全商品を見る
トップページ > くだもの歳時記 > 美味しい早生ふじ(昂林 こうりん)の選び方

くだもの歳時記

美味しい早生ふじ(昂林 こうりん)の選び方

昂林 早生ふじ昂林 昂林こうりん

 

 

昂林(こうりん)は早生ふじのひとつ


昂林(こうりん)は「早生ふじ」の1つとされていて、一般的に「早生ふじ」と呼ばれています。「ふじ」よりも1か月ほど早い9月下旬頃から山形県では出荷されます。

 

昂林(こう林)は福島県で発見されたふじの枝変わりとされ、交雑種または変異種と言われていますが、その来歴は良く分かっていないようです。

 

一般的には早生ふじの一種として扱われて、外見や食味などの特徴もふじとよく似ています。

 

また、早生ふじとは品種名ではありません。早生ふじとは総称です。 品種名が【昂林(こうりん)】です。

 

「早生ふじ」は他にも、たくさんの品種が登録されています。 「ひろさきふじ」「紅将軍」「昴林」「涼香の季節」「やたか」などです。

 

この早生ふじの兄弟たちの中でも美味しさからいうと、あまり生産量はなく希少なりんごかもしれませんが、無袋栽培の昂林(こうりん)は香り高く、やや硬めでパリパリした食感が特徴ではないでしょうか。

 

やはり、「ふじ」の実の固さパリパリ感がいちばんあるのは昂林(こうりん)で甘味も充分あり「ふじ」以上に爽やかなりんごの香りを楽しむことができます。

 

 

昂林 早生ふじ昂林 山形りんご

無袋栽培の昂林、太陽の光をいっぱい浴びて色づいて来た。


 

 

 

太陽光たっぷりの無袋栽培の発祥の地、山形


「ふじりんご」は通常、果実に袋をかぶせて育てる有袋栽培が主流でしたが、「サンふじ」は果実に袋をかけないで生産した 無袋栽培したふじりんごを指します。

 

山形県はその無袋栽培のりんごの発祥の地なのです。ここ山形県から無袋栽培の技術は広がって全国に「サンふじ」の栽培技術が普及していったのです。

 

もちろん太陽の「サン」から由来しているのですが山形県朝日町はその朝日 =太陽の意味を持っていますがサン=無袋栽培ともいえます。このように山形県は無袋栽培の蜜入りふじリンゴ「サンふじ発祥の地」なのです。

 

 

 

昂林(こうりん)も無袋栽培してサンこうりん


 

無袋栽培に移行していった理由は、年中、陽に当っているりんごのほうが糖度も高くまた蜜もいっぱい入って、見た目は良くないが格段に美味しいからという発想の転換でした。

 

それ以上に貴重な太陽のエネルギーを目いっぱい有効利用した栽培方法とも言えます。もちろん山形県ではこの技術を他のりんご栽培にも取り入れています。

 

昂林(こうりん)の栽培ももちろん無袋栽培の「サン(太陽)」の技術を大いに取り入れて栽培しています。

 

そして、山形の地の利といえる朝夕の厳しい冷え込みが生み出す環境「昼と夜の温度差があるから美味しく育つ」のが大きな魅力になります。

 

山間部の温度格差の大きい山形県、特に果樹地帯である村山盆地の自然条件も朝夕の独特の冷え込みによるところが実は大きいことも確かです。

 

 

 

昂林 早生ふじ昂林 昂林こうりん

早生ふじ昂林は爽やかな香りが強くパリパリの食感


 

 

 

 

「濃厚な味のふじ」と早生ふじ(昂林)との違い


「ふじ」と比べるとやはり味でいえば、当然ですが「ふじ」の蜜の入った濃厚な味には程遠く、「爽やかな香り高いリンゴ」と言った印象になります。

 

ひと言で表現すると「濃厚なふじ」「爽やかな香り、昂林」といえます。昂林(こうりん)はやはり1カ月早く収穫できる「早生の品種・早生ふじ」なのです。

 

もちろん、「ふじ」の血筋を引いていますから似ているところは沢山ありますが、大きな違いは収穫時期です。1カ月違うということは、こんなに違うのかと思うほどの違いはあって、同じ品種とは言いずらいところがあるのです。

 

 

早生ふじ 昂林(こうりん) 山形りんご通販

早生ふじの中でも「ふじ」に似ている昂林(こうりん)


 

 

 

早生ふじは昂林(こうりん)のほかに数種ある


秋の1カ月の違いはお天気をみれば歴然としています。10月と11月のお天気を想像してみるとよくわかると思います。早生は早生、晩生には及ばないものがあって、晩生も早生には及ばないものがあるということです。

 

昂林のほかに「早生ふじ」は他にも 「ひろさきふじ」「紅将軍」「昴林」「涼香の季節」「やたか」などがありますが、それぞれ特徴があって長所も、短所もあるわけです。いずれも「ふじりんご」の遺伝子をもつものだけあって甘く酸味も程良く美味しいリンゴには間違いありません。

 

私たちはその中でも昂林(こうりん)に一日の長を見出したのです。これらの早生ふじの中でも収穫が遅いという特徴があるところがいちばんの特徴といえます。簡単に申し上げれは「ふじりんごにいちばん近い品種」ということが言えるのではないでしょうか。

 

歯ごたえの良いパリパリした甘い食感と爽やかな香り高いりんごという長所を見出し、太陽いっぱいの無袋栽培にしてお薦めしています。

 

 

 

 

美味しい早生ふじ(昂林 こうりん)の選び方 まとめ


外観はふじに似ていて、果肉はややかため。甘味の中に適度な酸味があり、みずみずしくて香りがよく風味良好です。稀に少し蜜が入ることもありますが、この時期のりんごに蜜は期待しない方が良いでしょう。

 

果皮が赤く染まり、持ったときに重量感の感じるものがおすすめです。無袋栽培の昂林は果皮の着色が少し薄めだったりムラが生じることがありますが、味には影響しないのであまり気にしなくてよいでしょう。

 

また、お尻の部分のチェックは重要なポイントです。ですから、お尻は出来るだけ丸みのある方を選びます。そして緑がかったものは未熟なものなのでよりは黄色っぽいか赤みが多い方が美味しい昂林(こうりん)と判断が出来ます。

 

 

 


■蜜入りセンサー検定済サンふじ こちらから

ふじりんご通販 ふじりんご 蜜入りリンゴ通販


▼▼▼ お取り寄せはこちから ▼▼▼

山形りんご サンふじ こうとく

山形りんご サンふじ こうとく爽やかな香り昂林(こうりん)究極の蜜入り!「こうとく」

山形は寒暖の差が激しい盆地特有の気候で、りんご本来の美味しさが生じる完熟期と収穫期が見事に合致する、日本有数のリンゴの産地です。

10月のりんご昂林(こうりん)にパリパリした甘い食感と爽やかな香り高いりんごという長所を見出し、太陽いっぱいの無袋栽培にしてお薦めしています。

 

人気の秘密は、なんといっても果肉の大半を占めるアメ色 の蜜入りりんごの生産地の山形県でも生産量が少ないため、大変希少なりんごとなっています。

11月の「こうとく」は全面に蜜が入り、食味、香りが高いりんごとして評価が高くなってきました。

 3,600円から  送料無料!

https://www.ajfarm.com/fs/ajfarm/c/gr2

 

 

 

 


ページの先頭へ戻る

Copyright©味の農園 All Rights Reserved.