全商品を見る
トップページ> アーカイブ:
アーカイブ:

完熟ラ・フランスの簡単で美味しい食べ方

ラフランス ラ・フランス 洋梨

完熟してやわらかくなったラ・フランス。皮をむいたてカットするのは、果汁がすべって中々大変…。実はとっても簡単で美味しい食べ方があるんです。 切ってスプーンですくうだけ!手も汚れなくて、とっても贅沢に味わえます。...... 続きを読む

ラ・フランスのむき方

ラ・フランス ラフランス 洋梨

ラ・フランスが美味しい季節になりました。見た目とは裏腹に、完熟を迎えたラ・フランスのとろけるような食感と芳醇な甘い香りは、なんとも贅沢な気分にさせてくれます。今回はラフランスのカット方法をご案内します。食べる前に冷蔵庫で冷やすと、ひんやりしてさらに美味しくなりますよ。...... 続きを読む

【レシピ】材料はたったの2つ!簡単不思議な柿プリン

004

完熟した柿を使って、デザートを作りましょう。作り方はとっても簡単。柿と牛乳を混ぜるだけ! 牛乳のたんぱく質と、柿のペクチンが反応してゼラチンがなくても固まります。簡単で不思議な柿プリンをお試し下さい。...... 続きを読む

【レシピ】ミキサー不要!まるごと贅沢柿ラッシー

庄内柿 柿 カキ

柿が熟しすぎてしまった…!そんな時は、お家にある材料で手軽に作れる、柿ラッシ―はいかがでしょう。 完熟した柿の自然な甘さと、ヨーグルトの酸味が絶妙なバランスの、さっぱり美味しいドリンクです。 ミキサーがなくても作れる簡単さも嬉しいポイントです。柿はあまりつぶし過ぎない方が柿の食感を感じられるのでおすすめです。 完熟した庄内柿を贅沢に使った、とっても簡単で美味しいレシピです。...... 続きを読む

庄内柿の保存方法

003

実りの秋を代表する果物「柿」。なかでも山形県庄内地方で栽培される「庄内柿」は、種がなくて食べやすい、なめらかな食感と上品な甘さが自慢です。 今回は、庄内柿の美味しさを長持ちさせるための保存方法をご紹介します。硬めの柿がお好きな方は、ぜひお試しください。 柿は収穫された後も呼吸を続けているのですが、呼吸はヘタの部分を通して行われています。 呼吸によって水分をなくし、変わりにエチレンという物質を増やすことで実を柔らかくするのが柿の性質です。 だから、ヘタがうるおっていれば...... 続きを読む

庄内柿のむき方(くるくる回しながらむく)

eye

柿の皮をくるくるむく方法です。柿をむく時は手が滑りやすいので怪我に注意してください。手の平で転がすようにむくのがコツです。...... 続きを読む

庄内柿のむき方(4等分してからむく)

庄内柿 柿 むき方

柿が美味しい季節になりました。 柿の基本的なむき方をご紹介します。いろんなむき方がありますが、今回は4等分にしてから皮をむく方法です。...... 続きを読む

手が汚れなくて簡単!桃の切り方(基本編)

桃 もも 白桃

柔らかな果実に溢れんばかりの果汁。かわいらしい見た目も相まって、夏の大人気の果実・もも。山形は全国第5位の生産量を誇る有名な桃の産地です。桃の美味しさは、山形の寒暖の差が作り出す糖度の高さによるものと言われています。甘くてジューシー、大人気のももですが、柔らかい果肉なので、意外と桃の剥き方や切り方に悩んでしまうのもの。今回は簡単にキレイに剥ける、桃の剥き方・切り方をご紹介したいと思います。この剥き方は、手もあまり汚れず、簡単な桃の剥き方です。...... 続きを読む

【レシピ】メロンまるごとソーダ

06

メロンの食べ頃が過ぎてしまった…!そのまま食べるのも飽きてしまった…。そんな時は、メロンを贅沢に使った、メロンソーダはいかがでしょう。生のメロンを贅沢に使用し、メロンの甘さと炭酸がマッチして、爽やかな美味しさです。...... 続きを読む

【レシピ】メロンのヨーグルトドリンク

メロン 砂丘メロン ヨーグルト

フレッシュなメロンの甘さとヨーグルトの爽やかな酸味が、暑い夏にぴったりなデザート感覚のドリンクです。切ってミキサーにかけるだけ!とっても簡単なのに、高級デザートのような味わいです。冷凍メロンを使うとメロンヨーグルトシェイクが出来上がります。...... 続きを読む

【レシピ】ミキサーで混ぜるだけ!メロンシャーベット

メロン 砂丘メロン シャーベット

メロンが食べ頃を迎えて、少し柔らかくなりすぎてしまった…!そんな時は、メロンを贅沢に使ったアイスにしてみましょう。凍らせて、ミキサーで混ぜるだけ!とっても簡単に高級デザートに早変わり!混ぜるだけなので、お子様と一緒に楽しんでみて下さい。お皿も冷やしておくと、冷たさが長持ちします。お好みではちみつを加えて、甘さを足しても美味しく出来上がります。...... 続きを読む

メロンの美味しい切り方(基本編)

メロン めろん 砂丘メロン

日本海に面した庄内砂丘では、寒暖の差を好むメロンに適した気候もあり、露地メロンの生産量では全国3位を誇っています。鮮度が高く上品な香りを放つ日本屈指の最高級メロンとして高い評価を受け、庄内の特産品として全国に出荷されています。今回は果物の王様「メロンの切り方」をご紹介します。甘く美味しい部分を均一に切り分けましょう。切ったメロンを保存袋に入れて冷凍保存も出来ます。...... 続きを読む

美味しい所を平等に!種が取りやすいスイカの切り方

すいか スイカ 尾花沢すいか

夏の風物詩すいか。小玉スイカや大玉スイカなど、様々な種類のすいかがあり、中でも山形県尾花沢で栽培されている「尾花沢スイカ」はブランドスイカとして有名です。スイカ栽培に適した尾花沢の気候が、すいかの甘さを凝縮します。鮮やかな果肉とシャリシャリ食感、高い糖度が自慢です。今回は、すいかを美味しく食べる方法をご紹介します。種を取るのが面倒…端は甘さが薄くなる…そんなお悩みを解消します。スイカは実の中心に近いほど甘いので、切り分けるときは皮から中心点に向かって三角形になるように切れば、...... 続きを読む

岩牡蠣のむき方

岩牡蠣 牡蠣 岩ガキ

牡蠣は、寒い時期に獲れるのが一般的ですが、庄内浜で「夏牡蠣」と呼ばれる天然岩牡蠣は、真夏が旬です。庄内浜の海底から湧き出す鳥海山の伏流水が牡蠣を美味しく育てます。水揚げしたままの殻付き牡蠣は新鮮そのもの。岩牡蠣の醍醐味です。岩ガキの一番美味しい食べ方は、やはり生食。殻むきは一見難しそうですが、コツをつかめば意外と簡単。自分で牡蠣の殻をむいて食べる天然のカキは一味違いますよ。レモンをしぼっても良いですし、もちろんそのままでも美味しく召し上がれます。...... 続きを読む

だだちゃ豆のおいしい茹で方

だだちゃ豆 枝豆 だだ茶豆

いまや全国ブランドとなった「だだちゃ豆」。なかでも発祥の地である鶴岡市の白山だだちゃ豆は、圧倒的な人気を誇ります。一般的に販売されている枝豆とだだちゃ豆との大きな違いは、コクの深い甘さと独特の旨味。茄でている最中に鍋から立ち上る香りまでが違うのです。噛むほどに増す味わいはこの季節ならではです。やっぱりだだちゃ豆をおいしくいただくのであれば、茹でて食べるのが一番です。あの茹でた時に広がる香ばしい甘い香りはたまりません。噛めば噛むほど甘みが広がり、だだちゃ豆の美味しさに手が止まら...... 続きを読む

【レシピ】さくらんぼヨーグルトシェイク

さくらんぼ サクランボ レシピ

夏に向けて爽やかなドリンクはいかがでしょうか。 材料を全~部ミキサーで混ぜるだけで、 爽やかなシェイクの出来上がり! ヨーグルトをベースに、さくらんぼで爽やかな 風味をプラスしました。氷の変わりに冷凍したさくらんぼを入れても美味しいかも! 食後のデザートやおやつにどうぞ♪...... 続きを読む

【レシピ】電子レンジで簡単!さくらんぼジャム

さくらんぼ サクランボ レシピ

たくさんのさくらんぼが手に入ったら、美味しいサクランボジャムにしてみましょう。さくらんぼの美味しさを生かして、甘さの中に酸味がほんのり香り、サクランボの食感が残るさくらんぼジャムは、贅沢な味わいです。仕上がりはシロップ漬けのようになり、煮詰めたジャムとはひと味違った仕上がりに。ヨーグルトやアイスクリームに添えてお召し上がり下さい。電子レンジで簡単に作れます。...... 続きを読む

さくらんぼの洗い方・食べ方

thumbnail

初夏の果物の代名詞とも言える「さくらんぼ」は、季節にならないと出回らない高級品。サクランボの基本の食べ方で、この時期しか味わえない生のさくらんぼの食感と、上品な甘さを思う存分味わいましょう。 果物は冷たい方が美味しいと思いがちですが、実は冷やしすぎも味を損ねる原因です。食べる際は、食べる分だけ冷水にさっと通して冷やすと美味しく食べられます。 長時間水につけると、せっかくのサクランボの旨味が失われてしまうので注意しましょう。...... 続きを読む

【レシピ】レンジで簡単!洋梨のコンポート

コンポート

洋梨がたくさん手に入ったら、美味しいコンポートにしてみましょう。レンジで簡単に出来て、作った容器のまま、冷蔵保存までOK。とろ~り柔らかくなった洋梨はフレッシュなものとはまた違った芳醇な香りと上品な味わいです。ヨーグルトやアイスに添えたり、お菓子やケーキなどにも幅広く使えます。冷やす前の、出来たてアツアツも美味しいですよ!シャキシャキの歯ごたえを残したいなら、あまり熟していないものを、柔らかいのがお好きな方は、熟した洋梨を使って下さい。...... 続きを読む

電子レンジでチン♪アスパラガスの茹で方

アスパラガス アスパラ 茹で方

メイン料理にはもちろん、いろいろな調理法で食べられるアスパラガス。茹でてそのまま食べるのがおすすめですが、お湯を沸かして茹でると時間がかかって意外と大変…。そんな時は電子レンジでの時短調理がおすすめです。実はお湯で茹でると栄養素が流れ出てしまうのですが、レンジなら栄養そのまま!アスパラガスの旨味と栄養を丸ごといただきましょう。...... 続きを読む



ページの先頭へ戻る

Copyright©味の農園 All Rights Reserved.