全商品を見る
トップページ > くだもの歳時記 > だだちゃ豆の美味しさの秘密は根粒菌

くだもの歳時記

だだちゃ豆の美味しさの秘密は根粒菌

根粒菌 白山だだちゃ豆 だだちゃ豆通販

 

 

 

 

美味しい豆の基本は根を丈夫に育てる


ぷっくらとおいしそうに膨らんだ「だだちゃ豆」のおいしさの決めては「根粒菌」をいかに多くするかにかかっています。

 

だだちゃ豆はほかの作物のような連作障害(同じ土地に同じものを作ると障害が起きる)がありません。それは根粒菌が連作障害を回避する役割を担っているからだといわれています。

 

逆に「だだちゃ豆は」同じ土地に作付することによって大事な根粒菌を増殖して作物の健康な生育を支えているのです。根粒菌の働きを活性化するにはだだちゃ豆の根を強くして働きを旺盛にすることです。

 

根を強くすることで根粒菌が活性化して美味しいだだちゃ豆がつくられる仕組みと言えるのです。

 

 

注意:瘤(コブ)に根粒菌があるので「根瘤菌」と表記する場合もあるようですが、どちらも正しい表記とみなしています。

 

根粒菌 白山だだちゃ豆 だだちゃ豆

丸い粒々のコブのようなものが根粒菌を作りだすコブ


 

 

 

 

 

根粒菌は空気中の窒素を栄養分に換えて供給する


根粒菌は根っこについている丸い球状の根粒に住む細菌。大気中の窒素をアンモニアに変換し、宿主の植物の生育に欠かせない窒素を供給する働きをしています。だだちゃ豆にはこの根粒菌が欠かせません。

 

だだちゃ豆の根をよく視ると根っこに無数の小さな丸いコブのようなものが視られます。これが根粒菌を増殖するコブです。このコブが沢山あるほど根粒菌が活性化していることの証しといいます。

 

 

 

 

白山だだちゃ豆 だだちゃ豆通販 だだちゃ豆土寄せ

土寄せ作業は手間暇かけて入念に行う


 

 

 

 

根を活性化して強くする土寄せ作業


手間暇を惜しまずにこまめに土寄せを何度も繰り返すことで、根粒菌が増殖して株がしっかり安定し強風や梅雨の雨から「だだちゃ豆」を守ります。目には見えないながら土の中に、この根粒菌を増やすことで、「だだちゃ豆」が健康な株に育ち、より一層美味しい「だだちゃ豆」が育つというわけです。

 

 

そしてまた、根粒が根にたくさんできると通気性もよくなり、病気に強く健康な豆が収穫できます。根粒菌は目に見えないけれども土の中で活躍することで大事な「だだちゃ豆」の旨さを守る最高のパートナーといえます。

 

 

 

白山だだちゃ豆 だだちゃ豆 根粒菌

入念に根粒菌の状態を観察することもだだちゃ豆の美味しさにつながる


 

 

 

 

根粒菌を増やすための土寄せ作業


伊藤さんの畑では植付けしてから収穫するまでに土寄せは4-6回(品種や植付け時期によって違い)しています。専用の機械を使って行いますが、10日間隔でお天気と相談しながら何度も繰り返し手間暇惜しまず作業します。

 

だだちゃ豆の土寄せとは中耕培土とも言います。

中耕、培土とは植え付けられた畝と畝の間を耕しながら土を寄せていく作業です。作物の栽培において、作物の株際(かぶぎわ)に土を寄せる作業をいい、土寄せともいいます。

 

だだちゃ豆の茎の基部を土で押さえて倒伏を防ぐ物理的効果のほかに、培土によって茎の基部から不定根を発生させることも倒伏への抵抗強化となり、だだちゃ豆の茎の倒伏を防ぎます。

 

 

 

白山だだちゃ豆 だだちゃ豆通販 だだちゃ豆

広くゆったりした株間(株と株の間)は収穫のころには混雑してくる


 

 

 

根粒菌を増やすために株間を広くとる


広く株間を取ることで土寄せの作業はやりやすくなり、太陽の光も入りやすくだだちゃ豆の根の張りにゆとりが生まれ根が活性化してきます。

 

伊藤さんのだだちゃ豆の株間はちなみに通常70センチに対して90センチの広い株間になっています。もちろん中耕、土寄せの作業の効率も良くなります。

 

何といっても日光の取り込み、太陽の光がだだちゃ豆の株元(土から茎が出ている所)まで届くようになります。そして根が混み合わないため根の占有する面積も広がり根の張りが良くなって根粒菌も活性化してきます。

 

株間(株と株の間)を広くとる。だだちゃ豆の通常の栽培より間隔を(90㎝)と一般より30%広くとって根元まで太陽の光をたっぷり浴びさせ、強い根をたくさん土の中で育てるのが伊藤さんの栽培方法です。

 

 

 

だだちゃ豆 だだちゃ豆通販 白山だだちゃ

だだちゃ豆の美味しさの秘密は根粒菌にあると云われます。土寄せなど土を何度も耕すことで根粒菌が旺盛に働きます


 

 

 

美味しいだだちゃ豆づくりは根粒菌を増やすこと まとめ


広く株間を取ることで土寄せの作業はやりやすくなり、太陽の光も入りやすくだだちゃ豆の根の張りにゆとりが生まれ根が活性化してきます。

 

根を強くすることは根粒菌を活性化し旺盛にすることに繋がります。何といっても根を健全にするには手間暇を惜しまない土寄せ作業が欠かせません。

 

土寄せをすることで根が強く旺盛になり根粒菌が増殖して、根がますます強くなっていくことで根粒菌もまたますます旺盛になっていくという善循環を生み出すことになるのです。

 

つまり、根を強くすることでこの根粒菌が活発に働き、美味しいだだちゃ豆を育ててくれるのです。

 

 

 

 


▼▼お取り寄せはこちらから▼▼

白山だだちゃ豆 殿様だだちゃ豆 だだちゃ豆

白山だだちゃ豆 殿様だだちゃ豆 だだちゃ豆お取り寄せはこちら

香ばしさ際立つ枝豆「だだちゃ豆」

 

茹でるとトウモロコシのような香ばしい風味が強く伝統の枝豆はあまい香りが広がり、やめられない独特のおいしさが特徴。

だだちゃ豆の種子は自家で選抜淘汰を繰り返し自家採種し、白山地区では門外不出の家伝の宝として扱っています。

長い期間に渡り生産者の情熱と地域がこぞって競い合って「だだちゃ豆」の栽培に努力してきた人気の在来種「だだちゃ豆」。

だだちゃ豆、白山だだちゃ豆は鶴岡市白山地区(大泉地区)に伝わる伝統野菜であり庄内地方で愛される夏の風物詩です。

 

4000円から  送料無料!

https://www.ajfarm.com/fs/ajfarm/c/gr10

 


ページの先頭へ戻る

Copyright©味の農園 All Rights Reserved.