全商品を見る
トップページ > くだもの歳時記 > 月山高原の赤土がにんじんを赤くする

くだもの歳時記

月山高原の赤土がにんじんを赤くする

月山高原 月山高原にんじん にんじんジュース

 

にんじんの赤みが強くなり濃厚な味に 


積雪10mをこえるという霊峰月山(1984m)、その山麓にある月山高原は自然豊かな庄内平野を見下ろす昭和になって開拓された標高300mの高原の農地です。かつての多くの入植者たちは、月山高原の厳しい自然と作物を拒む独特の赤土粘土と石混じりの土壌に苦しめられここを去った人も多い。


月山高原にんじんの特徴はと赤土の粘土質の高原のため初期の生育が遅くゆっくり育つため人参の赤みが強く果肉が緻密になります。人参がじっくりゆっくり育つことが食物繊維、βカロテンがたっぷりで濃厚な味の人参に育つと生産者の高田さんは分析しています。


つまり、じっくり育つ緻密な果肉ほどポリフェノールやβカロテンがぎっしり詰まった見た目が赤みの強い人参に育ってくれます。


しかし、月山高原では積雪が3m以上の上に標高300mの条件が雪解けを遅くし、赤土特有の粘土が雪解けの水を吸着し春になっても中々、地温が上昇しません。早く収穫しようと播種を早めると寒さと湿気、固い粘土の障害で生育が停滞し病気の原因にもなるのです。


月山高原の赤土粘土の土壌改良する対策として考えられたのが「内城菌」です。ここで内城菌について説明します。

 

 

 

月山高原 月山高原にんじん にんじんジュース

月山高原の粘土の強い赤土は作物づくりに大きな障害だった。内城菌と堆肥によって土壌改良され団粒構造になる。


 

 

 

 

にんじんを健康に育てる内城菌とは 


今から40年前自然の力を活用した農法を研究していた内城本美氏により発見され、以来土壌改良材として、あるいは内城土壌農法として全国で活用されています。

 

内城菌は、主としてバチルス属であるが、介在する微生物は複数種、数十種類にもなり、偏性好気性・通性好気性・偏性嫌気性細菌、低温菌、中温菌、高温菌と複合菌としてのバランスが非常に優れており、分解能力の高い複合土壌菌群です。

 

この内城菌によって土壌菌が旺盛になると土壌中のいろいろな要素が分解され活性化されていきます。そして最終的には土壌の団粒化構造が作られて土作りがすすみ土壌の健全化がされて病気や生育障害のない畑が出来てきます。

 

また土壌菌群のため、その土地独自の土壌菌ともなじみ、自然の生態系を壊すことなく循環型の農業にはもってこいの資材です。

 

 

月山高原 月山高原にんじん にんじんジュース

内城菌と内城菌の堆肥によって時間をかけて土壌改良してきた。


 

 

月山高原の赤土の土壌を豊かなにんじん畑に


内城菌を液肥として畑に直接散布する。また、赤土の畑に内城菌で堆肥をつくり畑に散布してトラクターで耕す。作物を播種する前の出来るだけ早い時期、そして、収穫した後、これを続けていく。


このようにして、1年、2年してくる頃から効果があらわれはじめます。土壌菌の活動が活発化して赤土の粘度が徐々に団粒構造化して来るのです。団粒構造化してくると水はけのいい、作物に都合のよい栽培しやすい土壌に変わります。


月山高原の赤土粘土の特徴を活かすために、より以上に土壌菌を旺盛にしてキメ細かな果肉をゆっくりじっくり育てる工夫をしています。つまり、内城菌を使うのはそのためにあると云うわけです。内城菌を散布し続け、内城菌の堆肥づくりをして土壌に散布していくことを続けることで、年々土壌が改善されてくる実感が得られます。

 

 

月山高原 月山高原にんじん にんじんジュース

いったん団粒構造に土作りされた土壌は継続的に団粒構造の畑として活躍してくれます。


 

 

 

作物が作れない赤土粘土が豊かな土壌に変わる


赤土は本来、粘土質が強く、いったん固まると植物の根の成長の障害になるほどになってしまいます。この粘土を土壌菌によって団粒構造(土壌の微細粒子が集合して微小な塊状をなしていること)の理想的な状態に近づけてくれることになるのです。


つまり、赤土粘土は元々は細かい土の粒子が固まって出来たもの。土壌菌が旺盛になることで土壌改良されることで元々、細かい土壌の粒子の構造が団粒構造に変わり表面積が大きくなります。


そのせいで肥料分をつむ力も増えるばかりでなく、水捌けも良くなり赤土粘土、本来の欠点をカバーしてくれるばかりか、改良に時間がかかるけれどもこの粘土の構造が改良されると今まででは想像できない理想に近い完成形の畑に生まれ変わります。


土壌改良には地道で、地味で愚直な努力を継続しないといけません。つらい日々が続きます。しかし、一度、団粒構造になって来ると、土壌の構造改革が出来上がることで格段に作物が作りやすくなるのです。

 

 

 

月山高原 月山高原にんじん にんじんジュース

障害だった赤土は土壌改良の末、赤色の濃いにんじんを生みださす土壌に


 

 

月山高原の赤い粘土だから人参を赤くする最高の土壌に


土壌菌を旺盛にすることで粘土の強い赤土がしっかり有機肥料を逃がさないので肥料の効き方がゆっくり効きます。従って生育もゆっくり育つことになり、緻密でキメ細かな果肉に甘味の強い濃厚な味の人参をつくり上げることになるのです。


人参が赤くなるには見えない所、特に土の中では色々な事情が関わっています。人参は「赤・オレンジ色」が当たり前と思っている方が多くいますが、赤くする為には厳しい栽培方法と自然の条件があるのです。


特に栽培方法では、土の条件です。赤土の粘土でも内城菌などの資材を使い土壌改良された粘土の強い赤土はいったん団粒構造になると肥料を抱える力が強いので、人参がじっくり育ちます。


赤土粘土に由来する、じっくり育つということで、人参の果肉の細胞がキメ細かく緻密になります。その細胞に植物色素のポリフェノールがぎっしり、βカロテンがぎっしり詰まることで、見た目で感じる一層赤みの強い人参に育つのです。この色濃い人参ほど栄養価が高い美味しい人参になります。

 

 

 

月山高原 月山高原にんじん にんじんジュース

にんじんの赤、オレンジ色はポリフェノールの1種アントシアニン


 

 

 

人参の赤い色はアントシアニン


人参の赤い色の要素は植物色素のポリフェノールの1種、アントシアニンといわれます。

 

その他の栽培条件として、特に大切な事は「播種の時期」という自然条件です。気温が20度以上にならないと、人参に含まれているβカロテンが生成されないので、寒いうちに早播きしても色の濃い人参にはなりません。

 

このβカロテン量が少ないと人参特有の赤みにならないのです。つまり、生育期間の気温が20℃を超える一定の時期でないと赤くならないので、その地方、自然条件に合った播種が可能な時期を選ばないといけません。

 

また、土壌にしっかりと植えられていない事も大きな要素となります。土がしっかりとかぶさっていない部分は緑色のままとなってしまいます。

 

 

月山高原 月山高原にんじん にんじんジュース

月山高原の赤土粘土は循環型の自然農法によって美味しい人畑によみがえった。


 

月山高原の赤土の粘土とは


赤土は火山灰に由来する粘土の一種です。一般的な赤土の特徴は以下の通りになります。


粘土は陽イオン交換容量が大きく、アンモニウムやマグネシウム、カルシウムといった肥料分を陽イオン交換によって保持することができ、肥料の流出を防ぐことができます。


また、保水性が高いのも特徴です。腐植(腐葉土やピート、堆肥など)と組み合わせることで陽イオン交換能力が高まるため、植物の栽培にも適しています。


デメリットとして、粘土ですので固まると植物が根を張ることが出来ず、成長が著しく制限されること、水をあまり通さないので水はけが悪いこと、アルミナを豊富に含んでおり、リンと結合して不溶性リン酸としてしまい、植物に吸収させにくくすることなどがあります。


内城菌や内城菌で作った堆肥を土壌に入れていくことで、土壌の状態は飛躍的に改善されてきます。この内城菌を使った土作りの最終目標は土壌の団粒構造化であり、人参栽培に適した土質の改善ということです。


逆にいうと粘土の強い赤土ほど、団粒構造の土壌に変えるには手間、暇、時間がかかりますが、いったん団粒構造になると継続的に作物の作りやすい土壌と畑に変化してくれます。

 

 

 

月山高原 月山高原にんじん にんじんジュース

赤土が土壌改良され肥料をしっかり抱えじっくり育てる土壌に変化しました。


 

 

 

月山高原の赤土とにんじん まとめ 


月山高原の赤土はそのまま畑の土としては障害が多いといえるが、内城菌のような土壌細菌を有効利用することで、団粒構造の理想的な土壌に変革することが可能になります。


そのためには、内城菌を畑に直接散布することによる直接的な方法の他、大量の内城菌を増殖した堆肥を畑に投入することで2-3年計画で理想に近い団粒構造の畑に変換することも可能になります。


その後も、継続的に土壌菌のバランスや土壌菌量を保ちながら維持していく必要はありますが、土壌の改良がすすみ作物の生育や品質が完全されるには多くの資材と、資金、時間と労力がかかるのです。


土壌細菌の絶対数が多くなる事で、土壌が団粒構造化して、月山高原のにんじんの栽培は格段に生育障害や病虫害は減少して、見た目では赤色の濃い人参に仕上がります。


そして人参は高品質と云える栄養成分量の高い表面がつるつる艶がある濃厚な味の月山高原にんじんが出来あることになります。


赤土粘土の土壌を作物がしっかり育つ豊かな畑にするには手間暇、失敗という捨て作りするような長い時間がかかります。


しかしのの赤土粘土の土壌がいったん団粒構造に変わると今度は一転して作物にアドバンテージをあたえる豊かな畑に変わるのです。それも永続的なアドバンテージです。

 

 


ページの先頭へ戻る

Copyright©味の農園 All Rights Reserved.