山形さくらんぼ 販売 通販

商品カテゴリ一覧 > フルーツ > 山形さくらんぼ

山形さくらんぼ

紅秀峰・紅てまり

紅秀峰
「紅秀峰(べにしゅうほう)」は、佐藤錦の後に6月下旬から7月上旬にかけて出回るさくらんぼで、酸味が少なく
糖度も高いため、甘いさくらんぼとして人気が高まっています。
2Lサイズ以上の大粒で収穫量が少ないため、
稀少性もあり、また日持ちのする品種なのでご贈答にもおすすめです。


紅てまり
「紅てまり」は、紅秀峰の後に出回る晩生種の2Lサイズ以上の大粒で食味も濃厚なことから、「最高級ギフト品」として
栽培されています。収穫時期が短く、非常に希少な品種のため「幻のさくらんぼ」と言われている逸品です。
糖度は20度以上。酸味が0.8度と甘みと酸味のバランスが絶妙な最高級さくらんぼです。
日持ちもよいのでご贈答にも最適です。


 

7月さくらんぼ


 

お中元さくらんぼ


 

 

山形のさくらんぼ

山形県のさくらんぼは生産量が全国第1位で、全国の生産量の約75%を占める山形県を代表する果物です。山形県は、夏は暑く梅雨のときも雨が少なく、風も強くないなど、さくらんぼが育つのに適した気候であることから、山形県内で多く栽培されるようになったといわれています。
日本へは、明治の初めころにアメリカやフランスから導入されました。山形県でもこの頃から栽培が始まったようです。
さくらんぼの栽培は、驚くほど手間がかかります。4月中旬から5月上旬にかけて降る遅霜や、梅雨の時期の雨、また野鳥から守る設備、また実を大きくするための間引きなど1年を通して注意しなければなりません。
栽培から発送まで、ほとんどの作業が人の手でしか出来ない細かい作業が多いため、お値段が高くなってしまうのもご理解いただければと思います。

さくらんぼの品種 〜人気の三大さくらんぼ〜

さくらんぼ佐藤錦 さくらんぼ紅秀峰 さくらんぼ紅てまり

さくらんぼの品種の中で1番人気の「佐藤錦」は、山形県東根市の佐藤栄助さんがナポレオンと黄玉を交配させてできた品種です。平均の大きさは6g程度ですが、最近は大玉も栽培されるようになりました。「佐藤錦」は、果肉の色は乳白色で、どちらかというとやや柔らかく、甘みと酸味のバランスが抜群に良い品種です。
佐藤錦は、4月上旬から6月上旬まではハウス栽培、6月中旬以降は露地栽培のものが多く出回ります。

紅秀峰(べにしゅうほう)は、昭和54年に山形県園芸試験場において「佐藤錦」に「天香錦」を交配し平成3年に品種登録されたさくらんぼです。平均の大きさは8〜9gと大きく、果肉の色は黄白色で、しっかりした肉質です。噛むとパリッとしたはじける食感で食べ応えがあります。酸味が少なく甘みが強い日持ちのする品種なので、ご贈答におすすめです。
佐藤錦の後に収穫される晩生種で、6月下旬から7月上旬に出回る収穫時期の短い品種です。

紅てまりは、昭和55年に山形県園芸試験場において「佐藤錦」と「ビック」を交配し平成12年に品種登録された比較的新しい品種です。平均の大きさは10g以上ととても大きく、また糖度が20度以上と甘みも強くてジューシー。果皮・果肉がしっかりしているので、日持ちもよいので、お中元などのご贈答におすすめです。紅てまりは、あまり市場には出回らない大変希少なさくらんぼです。
紅てまりは、7月上旬から7月中旬のさくらんぼシーズンの最後に出回る品種です。

さくらんぼ佐藤錦 さくらんぼ紅秀峰 さくらんぼ紅てまり

 

 

さくらんぼ「温室栽培(ハウス)」「露地栽培」の違いは?

さくらんぼは「温室栽培(ハウス)」と「露地栽培」の2種類の栽培方法があります。4月上旬から6月上旬に出回るさくらんぼは「温室栽培(ハウス)」6月中旬以降に出回るさくらんぼは「露地栽培」になります。

◆人工的に「春」を作りだして栽培する「温室栽培(ハウス)」
温室(ハウス)のさくらんぼの栽培は、冬になると休眠し、春になると覚醒するという原理を使って、この習性を応用したさくらんぼの促成栽培です。
温室(ハウス)の中で水分や温度をコントロールして栽培するので、生育期から収穫期まで理想に近い天候で栽培することができます。
通常でもさくらんぼの栽培は難しいと言われていますが、露地栽培以上に手間のかかる温室栽培のさくらんぼは最高級品です。

◆自然な環境のなかで太陽の光をたっぷり浴びて育てる「露地栽培」
「露地栽培」は、温室やビニールハウスを使わず、自然の環境のなかで栽培することです。さくらんぼは、着色しながら大きくなっていくので、太陽の光をたっぷり浴びることによって粒も大きくなります。 そのため、ハウス栽培のさくらんぼよりも大粒になるわけです。 露地栽培のさくらんぼの最盛期は、6月中旬から7月中旬。ちょうど梅雨の時期に重なりますが、屋根の部分にビニールをかけた「雨よけハウス」のおかげで、雨による「実割れ」を防ぐことができ、また収穫まで樹上で完熟を待つことができるため、甘みも増していきます。

さくらんぼの収穫から発送まで

お客様に山形の美味しいさくらんぼを収穫したそのままの美味しさで届けるために当店では、さくらんぼの最盛期だけ生産地である
東根市に配送拠点を移し、朝採りさくらんぼをその日のうちに出荷する工夫を続けています。
さくらんぼは、収穫してからトマトのように追熟して色づいたり美味しくなるわけではありません。 さくらんぼは、“収穫した時”が
一番美味しい瞬間です。 収穫した瞬間から少しずつ鮮度が落ちていく生鮮品なので、すべての作業が時間との闘いです。
01さくらんぼの収穫
02選別・パック詰め作業
03計量・調整作業
04梱包・発送作業
04梱包・発送作業

考慮した発送を心がけています

山形さくらんぼのお届け時期

さくらんぼ大口注文(法人・個人)のご案内へ

さくらんぼカテゴリー一覧

さくらんぼ 紅秀峰・紅てまり(7月お届け)

「紅秀峰(べにしゅうほう)」「紅てまり」は、酸味が控えめで糖度も高く濃厚な味わい。粒が大きく食べ応えがあります。日持ちがするのでご贈答におすすめです。
【ご予約承り中♪】

お中元さくらんぼ(6月末〜7月お届け)

お中元の「のし付き」さくらんぼ。複数のお届けにも対応しております。 佐藤錦は少し早い時期に発送。紅秀峰・紅てまりは7月の発送になり、お中元時期にぴったりです。【ご予約承り中♪】

さくらんぼスイーツ

さくらんぼグラッセをゼリーで包んだ新食感スイーツ。宝石のようにきらめく、見て楽しい!食べて美味しい!農林水産大臣賞受賞のお菓子です。

ご案内

当店はインターネット通信販売専門店です。
「店頭販売」や「さくらんぼ狩り」は行っておりません。

★さくらんぼ狩りについては、
東根市観光物産協会(TEL:0237-41-1200)にお問い合わせ下さい。

http://www.higashine.com/news/sakuranbo-open/