全商品を見る
トップページ > 山形日記 > 山形では日本一の芋煮会はじまる

山形日記

山形では日本一の芋煮会はじまる

 

 

直径6メートルの鍋がひと際目立つ日本一の芋煮会


何もかもスケールが大きい日本一の芋煮会フェスティバル。山形市で毎年9月に開催される目玉イベントです。このお鍋の大きさは直径が6メートルと驚き、材料も調理器具も全て常識を覆す大規模なトン単位の鍋料理、その名の通り日本一のスケール。

この6メートルの大鍋に入れられるメインの食材は、里芋3トン、牛肉1.2トン、こんにゃく3500枚、長ネギ3500本、調味料は味付け醤油700リットル、日本酒50本(1升瓶)、砂糖200kg、山形の水6トン。これを調理するために薪(ナラ材)6トンを使って豪快に調理します。

 

まず、大型クレーンを使って大鍋を釜戸の上にセッティングしていきます。次に膨大な量の用意された食材を投入します。大鍋には予め水が準備され火が入れられて加熱されて、最初に里芋、こんにゃく、火加減を調整しながら牛肉、長ネギが入れられます。このレシピはプロの料理人が設計したものを長年の経験知から導き出した絶妙の味加減を再現していきます。

 

 

芋煮会 日本一の芋煮会 山形の芋煮会

芋煮会 日本一の芋煮会 山形の芋煮会 山形県民は芋煮会が大好き、秋は花見感覚で河川敷に集まり芋煮会で盛り上がる


 

 

会場の河川敷では3万食の芋煮が提供され完食!


最後に醤油と砂糖、隠し味の日本酒で味を調えてし上がっていきます。材料がだんだんと煮込まれて、里芋が美味しくやわらかく仕上がっていきます。その頃になると会場である馬見ヶ崎川の河川敷は全体が芋煮の6メートルの大鍋から立ち上がる独特の風味が会場いっぱい大空まで広がっています。

 

調理が出来あがると、今度は大型重機のバックホーで大鍋から芋煮をすくい取って小別けの大きな鍋に盛りつけるために移動して、器に盛り付けられていきます。一日に提供される芋煮は約3万食、野外での山形ならではのスケールの大きなイベントは会場で盛りだくさんのイベントを開催し3万食の芋煮を完食して終了しました。

 

 

日本一の芋煮会 芋煮会 山形の芋煮会

3万食の芋煮をつくるには大勢の料理人とスタッフが大車輪の忙しさだ


 

 

日本一の芋煮会フェスティバル会場から


今年も大勢の人たちで賑わい  「日本一の芋煮会フェスティバル」が9月吉日、山形市の馬見ケ崎川河川敷で開かれた。直径6メートルの大鍋で調理したしょうゆ味の山形芋煮をはじめ、新たに直径3メートルの鍋で作った「しお芋煮」などを提供。天候に恵まれて大勢の観光客らでにぎわった。

この日、山形の日中の最高気温は29.2度まで上がったが、川沿いは時折涼しい風が吹き、秋の気配も。双月橋付近の会場で山形芋煮3万食分、しお芋煮5千食分の材料を使って来場者に秋の味覚を届けた。

 

実はいも煮の味付けはそればかりではなく、味噌あじもある。一般に山形県の内陸地方ではしょうゆ味で牛肉を使い、日本海側の庄内地方では、味噌あじで豚肉を使ったいも煮になる。どちらが美味しいかとなると、双方とも地元スタイルが旨いと決して譲らないのだ。

 

ちなみに塩いも煮は主催者が新しい味への挑戦として、今年、自信を持って創作したもの。評価はどうだったのか、じっくり検証してみたい。また山形県の日本海側庄内地方のいも煮、味付けはもちろん味噌あじ、そして豚肉、里芋、厚揚げ、長ネギ、ごぼう、人参、時にはさつまいも、じゃがいもが入ることもあります。

 

 

芋煮会 山形の芋煮会 芋煮会

2代目大鍋の鍋太郎は3万食を提供してお役目を引退、3代目鍋太郎に次回から大役を引き継ぎました。

 


 

 


▼▼お取り寄せはこちら▼▼

味の農園 山形のフルーツ ボカシ肥料

 

 

 


  • 山形のお酒
  • 天然岩牡蠣
  • 寒鱈汁
  • 芋煮会
  • やまがた風土めぐり
  • お餅、デワノモチ
  • 味の農園のこと
  • やまがた美味しいもん
  • ボカシ肥料の作り方
  • やまがたの季節
  • 美味しいお米の作り方
  • やまがた旅回廊
  • 黒米、古代米
  • ページの先頭へ戻る

    Copyright©味の農園 All Rights Reserved.