だだちゃ豆 販売 通販

商品カテゴリ一覧 > 農産物 > だだちゃ豆

山形県鶴岡産だだちゃ豆最高峰のプレミアム枝豆

 『日本一おいしく、日本一高価な枝豆』と評価されるだだちゃ豆。
山形県鶴岡市の白山地区で栽培される枝豆だけが本物のだだちゃ豆と言われています。
ゆで上がるころから甘い香りが漂い、食べれば栗のようにホクホクし、口の中に甘く濃厚な味わいが広がり、食べ始めたらやめられなくなるほどの美味しさです。他の地区で栽培しても、この枝豆が持つ甘みやコクは出ないと言われています。限られた地区でのみ栽培されるため、地元でも入手困難な大変希少な枝豆です。本物の「だだちゃ豆」を是非ご賞味下さい!

作家藤沢周平も惚れた究極の枝豆「だだちゃ豆」

作家藤沢周平も惚れた究極の枝豆

「たそがれ清兵衛」を筆頭に庄内藩を舞台にした小説が次々と映画化され、人気を不動のものにした時代小説家・藤沢周平は、エッセイや鶴岡を舞台とした小説の中で「だだちゃ豆」について度々記していました。
エッセイ「ふるさとへ廻る六部」では、出身地・庄内の地酒の名をいくつかあげたあとに、「これに絶妙の旨みを持つ旧西田川郡産( 鶴岡市白山周辺) の枝豆『だだちゃ豆』があれば他に馳走はいらない。」と書いています。
また今までも、ビールのテレビCMで登場したり、雑誌やテレビ番組で紹介されたりとその知名度も今や全国に拡がりました。
昨年放送されたテレビ番組で「だだちゃ豆」が取り上げられた際は、放送が深夜であったのにも関わらず、放送後に、だだちゃ豆が売り切れてしまうお店が続出するほどでした。

だだちゃ豆の名前の由来は

名前の由来

だだちゃ豆の「だだちゃ」とは、山形県庄内地方の方言で「おやじ」「お父さん」という意味です。
その昔、鶴岡の庄内藩のお殿様が大変な枝豆好きで、毎日枝豆を持ち寄らせては「今日は、どこのだだちゃの枝豆か?」と訊ねた事から、いつの頃からか"だだちゃ豆" と呼ばれるようになったと言われています。

だだちゃ豆の特徴

品種の特徴

だだちゃ豆は、江戸時代から代々、一粒一粒厳しい種子選抜・淘汰を繰り返し、最良の品種を守り継いできた「在来種」で、山形県鶴岡市のごく一部の地域で短い一時期しか生産されない貴重な枝豆です。

特徴は、さやの表面が茶色の毛でおおわれ、くびれが深く、ふっくらしています。サヤに入っている豆の数は一般的な枝豆に比べ2粒が多く、1粒が1割、2粒が7割、3粒2割という割合です。

「だだちゃ豆」は茶毛におおわれているため、見た目はあまり良くありませんが、茹で上がるころにはトウモロコシのような香ばしい甘い香りが漂います。食べた瞬間の口に広がる甘く濃厚な味わいは格別で、一度食べたら、やみつきになります。山形では、早生よりもお盆過ぎに収獲される晩生のだだちゃ豆の方が味がいいと言われ、人気があります。

だだちゃ豆の収穫作業は早朝から始まります

収穫作業

真夏に旬を迎えるだだちゃ豆の収穫は大変な作業です。少しでも新鮮な状態でお届けするため、気温が高くなる前に早朝5時頃から刈り入れを行います。収獲が始まると9月中旬の収獲終了までは、休みなく毎日作業を行います。

だだちゃ豆の収穫から発送まで

伊藤さんのだだちゃ豆はたっぷりの太陽の光と豊かな土づくりが特徴

伊藤さんのだだちゃ豆

伊藤さんのだだちゃ豆の栽培方法は、太陽の光がたっぷり当たるように一般的なだだちゃ豆農家の通常の植え付け間隔よりも約30%広く空けています。

植え付け間隔を広くすると太陽の光がだだちゃ豆の隅々まで届き、しっかりと光合成ができるので、病害虫に強く、品質・食味ともに良好なだだちゃ豆に育つのです。

伊藤さんの畑では、毎年土壌の成分検査を行っています。土に残っている肥料成分や有機物の有無を毎年診断して、それぞれの場所に適正な量の肥料を与えるよう栽培計画を立てます。これは、毎年違う土壌の条件に対して、だだちゃ豆にストレスがかからないような優しい栽培を行うためです。そうすることで病害虫に強い植物が出来て、必要以上の病害虫防除を省くことが出来るようになります。

伊藤さんのだだちゃ豆栽培は、健康に育てることが基本となって、健康に育つことで収穫量も美味しさも保障されるという長年続けてきた経験からくる信念にもとづいて栽培しています。

太陽の光をいっぱい浴び、土の栄養分をたくさん吸収して、のびのび育った伊藤さんの「だだちゃ豆」は、甘みとコクが他の枝豆とは格別です。ご家族みなさまで召し上がっていただきたい極上の枝豆です。

優れた旨みの「だだちゃ豆」をつくることは根粒菌を増やすこと

根粒菌

だだちゃ豆のおいしさの決めては「根粒菌」をいかに多くするかにかかっています。

根粒菌は根っこについている丸い球状の根粒に住む細菌で、大気中の窒素をアンモニアに変換し、宿主の植物の生育に欠かせない窒素を供給する働きをしています。

だだちゃ豆は、他の作物のような連作障害(同じ土地に同じものを作ると障害が起きる)がありません。それは根粒菌が連作障害を回避する役割を担っているからだといわれています。
手間暇を惜しまずに、こまめに土寄せを何度も繰り返すことで、根粒菌が増殖して株がしっかり安定し、強風や梅雨の雨から「だだちゃ豆」を守ります。また根粒菌を増やすことで通気性もよくなりますので、病気に強く健康な株に育ち、その結果、美味しい「だだちゃ豆」が育つというわけです。

おいしいだだちゃ豆のゆで方

おいしいだだちゃ豆のゆで方01
おいしいだだちゃ豆のゆで方02



だだちゃ豆お届け時期

だだちゃ豆お届け時期

だだちゃ豆の人気ランキング

だだちゃ豆カテゴリー一覧

極上だだちゃ豆

生産者、伊藤稔さんが丹精込めて栽培した人気の「だだちゃ豆」。 だだちゃ豆の特徴である香りの高さが楽しめます。

ご贈答用だだちゃ豆

生産者が自信をもって厳選して贈る最高のだだちゃ豆だけを桐箱につめてご贈答専用のギフト商品としてご用意しました。
大切な方への贈り物としてお届けします。

友達ギフト(カード付)だだちゃ豆

親しいお友達にお気軽にご紹介できるようにカードを付けてお友達専用ギフトとして新たに加えました。

お気軽ギフトとしてご利用ください。

訳ありだだちゃ豆

お手ごろ価格でお届けできる訳ありのだだちゃ豆です。人気商品のためお届け時期はご指定できません。ご予約から発送までしばらくお待ちいただくことになります。すぐにお届けはできません。

冷凍だだちゃ豆

いちばん香り高い品種「尾浦」をその特徴である香ばしい香りの高さを 失うことなく冷凍した商品です。冷凍になのに香りが高いことが人気の秘密。 解凍してすぐに食べられます。