全商品を見る
トップページ > 山形日記 > 山形の春はどこまで来たのか 梅林公園

山形日記

山形の春はどこまで来たのか 梅林公園

山形 梅の花 味の農園

鶴岡市、湯田川温泉の梅林公園に春を発見


金峯山の山懐にあたる湯田川温泉内にあり、竹林に囲まれた風光明媚な公園です。 春になると、温泉街を見下ろすように約300本の紅梅・白梅が咲き乱れます。見ごろは3月下旬〜5月上旬まで。

 

見ごろの土日には梅まつりが開催され、野立てなども行われます。梅のほかにも、ぼたん、つつじ、さつき、あやめ、水仙なども楽しめます。

 

山形の春はまだまだ、梅林公園は白梅が3分咲き、紅梅は1-2分咲きといったところでしょうか。梅林公園はこれから4月いっぱい楽しめるとのことですが、桜が満開になると忘れられてしまうのが梅のかなしい宿命かも。

 

梅林公園の梅林の土手を見ると、陽当たりにまだバンケ(蕗の薹)がまだ見つけられるし、今ようやくキクサキイチゲ、(菊咲一輪草)が可憐な花を見せてくれます。梅の樹の株元にバンケ(庄内では蕗の薹のこと)を見つけました。ここは雪国山形まだまだ、風は冷たい。

 

 

梅の花 山形 味の農園

白梅はまだ蕾のが多い

 

山形 庄内平野 味の農園

庄内では蕗の薹のことを「ばんけ」と呼びます

鶴岡市 庄内平野 味の農園

キクサキイチゲ(菊咲一輪草)愛らしい花だ

庄内平野 味の農園 湯田川温泉

紫色の小さな花、菊咲一輪草

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だだちゃ豆 枝豆 白山

だだちゃ豆 白山 だだちゃ豆の特徴

お取り寄せはこちら

香ばしさ際立つ枝豆「だだちゃ豆」

 

茹でるとトウモロコシのような香ばしい風味が強く伝統の枝豆はあまい香りが広がり、やめられない独特のおいしさが特徴。

 

だだちゃ豆の種子は自家で選抜淘汰を繰り返し自家採種し、門外不出の家伝の宝として扱っています。

長い期間に渡り生産者の情熱と地域がこぞって競い合って「だだちゃ豆」の栽培に努力してきた人気の在来種「だだちゃ豆」。

 

4000円から  送料無料!

https://www.ajfarm.com///www.ajfarm.com/fs/ajfarm/c/gr10

 

 

 

 

 


  • 山形のお酒
  • 天然岩牡蠣
  • 寒鱈汁
  • 芋煮会
  • やまがた風土めぐり
  • お餅、デワノモチ
  • 味の農園のこと
  • やまがた美味しいもん
  • ボカシ肥料の作り方
  • やまがたの季節
  • 美味しいお米の作り方
  • やまがた旅回廊
  • 黒米、古代米
  • ページの先頭へ戻る

    Copyright©味の農園 All Rights Reserved.