全商品を見る
トップページ> くだもの歳時記> カテゴリー: 庄内柿

くだもの歳時記

カテゴリー: 庄内柿

柿・庄内柿の美味しい保存方法

庄内柿 柿 種なし柿

庄内柿の保存方法とは 庄内柿の保存には水分が大切です。乾燥を防ぐために、ポリエチレンの袋に入れて冷蔵貯蔵すると長持ちします。   ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存すれば1週間ほど持ちますが、常温だと2日ほどでやわらかくなります。柿は追熟の必要がないので、購入したら早めに食べたほうがいいです。   またやわらかくなりすぎた柿は完熟させて冷凍するとシャーベットとしてとても美味しく楽しめます   ...... 続きを読む

美味しい柿の選び方・美味しい庄内柿とは

柿 庄内柿 種なし

秋になると庄内地方のあちらこちらの家で色付き始める柿の実。甘く柔らかく、歯ごたえもしっかりした柿、子供からお年寄りまでみんなが大好きな『庄内柿』です。   庄内を代表する秋の果実『庄内柿』は、果実が甘く、適度の歯ごたえ、種がないのが特徴です。正式には『平核無柿(ひらたねなしかき 平らで種の無い柿、核とは種のこと)』と言います。     美味しい庄内柿の選び方・美味しい柿とは 果肉が厚く色周りが良いものを選ぶ...... 続きを読む

庄内柿は刀を鍬に開墾した庄内藩士の魂

種なし柿「庄内柿」

  庄内藩士の開墾に始まる柿のお話し さて、今回は庄内藩士の開墾に始まる柿のお話です。時代はずっと遡り幕末から明治に代わる頃の庄内藩の顛末になります。当時、徳川譜代の庄内藩は賊軍と呼ばれ、江戸を落ち会津、米沢と共に戊申戦争を最後まで戦い恭順して終ります。藩主の謹慎、公地没収などの処分を受ける中、明治四年には廃藩置県となり、月山山麓の原野(松ヶ岡)を開墾する一大事業が持ち上がります。   松ヶ岡開墾場は、明治維新直後、旧荘内藩家老...... 続きを読む

庄内柿の誕生秘話その1

種なし「庄内柿」

  庄内柿の誕生の物語は庄内藩士の開墾からはじまる   秋になると庄内地方のあちらこちらの家で色付き始める柿の実。甘く柔らかく、歯ごたえもしっかりした柿、子供からお年寄りまでみんなが大好きな『庄内柿』です。 この『庄内柿』は明治18年、偶然に紛れ込んだ1本の柿の木から始まりました。 そして、この種のない不思議な柿の木の将来性を感じ取った元庄内藩士、酒井調良が苗木を育成し普及に励んだことが、今日の庄内の秋を代表する果物『庄内柿』を生み出...... 続きを読む

庄内柿の誕生物語|庄内柿通販 味の農園

庄内柿は種なしの渋柿だった

調良柿(庄内柿)の栽培技術の普及に努める   種のない不思議な柿を見つけた酒井調良は、明治26年、西田川郡黒森村(現在の酒田市)に果樹園を作り、その柿の苗木育成に挑戦します。その果樹園は、晩年の調良の号ともなる『好菓園』という名で呼ばれました。 調良はこの果樹園で接ぎ木を繰り返すことによって本数を増やし、明治30年ころには苗木の分譲ができるようになるまで栽培し続けました。この柿の木の将来性を信じていた調良は庄内地方の各地でこの柿の木の優れているところを...... 続きを読む

庄内柿の渋抜きするメカニズムとその方法

IMG_3588-

カキタンニンを水溶性から不溶性に変化することにより、渋味を感じなくなる   庄内柿(平核無)の渋がきの脱渋方法として広く用いられているのは、炭酸ガスかアルコールによる方法(ごく一部樹上脱渋があります)ですが、いずれの方法もカキタンニンを水溶性から不溶性に変化することにより、渋味を感じなくなることを利用しています。 アルコール脱渋では、38%程度のアルコール溶液をかき1kg当たり10cc程度噴霧し、密閉することにより、1週間前後で渋が抜けます。 ま...... 続きを読む



ページの先頭へ戻る

Copyright©味の農園 All Rights Reserved.