全商品を見る

味の農園クッキング&レシピ

庄内柿の保存方法

調理時間: 2~3分

コメント

実りの秋を代表する果物「柿」。なかでも山形県庄内地方で栽培される「庄内柿」は、種がなくて食べやすい、なめらかな食感と上品な甘さが自慢です。
今回は、庄内柿の美味しさを長持ちさせるための保存方法をご紹介します。硬めの柿がお好きな方は、ぜひお試しください。
柿は収穫された後も呼吸を続けているのですが、呼吸はヘタの部分を通して行われています。
呼吸によって水分をなくし、変わりにエチレンという物質を増やすことで実を柔らかくするのが柿の性質です。
だから、ヘタがうるおっていれば乾燥が防げるので、エチレンの発生を抑えられるため、シャキシャキの食感が長持ちします。
柿を長持ちさせたい、シャキシャキの状態を保ちたい時は、冷蔵保存が適しています。この方法での保存期間は2~3週間程度です。


用意するもの

  1. 庄内柿
  2. キッチンペーパー
  3. ラップまたは新聞紙


作り方

  • 1.

    キッチンペーパを四角に折り、水で軽く濡らしてからヘタにかぶせます。

  • 2.

    かぶせたらラップまたは新聞紙で包んで、ヘタを下にして保存します。保存中もキッチンペーパーが濡れているか確認してください。

  • 3.

    柿をラップか新聞紙に包むのは、かきの乾燥を防ぐためと、柿のエチレンガスが他の果物や野菜に影響を与えないためです。



このレシピで使われている商品はこちら

ページの先頭へ戻る

Copyright©味の農園 All Rights Reserved.