全商品を見る
トップページ> 山形日記> カテゴリー: やまがた美味しいもん

山形日記

カテゴリー: やまがた美味しいもん

天然岩牡蠣の美味しい食べ方

岩牡蠣 岩牡蠣通販 天然岩牡蠣

      岩牡蠣の口いっぱいに広がる天然の旨み 庄内地域では、一年を通して新鮮な魚介類を味わえますが、岩牡蠣は夏(6月下旬から8月中旬頃)の人気食材です。   庄内産の殻付きの天然岩牡蠣は地元の鮮魚店はもちろん、東北各地、関東地域などの鮮魚専門店、魚料理の和洋食店で扱われているようです。   地元では、吹浦漁港の近く、潮の香りの漂う道の駅鳥海「ふらっと」にある漁協女性部...... 続きを読む

天然の岩牡蠣を素潜りでとる庄内浜の岩牡蠣

岩牡蠣通販 天然岩牡蠣 岩牡蠣

    岩牡蠣のシーズンは6月から8月中旬まで シーズンは6月から8月中旬までの約2カ月間。6月からだんだん大きくなって白い部分のミルクが大きくなるのが7月に入ってから、岩牡蠣独特のダイナミックな美味しさが楽しめます。   かつて夏に生ガキが食べられるのは庄内浜から秋田県までの限られたところだけでした。天然岩牡蠣は夏にいちばん美味しくなる生ガキですから、レアな岩牡蠣ファンは全国から訪れていました。 &nbs...... 続きを読む

山形の芋煮会とは

いも煮会 芋煮会 山形の芋煮会

  芋煮会は秋のお花見のようなイベント 山形の秋の風物詩といえば間違いなく「芋煮会」です。 今年も9月の「日本一の芋煮会フェスティバル」がお天気に恵まれ3万食の芋煮が完売となったようです。   ひと言でいうと「秋のお花見」といった方がわかりやすかもしれません。そんなイメージで職場の芋煮会、町内、自治会の芋煮会、プライベートの仲間たちと盛上げる芋煮会などです。シーズンになると頻繁ありますから芋煮疲れの方も多いのではというくらいに、...... 続きを読む

庄内の厳冬の寒鱈を使った寒ダラ汁とは

寒さ厳しい冬に食べると、体があったまり栄養たっぷりの寒鱈汁。庄内地方では皮ごとぶつ切りにした鱈(頭、内臓、骨すべて)を味噌で仕立てる鱈汁を庄内では通称「どんがら汁」といいます。 どこの家庭でも冬になれば食べるごちそうです。     寒鱈汁には脂の乗った寒ダラの白子、たらこ、アブラワタが 脂ののったアブラワタ(肝臓)を一緒に煮込むことで何とも言えない美味しさになる。鱈は水分の多い魚で鮮度が落ちやすいため庄内ではあたりまえ...... 続きを読む

山形では日本一の芋煮会はじまる

    直径6メートルの鍋がひと際目立つ日本一の芋煮会 何もかもスケールが大きい日本一の芋煮会フェスティバル。山形市で毎年9月に開催される目玉イベントです。このお鍋の大きさは直径が6メートルと驚き、材料も調理器具も全て常識を覆す大規模なトン単位の鍋料理、その名の通り日本一のスケール。 この6メートルの大鍋に入れられるメインの食材は、里芋3トン、牛肉1.2トン、こんにゃく3500枚、長ネギ3500本、調味料は味付け醤油700リット...... 続きを読む

ページの先頭へ戻る

Copyright©味の農園 All Rights Reserved.