ブログ|味の農園 - Part 4
全商品を見る

くだもの歳時記

啓翁桜が出来るまで

啓翁桜 啓翁桜通販 正月啓翁桜

    啓翁桜の生産工程 お正月に咲く啓翁桜は薄ピンクの可憐な花をたたえ冬のお家に温かさを演出してくれます。殺風景な冬に咲く桜はどれだけ見る人の心を暖めてくれることでしょう。お正月の縁起物として、また玄関で一足早く春の景色を一足先に届けてくれることもあります。   啓翁桜は、つぼみが開花すると薄紅色をしたボリューム感のある花がキレイに咲き揃い、明るい華やかさを演出してくれます。また、枝がスプレー状になるため、現代...... 続きを読む

りんごの蜜はなぜ消える

こうとく りんご通販 蜜入りりんご

  蜜にも旬が 蜜は無くなる  ふじりんご(サンふじ)は貯蔵性が高いのも特徴の一つで、専用の低温保管庫での保存だと半年以上品質を保てると言われています。   しかし、蜜についてはどの品種も収穫して1カ月余りで消えて無くなるという宿命があります。どんな技術を駆使しても不可能のようです。それはリンゴが生きている限り呼吸をしているからなのです。   このときにリンゴ自体の呼吸によってエネルギーである糖質...... 続きを読む

こうとく 全量 蜜入り栽培

こうとく りんご通販 蜜入りりんご

  こうとく葉摘み9月中旬から 「こうとく」は11月上旬に収穫される蜜たっぷりのりんごです。その「こうとく」の葉摘みは9月中旬頃からはじめます。葉摘みするのは太陽のエネルギーをたっぷり取りこんで蜜いっぱいの美味しいりんごにするためです。   りんごは葉摘みすることによって太陽光がりんごの葉っぱ全体に当たるようにして、りんごに養分が集められ実の着色もすすんできます。   りんごの樹全体を見たときにうっそうとし...... 続きを読む

サンふじ玉回しと樹上熟成

りんご通販 ふじりんご サンふじ

    太陽たっぷりのサンふじ栽培  太陽光をたっぷり当てるために果実の周囲の葉っぱを摘んで日当たりを良くすることや、日陰になっている側に日を当てるために1個、1個「玉回し」という作業を行います。これはもちろん美味しいサンふじを作る条件の一つ。   ちなみに玉回しというのは樹になっているサンふじを1個、1個、反転させて日陰になった部分をムラなく日に当たるようにりんごの実を繰り返し反転させていく作業のことをい...... 続きを読む

サンふじの葉摘みとは

ふじりんご りんご通販 サンふじ

  無袋栽培ふじの発祥地 山形  「ふじりんご」は通常、果実に袋をかぶせて育てる有袋栽培が主流でしたが、「サンふじ」は果実に袋をかけないで生産した 無袋栽培した太陽光たっぷりのふじりんご(サンふじ)を指します。りんごに袋をかけずに栽培される無袋栽培の山形のふじは、太陽の光をふんだんに 受けて育ちます。   この栽培方法には「葉摘み」という太陽光の利用を最大化して、美味しさも最大化しようという作業です。無袋栽培のふじ...... 続きを読む

ふじりんごの保存方法とは

りんご通販 ふじりんご保存 ふじりんご通販

  ふじは長期保存が可能 ふじりんごは秋から冬にかけて旬をむかえる長期保存が可能なりんごの品種です。保存の方法をしっかり守るとより長く、美味しく楽しむことができます。 ふじりんごの保存時で注意すべきことは、温度が高いところと乾燥に弱いことです。長期保存したい場合は、低温(0~5℃)で湿度(80%以上)の場所に保存しておきましょう。 ふじりんごの旬である冬場であれば暖房の効いていない涼しい場所で日の当たらない場所(冷暗所)暖かいところであれ...... 続きを読む

ゴールドラフランスの特徴とは

ラフランス ラフランス通販 ゴールドラフランス

    緑系ラフランスより滑らか 金系ラフランスといわれるゴールドラフランスの果実の大きさは通常一般的なラフランスよりもやや小ぶりのものが多いようです。その形自体はラフランスと替わりませんが、表面が全体に灰茶色のサビに覆われ、追熟させると正に「金」色を思わせるような色合いになりゴールドラフランス(金系ラフランス)とも呼ばれとてもきれいです。   サイズは大きくなっても4Lくらいまで、緑系ラフランスのように5L...... 続きを読む

世界一の品種ふじとは

ふじりんご サンふじ りんご通販

  ふじ世界に広がる人気の品種 ふじりんごは「国光(こっこう)」と「デリシャス」を交配し育成された品種です。また1962年に品種登録されて以来日本で最も沢山作らてるようになったリンゴです。 その人気は海外でも広がり、中国やアメリカなど各国で作られるようになり、世界でも最も沢山生産されているといわれています。 その人気の秘密はまさに「味」にあること、「ふじりんご」蜜入りリンゴの美味しさは多くの人の認めるところで、加えてシャリ感のある...... 続きを読む

ふじりんごの系譜から

ふじりんご 極ふじ(きわめふじ)サンふじ通販

1962年(昭和37年)に品種登録された「ふじ」半世紀以上が過ぎ、同じ「ふじ」の中でも枝変わりなどを繰り返しいろんなふじの系統ができています。その中には品種登録している系統もあります。つまり、優秀な本家に対して分家がたくさん生まれています。その中の一つの分家に「極めふじ」という品種が登録されました。いくつかの育種家や苗木商の方が選抜改良した品種が「ふじ」の中にも生まれています。   きわめ(極)ふじの特徴 極ふじ(きわめふじ)の重さは350g位...... 続きを読む

ラフランス &ゴールドラフランス

ゴールドラフランス 金系ラフランス ラフランス通販

緑系ラフランス(左)と金系、ゴールドラフランス(左) ラフランスはフランス生まれ ラフランスはフランスのクロード・ブランシェ氏が1864年に発見したとされる西洋梨で、日本には1903年に導入されました。 当時の導入目的は食用としてではなく、当時主流だった実力派のバートレットなどの受粉用として導入されたようです。バートレットは単一の品種同士では交配しないため授粉専用の目的だったようです。 ちなみにバートレットの樹20本...... 続きを読む

ラフランス 金色のサビとは

ゴールドラフランス 金系ラフランス ラフランス通販

  サビの正体は表皮の斑点 洋梨やラフランスは本来、陽の当たったものは表面に黄色がかったサビ色の出るのが特徴おまけにちょっとザラザラしています。そのようなことから、樹光を大切に考え、枝々にまんべんなく光が当たるよう樹の形を作っていくと斑点が多いラフランスが生まれてきます。   美味しいラフランスが出来る南向きの斜面が多く喜ばしいことなのですが、良く見ると一般的なものより斑点が多いように見えます。洋梨やラフランスの果皮には「さび」...... 続きを読む

ラフランス栽培の歴史

ラフランス通販 完熟ラフランス 山形ラフランス

  洋なし缶詰用から生食の時代 ラフランスは19世紀半ばにフランスでフランスを代表する品種として大きな期待を込めて生まれた洋梨を代表する品種です。そのおいしさに「わが国を代表するにふさわしい果物である!」と賛美したことから「ラ・フランス」と名前がついたといわれています。とてもフランスらしいお話です。   日本にラフランスが渡ってきたは明治36年といわれています。その後山形県に伝わったのか不明であるものの山形県には樹齢が100...... 続きを読む

蜜入りんごの代表品種とは

蜜入りリンゴ 蜜入りこうとく リンゴ通販

    こうとく・ふじ・はるか 現在日本のリンゴの品種で蜜が入るものはそんなに多くはありません。直ぐ頭に浮かぶのは誰でも知っている「ふじりんご」だと思います。   その他には、稀に早生ふじの中の完熟したものや、お天気によって少し蜜入りするものがあるようですが、高い確率で蜜入りする品種は「こうとく」以外あまり見当たりません。   ところが、最近になって注目の「はるか」という黄色いリンゴの品...... 続きを読む

こうとく 蜜のできる仕組み

蜜女王こうとく 蜜入りりんご 蜜入りリンゴ

蜜自体の糖度は高くはない 全面に蜜が入ることで最近人気上昇中の「こうとく」ですが、蜜ばかりではなくその香りの高さ、爽やかな甘さ、シャリシャリしたジューシーな食感、が大変好評で人気が急激に高まってきました。   実際に「こうとく」を食べてみると蜜が多いので「濃厚な味?」と思うのですが意外と爽やかなすっきりした甘みが口に広がります。   決してしつこいほどの濃厚な甘さではないのに驚きます。口飽きしないのでたくさん食べられる...... 続きを読む

子供が食べるりんご作り

蜜入りりんご 蜜入りこうとく 早生ふじ

昂林・こうとく・サンふじ栽培 早生:昂林(早生ふじ) こうとく(中生) サンふじ(晩生)の品種構成で同じリンゴでも作業がかぶらないように阿部りんご園では有効な作業配分を考えた一年の作業体系が構築されています。 「ふじりんご」は通常、果実に袋をかぶせて育てる有袋栽培が主流でしたが、「サンふじ」は果実に袋をかけないで生産した 無袋栽培したふじりんごを指します。   山形県はその無袋栽培のりんごの発祥の地なのです。ここ山形県から無袋栽培の技...... 続きを読む

早生ふじ昂林(こうりん)

昂林こうりん 早生ふじ昂林 山形りんご

5月の満開の果樹園から朝日連峰を望む     りんご園は海抜180mの高原 山形県天童市から仙台へ向かう峠道、関山街道の中腹に阿部さんのりんご園があります。晴れていれば畑から村山盆地を挟んで、月山、葉山に連なる朝日連峰の山々が正面に向かって見えています。   生産者である阿部りんご園の標高は約180m、平場の果樹園より標高が高いというリンゴ栽培にとっては何より嬉しい条件があります。   ...... 続きを読む

美味しい 早生ふじの選び方

昂林 早生ふじ昂林 昂林こうりん

早生ふじは昂林の他にも、たくさんの品種が登録されています。 「ひろさきふじ」「紅将軍」「涼香の季節」「やたか」「ほのか」などです。 これらを全て総称早生ふじと呼んでいます。 「ふじ」より約1か月程度早く収穫できる、「ふじ」の早熟系統のリンゴです。   昂林(こうりん)は早生ふじ 昂林(こうりん)は「早生ふじ」の1つとされていて、一般的に「早生ふじ」と呼ばれています。「ふじ」よりも1か月ほど早い9月下旬頃から山形県では出荷されます。 &nb...... 続きを読む

りんご 皮ごと食べる効果とは

  りんごポリフェノール 皮に多い りんごには様々なポリフェノールが含まれており、それらは総称して「りんごポリフェノール」と呼ばれています。最も多く含まれているポリフェノールは「プロシアニジン」といいます。   強い抗酸化作用があり、体内の活性酸素を除去して血流を改善したり、美白効果があると言われています。   していりんごを切ると切り口から茶色く変色してきますが、あれはりんごポリフェノールが空気中の酸素と...... 続きを読む

こうとく(高徳)の食べ方

蜜入りこうとく 蜜入りりんご 蜜入りりんご通販

  こうとく「高徳」全面に蜜が あらためて、「こうとく」の美味しさの特徴をみてみましょう。香り高い果肉は黄色っぽくて硬く、しゃり感があります。   甘味は中くらいですが酸味が少なく、香りが特に強く食味は大変良好というの果樹の苗木販売会社の「こうとく」についての説明です。   欠点は、品質にばらつきがあって、中に蜜入りのよくないのがたまに混じることもあること、サンふじと比べると小玉なこと、蜜入りが多いほど劣化...... 続きを読む

こうとく保存方法とは

こうとく 高徳 蜜入りりんご

  保存方法は水分を保つこと リンゴの中でも、こうとくは果肉に特に水分が多いため乾燥に弱いリンゴの品種です。おいしさの源泉の水分が失われると美味しさも失われて食味が格段に落ちてしまいます。   こうとくの保存方法で大切なのは温度管理と水分の管理です。こうとくの出回る11月は温度の低いのですが、東北、北海道の15℃以下の室温ならいいのですが、暖房のきいた部屋は温度が高く乾燥もしていますから避けた方がいいでしょう。  ...... 続きを読む

ページの先頭へ戻る

Copyright©さくらんぼ・ラフランス・蜜入りりんご・だだちゃ豆通販|味の農園 All Rights Reserved.