全商品を見る
トップページ > 山形日記 > やまがた蕎麦の究極は極太の手打

山形日記

やまがた蕎麦の究極は極太の手打

山形蕎麦 蕎麦 そば

挽きぐるみの黒っぽい蕎麦、めいっぱいの太麺、硬いかき揚げ天、地元東根市では有名な「伊勢蕎麦」です。ここのお客は「田舎蕎麦好き」のコアな常連さんが多いといわれています。

その人たちが食べる人気の品が「もり天蕎麦」750円食べ方も流儀があるようだ。硬いかき揚げを割れれば割って蕎麦猪口に入れふやかす。

そこに蕎麦をつけていただく。あるいは、硬い天ぷらをそのまま大きめの蕎麦猪口に放り込んでせまくなった所に蕎麦をいれ食べる。

かき揚げがだんだんふやけてきたところを食べながら蕎麦を食べていきます。常連客はこの太さがたまらないという、最終的には20分かけて完食しました。

県外からのお客さんも多いこの有名店の特徴は、かき揚げの硬さと蕎麦の太さ、蕎麦つゆの美味さでしょうか。蕎麦の太さは県内でもトップクラスでしょう。

この個性の強さも天下逸品!

 

 

 

 

 

 


  • 山形のお酒
  • 天然岩牡蠣
  • 寒鱈汁
  • 芋煮会
  • やまがた風土めぐり
  • お餅、デワノモチ
  • 味の農園のこと
  • やまがた美味しいもん
  • ボカシ肥料の作り方
  • やまがたの季節
  • 美味しいお米の作り方
  • やまがた旅回廊
  • 黒米、古代米
  • ページの先頭へ戻る

    Copyright©味の農園 All Rights Reserved.