全商品を見る
トップページ > 山形日記 > 美味しいお米の作り方  稲の穂が出そろう頃 8月

山形日記

美味しいお米の作り方  稲の穂が出そろう頃 8月

 

出穂(しゅっすい)とは稲の花が咲くこと


 

7月下旬に稲の穂が出はじめたはえぬきはミニ田んぼも8月上旬に穂が出はじめました。

 

本田(ふつうの田んぼ)より穂が出る時期が遅れたのはミニ田んぼの土に入れた元肥が多過ぎたせいではないかと推察しています。普通の田んぼでは6月下旬頃から田んぼの水を抜きますが、ミニ田んぼでは土が少ないため水を抜くと極端な干ばつ状態になってしまうので稲刈りまで水を抜くのは禁物です。

 

この時期のお天気としては8月の猛暑は暑さを好む稲にとっては決して障害にはなりません。日中の強い直射日光は好条件なのですが、出穂(穂が出る)して、穂が揃う頃(穂揃期:ほぞろ

いき)からは夜の温度が高いのは植物生理的に呼吸量が多くなり穂の中にでんぷんを蓄える力が低下します。

 

お盆が過ぎたら夜は涼しいほどお米は美味しくなる


一般的にお盆が過ぎた8月20日頃からは昼の温度は高くてもかまいませんが、しかし夜の温度は低め東北では22℃以下に経過してくれると登熟(イネの稔り)一段とがすすみます。8月下旬には20℃を切るような夜の涼しさはお米の品質を良質にする願ってもない条件です。

 

 

一口で言うと秋晴れのさわやかなお天気がお米を稔らせてくれる原動力ということです。ですから今から9月のお天気はお米の稔りや品質、美味しさを決定づける大きな要因を含んでいますので私たち生産者は秋らしいお天気の到来を心待ちにしているのです。

 

 

ササニシキ、ひとめぼれ、あきたこまち、コシヒカリ、つや姫いずれも穂が出る時期は品種によって違いますが、どの品種も秋らしいお天気が早く来てくれると収穫量も品質も美味しさも良くなってくれます。猛暑は構いませんが、夜温が高いのは困りものです。熱帯夜がいちばん避けたいお天気なのですね。

 

 

 

 

IMG_8229

8月16日つぎつぎに穂が出て揃っていきます。

 

 

 


 

お米定期宅配 お米定期購入 お米頒布会

 

2480円から送料無料!

https://www.ajfarm.com/fs/ajfarm/c/gr40

 

 


  • 山形のお酒
  • 天然岩牡蠣
  • 寒鱈汁
  • 芋煮会
  • やまがた風土めぐり
  • お餅、デワノモチ
  • 味の農園のこと
  • やまがた美味しいもん
  • ボカシ肥料の作り方
  • やまがたの季節
  • 美味しいお米の作り方
  • やまがた旅回廊
  • 黒米、古代米
  • ページの先頭へ戻る

    Copyright©味の農園 All Rights Reserved.