全商品を見る
トップページ > 味の農園クッキング&レシピ > 天然岩牡蠣の美味しいむき方

味の農園クッキング&レシピ

天然岩牡蠣の美味しいむき方

調理時間: 10分

コメント

牡蠣は、寒い時期に獲れるのが一般的ですが、庄内浜で「夏牡蠣」と呼ばれる天然岩牡蠣は、真夏が旬です。庄内浜の海底から湧き出す鳥海山の伏流水が牡蠣を美味しく育てます。水揚げしたままの殻付き牡蠣は新鮮そのもの。岩牡蠣の醍醐味です。岩ガキの一番美味しい食べ方は、やはり生食。殻むきは一見難しそうですが、コツをつかめば意外と簡単。自分で牡蠣の殻をむいて食べる天然のカキは一味違いますよ。レモンをしぼっても良いですし、もちろんそのままでも美味しく召し上がれます。


用意するもの

  1. 岩牡蠣
  2. 牡蠣むきナイフ・金づち
  3. タオル
  4. 軍手


作り方

  • 1.

    タオルをひいた上に洗った岩牡蠣を置き、ふくらみのある方(上殻)を下・平らな面を上にして置きます。

  • 2.

    広がりのある方の縁を金づちで叩いて欠けさせます。ナイフが入る隙間が見えたらOK。

  • 3.

    ナイフの刃先を上殻の内側に添って進め、貝柱を切り離します。身を傷つけないように注意して下さい。

  • 4.

    牡蠣の貝柱が外れたら、上殻を手で取り除きます。同様に下殻もナイフを殻に沿うように走らせ、牡蠣の身を外していきます。


  • 5.

    岩牡蠣の殻と身をよく洗います。ここは大事なところ。

  • 6.

    岩牡蠣の殻に剥いた身を乗せて、お好みで酢醤油やレモンをかけていただきます。



このレシピで使われている商品はこちら

ページの先頭へ戻る

Copyright©味の農園 All Rights Reserved.