全商品を見る
トップページ > ばっちゃん物語 > ■大好きな源吾兄ちゃんが戦争に行く・・・

ばっちゃん物語

■大好きな源吾兄ちゃんが戦争に行く・・・

◆◆ ばっちゃん物語  第34話 ≪ばっちゃん子供頃のお話し≫ ◆◆

■大好きな源吾兄ちゃんが戦争に行く・・・

 

その年の春は冬から想像もできないほどの

暖かい陽気が続きました。

雪も順調に融けて登校のときも吹雪のとき

のような緊張感はまったくなく

下校時などはトコちゃんは仲良し3人組の

同級生女の子たちと目いっぱい道草を

食いながら帰るようになりました。

何より楽しい道草を楽しんでいると3月は

あっという間に学期末になります。

小学校3年生のトコちゃんは春休みになりました。

4月になれば今度は4年生になります。

この年、昭和19年4月

正式には国民学校初等科4年となります。

山形県の田舎だけあって今まで戦争という大きな

障害を直接的には感じなかったのが

この年は長男の源吾兄ちゃんが21歳で軍隊に出征

することになり

お祝いと称する宴会が開かれましたが

家族はみんな涙を流していました。

トコちゃんにも戦争という意味が今まで以上に深刻

な事柄だという意味がお父ちゃんとお母ちゃんを

見ると感じることができました。

根っから明るく、朗らかな性格のトコちゃんでしたが

苦しときも暖かい家族に囲まれて成長していくのです

源吾兄ちゃんとのお別れの日は、お母ちゃんを見て

泣いてしまったトコちゃんですが

大好きなお兄ちゃんの前では、いつもの笑顔で

見送ることが出来たのです。

今でも、その時のことは忘れられない思い出として

はっきり記憶に残っています。

※いつもご購読いただきましてありがとうございます。

ばっちゃん物語はしばらくの間お休みさせていただきます。


  • カテゴリーなし
  • ページの先頭へ戻る

    Copyright©味の農園 All Rights Reserved.