全商品を見る
トップページ > 山形日記 > 天然岩牡蠣の美味しい食べ方

山形日記

天然岩牡蠣の美味しい食べ方

岩牡蠣 岩牡蠣通販 天然岩牡蠣

 

 

 

岩牡蠣の口いっぱいに広がる天然の旨み


庄内地域では、一年を通して新鮮な魚介類を味わえますが、岩牡蠣は夏(6月下旬から8月中旬頃)の人気食材です。

 

庄内産の殻付きの天然岩牡蠣は地元の鮮魚店はもちろん、東北各地、関東地域などの鮮魚専門店、魚料理の和洋食店で扱われているようです。

 

地元では、吹浦漁港の近く、潮の香りの漂う道の駅鳥海「ふらっと」にある漁協女性部「元気な浜店」では、岩牡蠣をその場で開いて、生のまま食べさせてくれます。

 

まず、店頭に並んだ岩牡蠣を選びます。手のひらよりも大きく、ずしりと重い岩牡蠣。お店の方が目の前でパカッと殻を開けてくれます。

 

海水を含んだ取れたての旬の天然岩牡蠣は、さすがで美味しさに思わず感嘆の声が出てしまいます。

 

岩牡蠣通販 岩牡蠣 天然岩牡蠣

ぷりぷりの岩牡蠣大きいので食べ応えがあります。地元では主に生で食べます。


 

 

 

宅配でお届けする天然岩牡蠣の濃厚な味


旬といえる産卵前の生育が旺盛になる時期になると、岩牡蠣はまるまる太り 食べてみると身はプリッとして、濃厚なミルクのような旨みが口いっぱいに広がります。

 

牡蠣は水揚げされた後も一週間は殻の中で生き続けているため、新鮮でみずみずしい状態を保つことが出来ます。

 

宅配便で送る場合は殻の付いたままの活きた状態のまま冷蔵便でお届けして殻を外し食べてもらいます。

 

レモンを絞ったり、薄めた酢醤油をかけたりするのが、おすすめの食べ方。亜鉛やタウリン、ビタミンなどが多く含まれており、栄養価も高い岩牡蠣です。

 

 

ここ庄内地域では8月中旬までが食べ頃ですから、最高に美味しい旬の時期に出羽富士といわれる鳥海山を眺めながら足を運んでも価値があるのではないでしょうか。

 

 

 

岩牡蠣通販 岩牡蠣 天然岩牡蠣

生の岩牡蠣はレモン汁を絞ったりポン酢で食べるのが人気です。


 

 

 

殻付き生の岩牡蠣の下処理の方法


殻から取り出した岩牡蠣は、ボールなどに入れてなるべく早く下処理します。

下処理は殻から外してからなるべく手早く処理することが大切です。

 

 

1、流水で水洗いしてザルにいれ水を切り塩振りします。

 

2、水洗いしてボールに氷と水を入れ剥いた牡蠣の身を氷水で締めるのがコツです。

 

3、生牡蠣で食べるときは盛り付けたらできるだけ早めに食べましょう。

 

4、その場で食べない場合は常温で放置しないで、下処理を完全にしたらすぐに冷蔵庫に入れ早めに食べるようにしてください。

 

5、また、ここまでで使った用具は軽くでも水洗いしておきます。下処理後はよく洗って、周囲をキッチン用のアルコールなどで除菌しておくと衛生的に万全です。

 

 

 

岩牡蠣通販 岩牡蠣 天然岩牡蠣

岩牡蠣の旬は6月下旬から8月中旬頃まで真牡蠣と種類がちがい夏が旬


 

 

 

生で岩牡蠣を美味しく食べるための準備とコツ


  • ●料理前には、必ず塩ふり流水で洗います。


  • ●水道水でよく洗いしっかり水を切って、氷水で締めるのがコツ。


  • ●岩ガキの食べ方はぷりっぷりッの身をそのまま生でいただくのが一番です。


  • ●牡蠣殻に盛りつける場合は 殻をしっかりと洗ってから。衛生面を高めるなら熱湯をかけるなどして殺菌し大葉などを敷いて盛り付けて下さい。

 

 

▼岩牡蠣の生牡蠣をいただくおいしい食べ方

 

基本は生でポン酢ということになります。岩牡蠣の身をザルにあげて、しっかりと流水洗い。水を切り氷水で締めて器に盛り、レモンを搾ってお召し上がりください。ポン酢、もみじおろしを使っても美味しくいただけます。

 

 

岩牡蠣通販 岩牡蠣 天然岩牡蠣

岩牡蠣は大きいので焼いて自前のソースに合わせるのも美味しくいただく方法


 

 

 

岩牡蠣の美味しく食べる調理方法


岩牡蠣を生で食べるのは王道となっていますが、それ以外にも美味しい食べ方はイタリアン、フレンチなどいろいろと工夫され研究された料理が数多くあるようです。

 

特に焼いた岩牡蠣を各種の地元野菜、果物などのソースで食べる料理法も新鮮。またスパイスのきいた焼き方や調理方法などがありますが、和食では岩牡蠣の酒蒸しなどは逸品です。

 

工夫次第で意外と美味しくいただける料理方法を工夫して旬の天然岩牡蠣を色んな食べ方でいただいてみたいものです。

 

 

岩牡蠣通販 岩牡蠣 天然岩牡蠣

ミルクがプリプリに盛り上がって旬をむかえた天然の岩牡蠣


 

 

岩牡蠣料理はいろんな組み合わせを利用して楽む


 

薬味として飾りとして利用できるものは

小葱、もみじおろし、大葉、針生姜、糸唐辛子、紫蘇の穂、にんにく、パセリ、ディルなど。あっさりした味付けに合います。

 

 

味付け、調味料を工夫してみる

レモン、塩、手作り三杯酢やポン酢。ほかに、オリーブオイル、ワインビネガー、ヤンニョム、シェリー酒、バルサミコ酢、トマトソース、ジェノベーゼ、アンチョビソース、カクテルソース、ムースなどお好みの味わいで楽しんでみてください。

 

 

生牡蠣の食べ方をひと工夫
シンプルですが、たまらない王道は身を殻にのせて生レモンをたっぷりと搾り、まるごと一口で頬張る。口いっぱいに広がる磯の香りと食感を楽しみ、噛み進んだら白ワインを一口流し込む。何と爽快な食べ方ではないかとあらためて素材の良さが見つかります。

 

 

地場産品を使った料理で有名な鶴岡市の奥田シェフ

レストラン「アルケッチャーノ」では、スライスした岩牡蠣に、モロヘイヤとトマト、ニンニクをオリーブオイルで和えたソースをのせたものがこの時期の人気メニューです。

 

 

生食以外の調理方法は

焼き、蒸し料理として、この岩ガキを牡蠣フライや網焼き、バター焼き、ワイン蒸し、アヒージョなどの牡蠣料理を作ってみてください。その味の良さは別格。

 

 

 

 

 

岩牡蠣の剥き方


岩牡蠣通販 岩牡蠣 天然岩牡蠣

岩牡蠣通販 岩牡蠣 天然岩牡蠣

mukikata3-

 

 

 

岩牡蠣を調理するときのご注意は


岩牡蠣は、夏が旬で、生ものです。生でいただく場合は温度に配慮し細心の注意を払って下さい。牡蠣の保存中、調理後は常に冷えた状態を保つようにしてください。

 

周囲はキッチン用のアルコールなどで衛生的に。また、体調が優れない場合、胃腸が疲れ気味のときは、加熱調理をおすすめします。

 

殻に盛りつける場合は殻をしっかりと洗ってから。衛生面を高めるなら熱湯をかけるなど殺菌して万全を期してから大葉などを敷いて盛り付けると安心です。

 

 

 

 


▼▼お取り寄せはこちら▼▼

岩牡蠣通販 天然岩牡蠣 岩牡蠣

 

 

 


  • 山形のお酒
  • 天然岩牡蠣
  • 寒鱈汁
  • 芋煮会
  • やまがた風土めぐり
  • お餅、デワノモチ
  • 味の農園のこと
  • やまがた美味しいもん
  • ボカシ肥料の作り方
  • やまがたの季節
  • 美味しいお米の作り方
  • やまがた旅回廊
  • 黒米、古代米
  • ページの先頭へ戻る

    Copyright©味の農園 All Rights Reserved.