全商品を見る

くだもの歳時記

りんごの変色防止の方法とは

山形りんご サンふじ 蜜入り

  リンゴが変色してしまう仕組みとは 「朝の果物は金」とよく言われますが「朝のりんごも金」といえるでしょう。旬のりんごにはカルシウム・カリウム・食物繊維・鉄分・ビタミンCを豊富に含んでおり、体にいい食べ物といえるくだものの王者です。 ここでは、この身体にいいとされるリンゴを沢山食べてもらうための知恵を皆さんと分かち合いたいと思います。   そもそも、どうしてりんごは変色してしまうのでしょうか。りんごには、ポリフ...... 続きを読む

完熟ラフランスの上手な食べ方とは

ラフランス食べ方 ラフランス通販 ラフランスお取り寄せ

  完熟は手がすべるけど、ラフランスをクシ切り 通常の食べ方としてはラフランスは、クシ切りです。皮をむかずに4等分に切ります。真ん中の軸の部分をりんごのように切ります。8等分に切ったりしてもいいです。お好みの大きさに切って最後に皮を薄くむいて、お召し上がり下さい。   完熟になったラフランスは冷蔵庫に冷やしていただきます。皮をむいて芯を取りだしてリンゴのように皮をむいてクシ形に切って食べるのもいいのですが、完熟したラフランスは果...... 続きを読む

りんごの表面のベトベトや白い粉は何なの

りんご 選び方 サンふじ

  りんごの表面、ベトベトはりんごの自然なろう物質の分泌 「スーパーで買ったラップ包装したりんご(サンつがる)を 数日後に食べようとしたら、表皮がネトネトしていました。ワックスを使っているのではないでしょうか?」   このようなお問い合わせが時々あるようです。   表面がピカピカ光って、手で触れると油のようにベタつく果実があります。品種によって表面がベタつきやすくなったり、ならなかったりします。 ...... 続きを読む

りんごカッターの使い方とは

りんご 選び方 サンふじ

    美味しいくりんごを食べるために皮むきの優れ物 おいしいのは分かっているけれど、むいたり切ったりするのが意外と大変なフルーツ。そんな面倒なフルーツのための専用カッターがあります。今回はあっという間に切れて、使うのが楽しくなるフルーツカッターの中からりんごにカッターに注目し徹底検証してみたいと思います。   この道のプロといわれる合羽橋の老舗料理道具店の6代目、料理道具研究家、飯田結太氏がイマドキ...... 続きを読む

啓翁桜 冬に咲く桜とは|啓翁桜おとりよせ

啓翁桜が冬のさなかに満開になるしくみとは 「啓翁桜」は、1930年に福岡県久留米市山本の良永啓太郎氏が中国系のミザクラを台木にしてヒガンザクラを接いだところ、穂木として使ったヒガンザクラからその枝変わりとして出来たものといわれています。   お正月にも満開の桜が楽しめる、啓翁桜の促成栽培が始まったのは、昭和40年代後半のことです。   山形県は全国的にもこの栽培では早くスタートし、啓翁桜の栽培が山形県の気候にマ...... 続きを読む

ラフランス(洋梨) のシンデレラストーリーとは

ラフランス 洋梨女王 完熟ラフランス

 これからお話しするのは、まさにラフランスが辿ってきた「シンデレラストーリー」と呼ぶにふさわしいお話です。   「ぶさいく」の代名詞「みだぐなす」と卑下され 山形弁で「みだぐなす」という言葉があります。直訳すると「見ためよくなし」といい、訛って「なす」とは「なし」「梨」でもあり、つまり「みだぐなす=みばえが悪くかっこ悪い梨」という見下した卑下する意味が込められた言葉です。   ラフランスが脚光を浴びる以前はこんな...... 続きを読む

ラフランスを一斉に食べ頃にする産地予冷とは

ラフランス ラフランス通販 山形ラフランス

当初は高価な果物としてわずかに出回っていましたが、グルメブームの到来で、広く一般的に入手できるようになったのは最近のことです。ラフランスの生食が一般化するのにいちばんの問題は食べ頃が判りずらいことでした。そして、この問題に関しての具体的な対策をどうするかという課題の克服にあったのです。   ラフランスが流通するにあたって「食べ頃」を出荷ケースごと均一にするのに役立っているのが、「予冷」という方法。産地、山形県ではラフランスは収穫されるとすぐに摂氏2~5度...... 続きを読む

ラフランスの完熟 食べ頃3つのポイント

ラフランス 完熟ラフランス 食べ頃

  ラフランスの食べ頃は完熟のとき 「ラ・フランス」は食べ頃になっても果実の色が黄色に変色しない場合が多いので、プロでないと食べ頃の判断が難しい果物です。しかし、そのプロの使っているコツさえつかめば簡単に食べ頃がわかります。 ラフランスの食べ頃は完熟のときが最高の食べ頃といえます。また「ラ・フランス」は食べ頃になるまで常温で保管して下さい。 食べ頃をむかえた「ラ・フランス」は芳醇な香りととろけるようななめらかな舌触りで「西...... 続きを読む

りんごの簡単な保存方法とは 

りんご 保存方法 山形りんご

    美味しさを保つリンゴの保存方法とは「水分を逃さない」 りんごは乾燥に弱いくだものです。水分が失われると美味しさも失われて食味が格段に落ちてしまいます。保存方法で大切なのは温度管理と水分の管理です。 温度は通常は常温でいいのですが、暖房のきいた部屋は温度が高く乾燥もしていますから避けた方がいいでしょう。短期間の保管でしたら冷暗所もしくは冷蔵庫の野菜室にいれてください。   リンゴは美味しさ...... 続きを読む

りんごの皮むき 出来る?

りんご 食べ方 山形りんご

    りんごを食べない理由「めんどうだ!」 りんごは皮をむいてくれたら食べるという人が圧倒的に多いことには頷けるところがあります。ちょっと甘えたお話しになりますがこれが本音でしょう。   さて、りんごを食べるときのキーポイントは「剥く」です。よく「剥いてくれたら食べるのに」という方が多くいるようです。自分で剥くのは嫌だし、めんどうくさいからですからね。   この「面倒くさくて煩わしいコト」...... 続きを読む

サンふじ(無袋栽培ふじりんご)の選び方

選び方 サンふじ りんご

美味しいフジりんごの選び方、蜜入りの見分け方のポイント りんごは果皮が赤く染まり、軸が太くて果皮に張りとツヤがあるもの選びます。お尻の部分は美味しさを見極めるにはとても重要なポイントです。   お尻がとんがっているものや緑色のものは未熟傾向で、お尻が丸みを帯びているもの、オレンジ色、黄色いものは完熟して蜜が入りやすく甘味があるといわれます。   またサイズは大きすぎるものよりも中くらいのほうがよく、持ったとき大きさ...... 続きを読む

美味しい柿の選び方・美味しい庄内柿とは

柿 庄内柿 種なし

秋になると庄内地方のあちらこちらの家で色付き始める柿の実。甘く柔らかく、歯ごたえもしっかりした柿、子供からお年寄りまでみんなが大好きな『庄内柿』です。   庄内を代表する秋の果実『庄内柿』は、果実が甘く、適度の歯ごたえ、種がないのが特徴です。正式には『平核無柿(ひらたねなしかき 平らで種の無い柿、核とは種のこと)』と言います。     美味しい庄内柿の選び方・美味しい柿とは 果肉が厚く色周りが良いものを選ぶ...... 続きを読む

ラフランス(洋梨)の保存方法とは

ラフランス通販 ラフランスお取り寄せ 山形ラフランス

  ラフランスはフランスが原産で1864年に発見された品種です。甘味の中にほんのり酸味があり濃厚な味を楽しめます。果汁たっぷりの果肉はとろけるようなまろやかな口当たりで西洋なしの中でも一番の人気です。 ラフランスの平均サイズは200~250gくらいで出荷されるのは10月下旬頃からです。またラ・フランスの枝変わりで果皮が茶色い金系ラフランス「ゴールド・ラフランス」もあります。     ラフランスの知名度...... 続きを読む

美味しいラフランス の選び方

ラフランス ラフランス通販 山形ラフランス

      ラフランス選び方は決して難しくない ラフランスは甘味の中にほんのり酸味があり、果汁たっぷりの果肉はとろけるようなまろやかな口当たりで西洋なしの中でも高い評価を得ています。しかし、課題として熟しても果皮の色はあまり変わらず、食べ頃がわかりづらいという問題があります。   このように、食べ頃がが難しいゆえに完熟になると独特の香りが漂い軸の周りの果肉は弾力をおびて、果汁たっぷりのクリーミーな...... 続きを読む

生プルーン、シワシワねっとり完熟で食べる方法

山形では数種類のプルーンが作られています。また多くのプルーンは多くの加工品に利用されていることが多く、なかなか生で食べる事が少ない商品ではないでしょうか。山形のプルーンは生食用に栽培されているものが多く身体にもとても良い成分が豊富のようです。 すももとプルーンの違いは曖昧で、はっきりしません。実はほとんど同じスモモの系統で同じものといえます。一般的に日本すももを「すもも(プラム)」と呼び、ヨーロッパスモモ(西洋すもも)をプルーンと呼んでいます。 私...... 続きを読む

山形桃の収穫の時期とは

桃 桃の旬 山形桃

味の農園の生産者として参加いただいて20数年になる中野さんの桃の園地にお邪魔しました。   山形空港周辺にはりんご、桃、さくらんぼ、洋梨の畑が広がっています。その山形空港にほど近い東根市にある中野さんの桃の園地は1.5ha、自宅周辺も入れると2haと広い面積で桃栽培を長年しています。       白桃の旬は8月の「あかつき」から10月「夢かおり」まで 山形県でつくられるももの品種は、実の肉質...... 続きを読む

白山だだちゃ豆 (本豆ほんまめ)と呼ぶ「白山しらやま」の特徴

だだちゃ豆 白山だだちゃ豆 殿様だだちゃ豆

      「だだちゃ豆」の由来は女性育種家が開発した在来種 「だだちゃ豆」は山形県鶴岡市で江戸時代にこの地で栽培されていた「娘茶豆」の中から大泉村(白山地区)の生産農家である森屋 初(もりやはつ)という女性育種家が発見した1本の変異種にはじまるといわれています。 この1本の変異種を独自に選抜淘汰を繰り返し改良した「在来種」が「だだちゃ豆」の源になっているのです。   そして、この集落の女性...... 続きを読む

山形ぶどうの発祥の地とは

ぶどう 山形ぶどう ピオーネ

急こう配の山肌に広がるブドウ畑は山形ブドウの発祥の地 実際に南斜面のぶどう畑に入ってみると傾斜に驚きます。「作業は大変だろうなあ」と思わず口に出てしまうほど。この急傾斜のぶどう畑での作業をたすけるためにどこの畑にも運搬用モノレールの設備がみられます。そして一定の間隔で石積みがされ畑をささえているのです。   高いところにあるぶどう畑の眺望は見事です。置賜盆地全体を眺められるほど高いところにあります。時折足元から吹き上げる風がぶどうのあまい香...... 続きを読む

「だだちゃ豆」は鮮度が命 収穫作業は早朝から

だだちゃ豆 白山だだちゃ豆 だだちゃ豆通販

    だだちゃ豆の旬は鮮度が命、早朝に収穫して発送する 真夏に旬を迎えるだだちゃ豆の収穫は猛暑の中の大変な作業です。新鮮さが美味しさの大切なところだけに早朝5時には収穫が始まります。そして7月からお盆のお休みも無く9月上旬まで続きます。   鶴岡市の白山(大泉地区)で代々白山だだちゃ豆を栽培する伊藤さんのだだちゃ豆の収穫の作業は特に選別に重きを置いて選別が徹底されているので高品質の新鮮なだだちゃ豆をお届けできる...... 続きを読む

「種なしブドウ」は何故できる

ぶどう 山形ぶどう デラウエア

  種なし葡萄の出来るしくみ「ジベレリン処理」とは 種なし葡萄はジベレリンという植物ホルモンによる処理によって種なしブドウが出来ます。ひとつ一つのぶどうの房を手作業でジベレリン処理を行うためとても手間のかかる栽培方法です。   通常、果実はめしべの柱頭に花粉がついて受粉することで子房の中に種子ができ、子房がふくらんで実になります。 ところが、ぶどうは受粉しなくても、房をジベレリン液に浸すことで実を作ることができます。その結...... 続きを読む

ページの先頭へ戻る

Copyright©味の農園 All Rights Reserved.