和梨 販売 通販

商品カテゴリ一覧 > フルーツ > 和梨

和梨

和梨の名産地として名高い「刈屋地区」
この地区独特の豊かな土壌と気象条件が作り上げた
甘くてみずみずしい梨をぜひご賞味ください!!

摘果によって、きめ細かいなめらかな果肉に

摘果によって、きめ細かいなめらかな果肉に

丹念な土づくりから始まり、受粉は綿棒を使い一つ一つ手作業で行います。人工交配の後、30 日以内に摘果して余分な実を落とし栽培数を制限することで、きめの細かい、なめらかな果肉になります。

山形県では、梨栽培は古くから行われ、250年以上の歴史を誇ります。産地はいくつかありますが、その中でも酒田市豊川地区で栽培される「刈屋の梨」は、豊かな土壌が作り出した、みずみずしくシャキシャキした食感の山形の秋を代表する果物のひとつです。

伝統と風土が作り出した、みずみずしい「和梨」

伝統と風土が作り出した、みずみずしい「和梨」

刈屋梨は、今から110 年ほど前の明治初期から刈屋地区で栽培されました。鳥海山から流れる日向川が鳥海山のブナの養分を含んだ土壌を運び堆積し、梨栽培に適した豊かな土壌が出来上がりました。明治30 年に「長十郎」が導入され、その後、刈屋は「味の良い長十郎の産地」として一気に人気となりました。その味を決めたのが、やはり水はけのよい肥えた土のおかげだったとされています。
昭和50 年代からは幸水・豊水・新水の三水へと栽培主力が移ってゆきました。「新水」は生産性や価格がとれにくいことから淘汰され、現在は、果肉がち密で甘い中生種の「幸水」と、多汁で酸味と甘さのバランスがいい「豊水」が主流となっています。

美味しい和梨の見分け方

美味しい和梨の見分け方

形がよく果皮に張りがあり、重みがあるものが美味しい梨です。また、軸がしっかりとして果皮に色ムラがなくお尻がふっくらとして広いものがよいでしょう。果皮のザラザラ感(茶色の斑点)は熟すにつれて減り、食べ頃になるとツルツルになってきます。

和梨カテゴリー一覧

各種和梨

各種和梨

果肉が緻密で甘い「幸水(こうすい)」、ジューシーで甘さと酸味のバランスのよい「豊水(ほうすい)」、糖度が高く酸味が少ない果汁が豊富な「秋月(あきづき)」。夏の終わりから初秋まで、さまざまな和梨が楽しめます。

訳あり和梨

訳あり和梨

小傷・変形・サイズ混合の訳あり商品です。ご贈答品などの正規品を栽培している果樹園で、同じ生産者が栽培した和梨なので、味は正規品と変わりません!ご贈答には向きませんが、ご自宅で召し上がるには充分な品質のお得な商品です。