全商品を見る
トップページ > 山形日記 > 美味しいお米の作り方 春の田起こし(耕起)とは

山形日記

美味しいお米の作り方 春の田起こし(耕起)とは

はえぬき つや姫 お米頒布会

 

庄内平野 田んぼの春作業


田起こし(耕起)とは田んぼの土を出来るだけ乾燥させて、春の乾燥したお天気をねらいます。最終的に土が細かくして、平らにすることを想定して耕すことです。次の作業工程である代掻きしたときに土が細かく練り上げられて、ドロドロにするために下地を作る作業をいいます。


4月中旬頃になると庄内平野も春らしい暖かな晴れの日が続くことが多くなります。そして土ぼこりが立つような乾燥した春の日がやってきます。田んぼの土の乾き具合を観てトラクターで田起こしがいっせいに始まります。


作業は雨が降らないことが条件です。雨だと田んぼがぬかるんで、作業の目的である田んぼを平らにするための作業ができなくなるからです。ですから生産の皆さんはお天気を読んで、いつから始めるかをよく決めているのです。

 

 

 

お米定期宅配 はえぬき つや姫

田起こしは晴れた日が続いて土が乾燥しているときにお天気を気にしながら作業します。


 

 

肥料を播きながら耕す


機械はトラクターといい田んぼ特有の土を耕すために考えられた日本の田んぼ、ならではの仕様になっています。


最近では肥料も播きながら耕すことが出来るようになりました。肥料を播く為に田んぼに入らなくても良くなりました。重い肥料を田んぼに入れるは大変です。


これは田植えをする準備、田植えするときの田んぼの状態が土が細かくドロドロに練り上げられるようにします。その時の土の状態は出来るだけ乾いた土を耕起することで、次の工程である代掻きしたときに

土が水と混じり合ってドロドロになること。


ドロドロの田んぼを作ることで、雑草も抑えられ田んぼの表面が平らになり易くすることを目的としています。田植えした後の姿が田んぼにお米の苗が水の中から半分ぐらい出ているのが理想的。


なので水から出過ぎてもいけないし、水の中に水没するようでもいけません。

 

 

 

 

 

お米作り はえぬき つや姫

トラクターで田起こしの作業した跡、暫く乾かしてから水を引きます


 

 


▼▼お取り寄せはこちら▼▼

おコメ通販 お米通販 庄内米

山形のお米 お米通販 つや姫 山形のお米 つや姫

際立つ「粒の大きさ」、「白い輝き」「旨さ」、「香り」、「粘り」は、ごはんそのものがご馳走。味わうほどに至福の喜びに満たされます。山形の農の匠が丹誠込めて育てる、安全で、おいしさを極めた特別なお米。
日本中の、何よりも「白いごはん」が大好きな人にお届けします。

 

山形県、庄内平野を中心にした情熱あふれる生産農家から協力をいただいてそれぞれが自信を持って生産したお米を基本に販売しています。

玄米は氷温と14℃の低温倉庫にて保管し害虫やカビなどの被害に遭わないよう、また新米に近い状態を保つことを念頭に置いて品質管理しています。

 

2580円から 送料無料!

https://www.ajfarm.com/fs/ajfarm/c/gr42

 

 

 

 


  • 鳥海山
  • 玄米食と健康
  • さくらんぼ新品種
  • 枝豆王だだちゃ豆
  • 月山 出羽三山
  • 山形のお酒
  • 天然岩牡蠣
  • 寒鱈鍋
  • 芋煮会
  • やまがた風土めぐり
  • お餅、デワノモチ
  • 味の農園のこと
  • やまがた美味しいもん
  • ボカシ肥料の作り方
  • やまがたの季節
  • 美味しいお米の作り方
  • やまがた旅回廊
  • 黒米、古代米
  • ページの先頭へ戻る

    Copyright©さくらんぼ・ラフランス・蜜入りりんご・だだちゃ豆通販|味の農園 All Rights Reserved.