなまろやかな口当たりで西洋なしの中でも一番の人気洋梨の女王です。

追熟の難しさや外見がよくないなどの理由で長い間注目されていませんでした

昭和60年代になってから追熟技術が進んだことで、ラフランスの上品でとろけるような美味しさが知れ渡るや、一躍フルーツ界の女王となりました。

口の中に広がるさわやかな甘味と程よい酸味、そのとろける味と香りは、食べた人を女王様気分にしてくれるでしょう。

 

3500円から 送料無料!

https://www.ajfarm.com/fs/ajfarm/c/gr4

 

 


ページの先頭へ戻る

Copyright©味の農園 All Rights Reserved.