全商品を見る

くだもの歳時記

メロンは冷凍保存できるの?

メロン冷凍 メロン保存方法 メロン通販

  メロンは冷凍保存できます 最近、冷凍果物や冷凍メロンなどがスーパーやコンビニで多く見かけるようになりました。このように自宅でもメロンを冷凍して美味しく食べる事ができるのかどうか興味を持って見ている方も多いことでしょう。   みずみずしい果肉にトロッとした甘さが特徴のメロンが、実は簡単に冷凍保存できることを知っているでしょうか。   普段売られている姿からは想像しにくいのですが、メロンは冷凍して保存するこ...... 続きを読む

メロン 追熟 完熟の方法と見分け方

メロン追熟 砂丘メロン メロン通販

  失敗しない美味しいメロンの見分け方 一般的に、メロンの食べ頃は収穫から3~7日目といわれます。特に「マスクメロン」の場合は、収穫したては本当の美味しさを感じることが出来ません。   基本はメロンのお尻、下部のところを、親指で押してみて、少し弾力を感じた頃が食べ頃です。あまり知られていないことですが、メロンは、追熟することで糖度自体には変化はありません。ただ、追熟すことにより芳醇さが加わるため、驚きの濃厚な味わいをご堪能いただ...... 続きを読む

スモモを自然栽培 しかも樹上完熟をめざす

大石早生 すもも プルーン

    すもも プルーンの栽培 中山町豊田地区 フルーツの町を代表するすもも(プラム)は、サクランボの生産だけが際立つ山形県としては意外な感じがします。スモモ生産で東北一の生産量を誇ります。すももの生産量は山形県が全国で4位です。やはりフルーツ王国と自負する底力ということでしょうか。   全国4位という山形スモモ、その30%を中山町が生産しており、生産地として高い評価を得ています。  すももは、中山町の西部、豊田...... 続きを読む

佐藤錦 配送に関する扱い方法とは

さくらんぼ佐藤錦 さくらんぼ通販 山形さくらんぼ

さくらんぼ通販30年の経験と教訓から クール便での事故の原因のひとつに、冷蔵庫の冷気の強すぎることによる「冷気ヤケ」という現象があります。集配の小型の車ではならないのですが、各地のセンター間に走らせている大型の冷蔵車に積まれてから発生するようです。 冷気の吹き出し口に近いところや直接冷気がかかるところにおかれると、サクランボは凍結してしまうことがあるのです。凍結してしまったものがまた別の便に乗り換えられるととけて黒ずんだ茶色のサクランボになってお客...... 続きを読む

サクランボが高価な理由とは

さくらんぼ価格 さくらんぼ佐藤錦 山形さくらんぼ

    サクランボは細かい熟練した手先の作業 サクランボの高価になる理由をサクランボの生産にかかわる作業面から解りやすく説明したいと思います。煌びやかなルビーのサクランボが収穫されるまでの物語です。 まだ雪がちらつく頃、さくらんぼの花咲くはるか前、まだ積雪のある2月頃から粒を大きくするために目欠き作業という蕾を間引く作業をしています。静かな果樹園の中で脚立の移動を繰り返し、手先の感覚だよりの作業なため手袋に指先がないもの...... 続きを読む

冷凍だだちゃ豆 の食べ方

冷凍だだちゃ豆 白山だだちゃ豆 だだちゃ豆通販

  だだちゃ豆の美味しさそのまま冷凍に だだちゃ豆の旬をそのまま閉じこめ冷凍した殿様だだちゃ豆の召上り方をお伝えします。 一言でいえば、自然解凍、又は熱湯をかけるなどしてお好みの塩加減で召し上がってください。解凍して召上るだけ、難しいことはなにもありません。 収穫して間もない新鮮なだだちゃ豆を急速冷凍施設にて一気に急速冷凍しました。旬のだだちゃ豆の夏を閉じ込めました。旬のだだちゃ豆本来の味がそのまま味わえます。 ...... 続きを読む

すもも 大石早生(おおいしわせ)

すもも 大石早生 プルーン

    すもも大石早生の特徴 大石早生は日本でいちばん栽培されている栽培されている品種です。収穫した時は緑が多いですが、追熟させると赤みが増して完熟します。   スモモは真夏の果実で、主な品種は早生種の「大石早生」。皮は青くて果肉が真っ赤な「ソルダム」。皮が紫色をした「太陽」、桃と同じくらいの大きさがある「貴陽」などがあります。   大石早生の収穫は7月中旬頃にから始まり、次にソルダム、そし...... 続きを読む

さくらんぼ物語 佐藤錦から未来へ

さくらんぼ佐藤錦 さくらんぼ通販 山形さくらんぼ

    佐藤錦の作付が品種全体の80%を超える その後さくらんぼ栽培はリンゴ、洋なし、桃などの果物とともに山形県内で普及し、官民一体となっての努力も実り、現在、山形県のさくらんぼ生産量は全国生産量の75%を占めるまでの「さくらんぼ王国」となっています。 このさくらんぼ王国を築き上げた功労者としての筆頭はきっと佐藤錦の存在かもしれません。きっとそうでしょう。佐藤錦が現状を作り上げたことは誰も疑いません。 そし...... 続きを読む

さくらんぼ物語 佐藤錦誕生まで

さくらんぼ物語 さくらんぼ通販 山形さくらんぼ

  日本にサクランボ苗が輸入される 日本にサクランボの苗が輸入されたのは明治元年のこと。北海道開拓の一環としてさくらんぼの苗木が導入され、そこから全国に苗木が配られ日本での作付が始まります。  明治維新の西洋化の流れに乗って日本に最初にヨーロッパ系のセイヨウミザクラが入ってきた明治元年(1868年)に最初にサクランボを植えたのはドイツ人のガルトネルが北海道に合った6本のさくらんぼを植えたとあります。 この時持ち込まれ...... 続きを読む

だだちゃ豆 美味しい冷凍保存の方法とは

だだちゃ豆 だだちゃ豆通販 朝採れだだちゃ豆

    新鮮な白山だだちゃ豆を上手に茹で冷凍保存 これまで何度も申し上げてきた通り、だだちゃ豆は新鮮さが「美味しさの命」です。最高の美味しさを求めるなら「朝採れ新鮮」のだだちゃ豆でしかも本豆(晩生白山だだちゃ豆)と地元の人たちは言います。   そして、本当の朝採れだだちゃ豆を一番おいしくいただくのであればやはり新鮮なだだちゃ豆を茹ですぐ召上るのが一番です。あの茹でた時に広がる何とも言えない香ばしい甘い香りを楽しん...... 続きを読む

雪下にんじんとは

にんじんジュース通販 月山にんじん にんじんジュース通販

    雪の布団で春まで眠る雪下にんじん 雪下にんじんとは、豪雪地帯のにんじん産地に限った栽培形態です。前年秋に収穫できる状態の人参をわざと2メートル以上もの雪の下で冬を越させる方法で収穫した人参をいいます。 山間地の豪雪地域で越冬野菜の保存方法として受け継がれてきました。降雪間際に生産される人参を2m以上の積雪の布団に閉じ込める保存方法で春から新鮮な人参が食べられます。「雪味にんじん」や「雪割にんじん」などと呼ばれています...... 続きを読む

りんご サンふじ加熱調理で高まる栄養成分

りんご通販 煮りんご りんご扱い方

  りんごは皮ごと生で食べる  お腹の調子が悪い時や風邪をひいたり、体調の悪時はりんごがいいとよく言います。りんごを加熱調理すると栄養成分が高くなるといいますが本当でしょうか。にわかには信じられないこの質問。しかし、これは最近の研究の結果、本当だということがわかってきました。   したがって、りんご(くだもの全般)は生で食べた方が身体に良いという常識が覆されつつあります。どうやら、りんごの栄養成分、ビタミン、ミネラル、...... 続きを読む

りんごの栄養成分と正しい食べ方とは

焼りんご りんご栄養 りんご通販

  りんごの変色はなぜ起きる 注目成分プロシアニジン  「1日1個のりんごは医者いらず」と言われている理由、 この言葉はイギリスの一地方で生まれたことわざであるとされていますが、それほどりんごには健康をサポートする栄養成分が豊富に含まれています。   りんごの内臓脂肪を減らすことでいま話題になっているりんご成分プロシアニジンもその一つでしょう。   りんご由来のポリフェノール「りんごポリ...... 続きを読む

土佐文旦 宿毛の大串さん、ハッピーフルーツ園

土佐文旦 文旦通販 文旦お取り寄せ

土佐文旦のふるさと高知県宿毛 文旦は、温暖な気候を好むため、主に西日本で栽培されています。なかでも高知県が全国生産量の90%を占めています。 高知県は年間の降水量が全国第1位で、文旦の成長にかかせない雨が多く、土佐文旦の栽培にとても適している地域です。それは、グレープフルーツのように大玉の柑橘の土佐文旦は肥大するのに恵みの雨と海からの潮風が欠かせません。   大串さんが営む「ハッピーフルーツ園」は高知県宿毛市(すくも)にあり、...... 続きを読む

月山高原の赤土がにんじんを赤くする

月山高原 月山高原にんじん にんじんジュース

  にんじんの赤みが強くなり濃厚な味に  積雪10mをこえるという霊峰月山(1984m)、その山麓にある月山高原は自然豊かな庄内平野を見下ろす昭和になって開拓された標高300mの高原の農地です。かつての多くの入植者たちは、月山高原の厳しい自然と作物を拒む独特の赤土粘土と石混じりの土壌に苦しめられここを去った人も多い。 月山高原にんじんの特徴はと赤土の粘土質の高原のため初期の生育が遅くゆっくり育つため人参の赤みが強く果肉が緻密に...... 続きを読む

誰にでも飲めるにんじんジュース誕生の物語

月山高原 月山高原にんじん にんじんジュース

スマート・テロワール農業・農村こそ成長余地がある  15兆円穀物産業創造の提案  その鍵は余っている水田の畑地への思い切った転換です。そこで国内自給率が低い穀物や家畜を育てます。その穀物や畜肉を地域の既存の工場で加工し、新鮮なうちに届け、最高の味を提供します。 一方、地の利を活かし流通・広告コストを抑え、「日常食品」で輸入原料による商品と対抗します。 地域の加工場やお店・消費者と手を結び、食と農を地域に取り戻すのです。 こうし...... 続きを読む

飲みやすい にんじんジュース

にんじんジュース 月山高原 にんじんジュース通販

  誰でも飲める 飲みやすい人参ジュースがほしい βカロテン、食物繊維、たっぷりの食感。嫌われるにんじん臭を抑えた誰でも飲める 飲みやすい人参ジュースです。体が弱っている方や健康のためにという想いから、毎日続けるために安心で安全はもとより人参嫌いでも飲んでいただける誰にでも飲める美味しさにこだわりました。 製造方法については完成まで3年をかけました。幾度も吟味しながら、βカロテン、食物繊維を大切に有効成分を壊さない低温殺菌で仕上げること...... 続きを読む

にんじんの保存方法 扱い方

にんじんジュース通販 月山にんじん 月山高原にんじん

  ここで人参の保存方法をご説明する前に人参の栄養成分についての豆知識をお伝えしたいと思います。   にんじんの英名、キャロットの名前の由来はβカロテンから来ているというといいます。その語源になっているカロテノイドとは動植物に含まれる赤色、橙色(オレンジ色)黄色の色素のことで、約750種が確認されています。   カロテノイドは私たちの身近なものとして、にんじんのカロテン、トマトのリコピン、鮭のアスタキサンチン、ほうれ...... 続きを読む

美味しいにんじんの見分け方 選び方

人参通販 にんじんジュース 月山高原にんじん

  にんじん全体からみると 人参を選ぶ際は、果肉の色がなるべくオレンジ色が濃い物を選びましょう。表面はなめらかで傷やひび割れがなく、品種にもよりますが、先が丸くなったあまり先が細くなっていない物の方が良い人参です。 葉が付いているものは葉先まで活き活きとしていて萎れていないものがいいのですが、葉付きのものは新鮮だと考えていいでしょう。 人参に葉が付いていない場合は、切り口が茶色くなってない新しい物を選びましょう。また、...... 続きを読む

美味しい人参(月山にんじん)が出来るまで

にんじん 人参 月山にんじん

山形県鶴岡市の羽黒山の麓にある高田兄弟の実家は農家ではありません。サラリーマンの家庭で育ったので農業の経験が全くありません。   しかし実際に東京から戻り農業で起業を試みるも、就農に必要な農業機械も資金も殆どありませんでしたが、持ち前の頑張りで山形県の新規就農者制度を利用して給付金などで農業を始める元手をつくりながら果敢に挑戦してきました。       [caption id="attachment_...... 続きを読む

ページの先頭へ戻る

Copyright©味の農園 All Rights Reserved.