全商品を見る
トップページ> くだもの歳時記> カテゴリー: 蜜女王 こうとく

くだもの歳時記

カテゴリー: 蜜女王 こうとく

「こうとく」蜜入りセンサー検査して発送

りんご通販 リンゴ通販 ふじりんご

    こうとくを蜜入りセンサーで全量検査 今年のりんごシーズンから「こうとく」の蜜入りを蜜入りセンサーを使用して全量検査をおこなうことで蜜入りの科学的な裏づけのあるこうとくの販売が出来るようになりました。   今までの、人間の経験と勘による選別しか出来なかったのが、明確な蜜入りの程度をセンサーによって数値化してこうとくの蜜入りが明確に選別が出来るようになったのです。   今まで出来なかった...... 続きを読む

こうとく 100%蜜入りをめざす栽培法

こうとく りんご通販 蜜入りりんご

    こうとくの葉摘みは9月中旬から 「こうとく」は11月上旬に収穫される蜜たっぷりのりんごです。その「こうとく」の葉摘みは9月中旬頃からはじめます。葉摘みするのは太陽のエネルギーをたっぷり取りこんで蜜いっぱいの美味しいりんごにするためです。   りんごは葉摘みすることによって太陽光がりんごの葉っぱ全体に当たるようにして、りんごに養分が集められ実の着色もすすんできます。りんごの樹全体を見たときにうっそうとして、...... 続きを読む

蜜入りんごを代表する品種とは

蜜入りリンゴ 蜜入りこうとく リンゴ通販

    「こうとく」「ふじ」と「はるか」の蜜入り 現在日本のリンゴの品種で蜜が入るものはそんなに多くはありません。直ぐ頭に浮かぶのは誰でも知っている「ふじりんご」だと思います。   その他には、稀に早生ふじの中の完熟したものや、お天気によって少し蜜入りするものがあるようですが、高い確率で蜜入りする品種は「蜜女王 こうとく」以外あまり見当たりません。   ところが、最近になって注目の「はる...... 続きを読む

蜜女王 こうとく 蜜の甘さとは

蜜女王こうとく 蜜入りりんご 蜜入りリンゴ

蜜そのものは糖度が高いわけではない 全面に蜜が入ることで最近人気上昇中の「こうとく」ですが、蜜ばかりではなくその香りの高さ、爽やかな甘さ、シャリシャリしたジューシーな食感、が大変好評で人気が急激に高まってきました。   実際に「こうとく」を食べてみると蜜が多いので「濃厚な味?」と思うのですが意外と爽やかなすっきりした甘みが口に広がります。   決してしつこいほどの濃厚な甘さではないのに驚きます。口飽きしないのでたくさん...... 続きを読む

お子様にも安心なりんご作り 40年

蜜入りりんご 蜜入りこうとく 早生ふじ

無袋栽培の昂林(こうりん) こうとく サンふじ 「ふじりんご」は通常、果実に袋をかぶせて育てる有袋栽培が主流でしたが、「サンふじ」は果実に袋をかけないで生産した 無袋栽培したふじりんごを指します。   山形県はその無袋栽培のりんごの発祥の地なのです。ここ山形県から無袋栽培の技術は広がって全国に「サンふじ」の栽培技術が普及していったのです。   無袋栽培に移行していった理由は、年中、陽に当っているりんごのほうが糖度も高く...... 続きを読む

こうとく(蜜女王)の美味しい食べ方

蜜入りこうとく 蜜入りりんご 蜜入りりんご通販

      全面に蜜が入る香りの高い品種こうとく あらためて、「こうとく」の美味しさの特徴をみてみましょう。香り高い果肉は黄色っぽくて硬く、しゃり感があります。   甘味は中くらいですが酸味が少なく、香りが特に強く食味は大変良好というの果樹の苗木販売会社の「こうとく」についての説明です。   欠点は、品質にばらつきがあって、中に蜜入りのよくないのがたまに混じることもあるこ...... 続きを読む

こうとく(高徳)の保存方法とは

こうとく保存方法 こうとく冷凍保存 こうとく通販

    こうとくはの保存方法は水分を保つこと リンゴの中でも、こうとくは果肉に特に水分が多いため乾燥に弱いリンゴの品種です。おいしさの源泉の水分が失われると美味しさも失われて食味が格段に落ちてしまいます。   こうとくの保存方法で大切なのは温度管理と水分の管理です。こうとくの出回る11月は温度の低いのですが、東北、北海道の15℃以下の室温ならいいのですが、暖房のきいた部屋は温度が高く乾燥もしていますから避けた方が...... 続きを読む

りんごの蜜入り判定グッズ 蜜ライトとは

蜜姫こうとく 山形りんご こうとく通販

    蜜入り検知器「みつライト」の用途 リンゴの中心部にある甘い「蜜」が入っているかどうかを、リンゴを割らずにしてリンゴの箱詰め段階に、一瞬で判別できる蜜の検知器「みつライト」の実態を見てみたいと思います。 リンゴの生産者の方々にお会いしておどろくのはサンふじの蜜入りの有りなしを直ぐに言い当てます。長年の経験で簡単にわかるのだということですが。 これまでは、「蜜入り」リンゴを生産している多くのリンゴの生産農家...... 続きを読む

蜜女王 こうとくの魅力とは

蜜姫 こうとく 山形りんご

  こうとく生産者の天童市の阿部さんは山形県でいちばん早く蜜入りりんご「こうとく」の生産に本格的に取り組みました。市場での評価は散々だったため、人知れず苦労の連続。ようやく、蜜女王 こうとくとして認知されるようになったのはつい最近と言えるでしょう。     これまでをふり返り、こうとく生産者、阿部幸義さんに取材させていただきました。 以下は阿部さんの言葉です。       ...... 続きを読む

こうとく を大玉にする栽培方法

美味しいりんご栽培 りんご通販 蜜入りこうとく

もともと「こうとく」は蜜入りは良いもののリンゴの中ではかなり小玉の品種といえます。Mサイズ(180g~200g/個)それをLサイズ(200g~250g/個)まで引き上げるには大変な努力と根気がいります。     果実の大きさと数と品質を整えるための作業 「こうとく」や「ふじ」などのリンゴはつぼみ時に行う摘蕾(らい)、開花時に行う摘花、幼果期に行う摘果があります。   もちろん摘果の時期は早いほど良く、実を摘...... 続きを読む

りんごの蜜入りの正体とは

山形りんご 蜜入り サンふじ

「こうとく」や「サンふじ」などのりんごの美味しさの基準とされる「蜜入り」という言葉。蜜ってそもそもなに?「蜜入りりんご」は本当に美味しいりんごの証しなのでしょうか。普段疑問に思っている「りんごの蜜」について、りんごのプロがご紹介します。     「りんごの蜜」の正体は溢れ出た甘味成分 りんごの蜜、その成分の正体とは。りんごの中に「蜜」が出来ていく過程と合わせて「りんごの蜜の正体」を説明いたします。   &n...... 続きを読む

「こうとく」は皮ごと食べるとさらに美味い

りんご こうとく 山形りんご

  皮ごと食べると「こうとく」の香りも味も強くなる 皆さんはリンゴを食べるとき、皮をむきますか? 皮ごと食べますか?   今日は、皆さまに皮ごと食べていただきたい一味違うリンゴ「こうとく」のご紹介をさせてください。   「こうとく」は果実の大きさ200g前後の小さくて着色ムラがある見た目の良くない、普通の小玉のリンゴに見えます。最大の特徴は、美味しさをあらわす驚きの蜜入りです。その蜜入りも、果肉全体に広がり...... 続きを読む

蜜入りりんご「こうとく」とは

こうとく 蜜入り 山形りんご

「こうとく」は全面に蜜が入り、食味、香りが高いりんごとして評価が高くなってきました。一方、「着色が悪く小玉リンゴ」として長い間、決定的に市場から低く評価され下積み期間を余儀なくされました。   そして、ようやく日の目を見るようになった苦労人の実力派の「こうとく」はこれまで誰にも知られず「まぼろしのリンゴ」として水面下に30年以上埋もれてきた存在だったのです。この、市場に見放されて、再び戻ってきたリンゴ「こうとく」の由来とこれからの将来性について考えてみた...... 続きを読む

蜜入りこうとくの保存は冷蔵庫で

こうとく 蜜入り 山形りんご

      蜜入り良く美味しいゆえに冷蔵保存する 蜜入りリンゴと言えば、山形県で技術が完成された「サンふじ」というおいしい無袋栽培のリンゴですが、山形県の朝日町で開発された美味しいリンゴが有名です。こちらは正統派といえるでしょう。   これとは、違った個性派の無名な美味しいリンゴがあります。あまり知られていないリンゴですが「こうとく」という品種のリンゴです。長年、見た目の悪さと小玉が市場評価をとれ...... 続きを読む

ページの先頭へ戻る

Copyright©味の農園 All Rights Reserved.