全商品を見る
トップページ > 山形日記 > 美味しいお米の作り方  茎の数は充分確保

山形日記

美味しいお米の作り方  茎の数は充分確保

田植えから1カ月で見違えるような大きさと茎の数


 

5月中旬に田植してから1カ月余り、田植えの時3-5本だった茎の数は、暖かいお天気とたっぷりの水に育てられ5倍の30本にまでなりました。30本はもう目標の茎の数に達しています。

 

6月下旬になるとそろそろ田んぼには水が要らなくなってきます。稲が大きくなる事で日陰も多くなり雑草もしっかりおさえられました。これからは「稲の身体を作る」から「お米(モミ)を作る」に目標が変わっていきます。

 

茎もしっかり太って、葉っぱの色はこれまでの最高の濃さになります。これからは1本1本の茎をしっかり充実させるために、葉っぱの色も少しずつ淡くなるように茎も葉っぱも柔らかさから、硬さのある姿に変えていきます。

 

 

この時期は稲の身体を大きく多くすること


収穫に必要な茎の数(有効茎)30本位が確保できたら田んぼから水をぬきます。これは無駄な茎を出さないようにすること、田んぼの溝をきるために(田んぼの乾きを良くするためと灌水を容易にするため)なのですが、ドロドロの土を少しずつ乾かしてイネの根を深く多くするためでもあります。

 

 

この時期からイネの穂が出る出穂(しゅっすい)を意識して、ゴール(収穫)を高くするための作業となってきます。はえぬき、ひとめぼれ、コシヒカリ、つや姫、ササニシキどんな品種にも当てはまります。

 

 

 

これから水を切ってイネの根っこが深く地中に入るようにします

これから水を切ってイネの根っこが深く地中に入るようにします

 

 


 

お米定期宅配 お米定期購入 お米頒布会

2480円から送料無料!

https://www.ajfarm.com/fs/ajfarm/c/gr40


  • 山形のお酒
  • 天然岩牡蠣
  • 寒鱈汁
  • 芋煮会
  • やまがた風土めぐり
  • お餅、デワノモチ
  • 味の農園のこと
  • やまがた美味しいもん
  • ボカシ肥料の作り方
  • やまがたの季節
  • 美味しいお米の作り方
  • やまがた旅回廊
  • 黒米、古代米
  • ページの先頭へ戻る

    Copyright©味の農園 All Rights Reserved.