全商品を見る
トップページ > 山形日記 > 霊峰、月山はもう秋が深まってきた

山形日記

霊峰、月山はもう秋が深まってきた

来るたびに思うのだが、月山は特別な山形だ。やっぱり霊峰だと。やっぱり不思議な山だと。霊峰・月山(1984メートル)

8合目の弥陀ケ原で、湿原の草紅葉(くさもみじ)が始まった。さまざまな草の葉が黄色やオレンジ色に変わり始め、穏や

かな晴天になった18日は、点在する池塘(ちとう=高層湿原の池)の水面に青い空や白い雲が映り、山歩きの愛好者たち

が初秋の美しい景色を堪能していた。

この日の月山は朝方冷え込み、8合目に立つ御田原神社・御田原参籠所辺りでは午前6時の気温が8度だったという。

日中は前日に続いて晴れ、上空には秋らしい雲がたなびき、爽やかな気候となった。

 

 

▼月山弥陀ヶ原の草紅葉

 

弥陀ケ原からは鳥海山や庄内平野、日本海などが一望でき、木道を歩く人たちは時々立ち止まってカメラに収めていた。

庄内平野が雲間から見えてくる。この冷え込みで田んぼのお米も収穫も早まるかもしれない。

同神社の神職らは「草紅葉の見ごろは9月下旬から10月上旬ぐらいまで。山頂に行くなら、8合目より気温が5度ぐらい低いので服装に留意して」と話していた。

 
今年の天気は特別だ。例年になく早い秋の訪れだ。ここ数年には記憶にない。あえて思い出すのは、大冷害の平成5年の夏

は本当に涼しかった。全国的に冷夏だったと記憶している。

 

 

月山8合目広がる湿原、弥陀ヶ原

月山8合目広がる湿原、弥陀ヶ原

 

月山 山形 お米

月山の高原植物

 


  • 山形のお酒
  • 天然岩牡蠣
  • 寒鱈汁
  • 芋煮会
  • やまがた風土めぐり
  • お餅、デワノモチ
  • 味の農園のこと
  • やまがた美味しいもん
  • ボカシ肥料の作り方
  • やまがたの季節
  • 美味しいお米の作り方
  • やまがた旅回廊
  • 黒米、古代米
  • ページの先頭へ戻る

    Copyright©味の農園 All Rights Reserved.