全商品を見る
トップページ > くだもの歳時記 > 庄内柿は刀を鍬に開墾した庄内藩士の魂

くだもの歳時記

庄内柿は刀を鍬に開墾した庄内藩士の魂

 

庄内藩士の開墾に始まる柿のお話し


さて、今回は庄内藩士の開墾に始まる柿のお話です。時代はずっと遡り幕末から明治に代わる頃の庄内藩の顛末になります。当時、徳川譜代の庄内藩は賊軍と呼ばれ、江戸を落ち会津、米沢と共に戊申戦争を最後まで戦い恭順して終ります。藩主の謹慎、公地没収などの処分を受ける中、明治四年には廃藩置県となり、月山山麓の原野(松ヶ岡)を開墾する一大事業が持ち上がります。

 

松ヶ岡開墾場は、明治維新直後、旧荘内藩家老菅実秀が、肝胆相照らした仲の明治 政府参議、西郷隆盛の勧めにより、養蚕による庄内の再建を目指して壮大な開墾事業に着手します。 明治五年、旧庄内藩士約三千名は刀を鍬に持ち替えて、広大な原生林100ヘクタールを開墾したのです。

 

昼夜を問わず働き、犠牲者が多数出るほど開墾は過酷を極めたが、58日という驚異的な期間で完成させました。その後、明治8年には310ヘクタールの桑園を新たに造成し、日本最大の蚕室を完成させました。

 

 

 

庄内柿は酒井調良が開発して普及する


「徳義を本とする産業報国」「賊軍降伏の恥をそそぐ」「朝廷及び旧藩主への報恩」この三つを目的とし心を一つにした開墾奉仕作業でした。士族が生計のためでなく奉仕として開墾した例は全国にありません。

 

また庄内柿は松ヶ岡の開墾に当初から参加した酒井調良という人が、松ヶ岡の将来を考え、養蚕に続く作物として開発した作物なのです。当時は難しかった渋柿の渋を抜く方法を独自に開発して松ヶ岡に限らず広く庄内地方の農家のために技術を惜しまず普及に努め、販売を東京、北海道にまで広げる営業活動までもしたのです。

 

 

 

庄内藩士の開拓者の精神が今も残る


それから百四十年余が過ぎ、現在は時代の変遷を乗り越えて56戸の藩士の末裔が庄内藩士の魂を代々受け継いで「松ヶ岡農場」として運営に当たっています。こうして、庄内地方で農業の中核として地域をリードしてきた松ヶ岡農場は現在でも月山山麓に開拓者の精神を守り抜き220ヘクタールを耕作する庄内柿の一大産地としその歴史と精神を継承しています。

 

 

今度、松ヶ岡農場よりご縁をいただき販売活動に参画させていただくことになりこの歴史ある産品をご紹介させていただくことになりました。 この月山山麓の松ヶ岡で育った高品質の庄内柿の品種「平核無」に庄内藩士の開拓者の精神を称え、「さむらい柿」と命名して皆さまにご紹介させていただこうと思います。

 

 

 

月山山麓の300haを開墾、広々とした柿畑が続く。

月山山麓の300haを開墾、広々とした柿畑が続く。


庄内柿の収穫風景。酒井調良が生産技術の普及、渋抜き技術の開発、営業活動までして広めた

庄内柿の収穫風景。酒井調良が生産技術の普及、渋抜き技術の開発、営業活動までして広めた


庄内柿 松ヶ岡 柿

松ヶ岡農場の皆さん、開墾した庄内藩士の末裔になります


 

 

 


 

庄内柿 種なし柿 柿

庄内柿 柿 松ヶ岡

あまーい種なしの柿「庄内柿」

 

食べやすい種なし柿 庄内柿

平核無(ひたたねなし)「種なし柿」としてよく出回っている品種で「庄内柿」や「おけさ柿」とも呼ばれます。

鶴岡市羽黒町松ヶ岡地区は庄内柿発祥の地であり、明治5年(1872年)に旧庄内藩士3000名が刀を鍬にかえて開墾した土地です。明治5年から今日まで幾多の困難をのりこえ、開墾事業を大きく進展させてまいりました。

 

3900円から  送料無料!

 

https://www.ajfarm.com/fs/ajfarm/c/gr16

 


ページの先頭へ戻る

Copyright©味の農園 All Rights Reserved.