全商品を見る
トップページ > くだもの歳時記 > 「だだちゃ豆」は鮮度が命です。収穫作業は早朝から

くだもの歳時記

「だだちゃ豆」は鮮度が命です。収穫作業は早朝から

だだちゃ豆 白山だだちゃ豆 だだちゃ豆通販

 

 

だだちゃ豆の旬は真夏だから鮮度が命、早朝に収穫して発送する


真夏に旬を迎えるだだちゃ豆の収穫は猛暑の中の大変な作業です。新鮮さが美味しさの大切なところだけに早朝5時には収穫が始まります。そして7月からお盆のお休みも無く9月上旬まで続きます。

 

鶴岡市の白山(大泉地区)で代々白山だだちゃ豆を栽培する伊藤さんのだだちゃ豆の収穫の作業は特に選別に重きを置いて選別が徹底されているので高品質の新鮮なだだちゃ豆をお届けできるように配慮がされています。

 

この期間、嵐になっても雨が降ろうが作業は休むことはありません。毎日の出荷量が計画された通りにすすめられていくのです。お盆のころにこの計画を見直しして、早生白山(品種)から白山(本豆)に切り変わる頃にだだちゃ豆の生育具合をみながら、晩生種の収穫計画を見直すのだそうです。

 

収穫の基本は出来るだけ気温が低い早朝に収穫して出来るだけだだちゃ豆にストレスを与えないで、何より新鮮で美味しい状態でお客さまにお届けすることが生産者、伊藤稔さんの信条なのです。

 

つまり、伊藤さんのだだちゃ豆の収穫の基本はストレスを与えない早朝の収穫をすること。そして特に豆の選別を徹底すること。出来るだけ短時間に袋詰めまでして冷蔵すること。ここにつきるようです。

 

 

 

「だだちゃ豆」の作業体系、早朝収穫して発送するまで


 

 

①収穫機械で枝ごと刈り取って作業室へ運び込みます。(朝5時から8時)

 

 

だだちゃ豆 白山だだちゃ豆 だだちゃ豆通販

だだちゃ豆にストレスを与えないために気温の低い早朝の作業が続きます


 

だだちゃ豆 白山だだちゃ豆 だだちゃ豆通販

早朝にだだちゃ豆を刈り取り、出来るだけ早く陽の当らない作業室に運び込みます


 

 

②葉っぱや枝のついただだちゃ豆の株を機械でサヤと枝、茎、葉っぱを分別する作業です

 

 

だだちゃ豆 白山だだちゃ豆 だだちゃ豆通販

畑から運び込まれただだちゃ豆のサヤを落とすため茎や葉っぱごと機械に入れます


だだちゃ豆 白山だだちゃ豆 だだちゃ豆通販

だだちゃ豆の葉っぱや茎と豆の入ったサヤが分別されて出てきます


 

③分別されたサヤだけを集めて機械で異物を選別しながら水洗いします。

 

 

 

だだちゃ豆 白山だだちゃ豆 だだちゃ豆通販

だだちゃ豆のサヤだけが洗浄器にかけられ細かな土を洗い流します


 

 

④水洗いしただだちゃ豆のサヤを脱水しながら機械で選別していきます

 

 

だだちゃ豆 白山だだちゃ豆 だだちゃ豆通販

だだちゃ豆のサヤだけがきれいになって仕上げの洗浄器でながれていきます


 

だだちゃ豆 白山だだちゃ豆 だだちゃ豆通販

きれいに洗浄された「だだちゃ豆」だがこれからまた厳しい選別が続く


 

⑤機械選別しただだちゃ豆をコンベアーに流し、人の目視で厳しい選別をします。

 

 

だだちゃ豆 白山だだちゃ豆 だだちゃ豆通販

いちばん大事な選別はやはり慣れた人の目で厳しく選別され実入りのしっかりしただだちゃ豆だけが製品に


 

 

だだちゃ豆 白山だだちゃ豆 だだちゃ豆通販

未熟の豆を見逃さないように、この作業がベテランの人たちで管理されている


 

⑥だだちゃ豆を自動計量機にかけて鮮度保持のための特殊な袋に袋詰め作業をします。

 

 

だだちゃ豆 白山だだちゃ豆 だだちゃ豆通販

きびしく選別されただだちゃ豆はここではじめて袋詰めされます。


 

 

⑦自動計量され鮮度保持パッケージに袋詰めされただだちゃ豆を人の手で最終の計量、検品します。

 

 

 

だだちゃ豆 白山だだちゃ豆 だだちゃ豆通販

鮮度保持パッケージに入れ自動計量器で計量されたものを人の手でもう一度検品され封印シールします


 

 

⑧検品が終わったらすぐに鮮度を保つために発送されるまで3℃の冷蔵庫で保管します。

 

 

だだちゃ豆 白山だだちゃ豆 だだちゃ豆通販

鮮度保持できる特殊なパッケージに入れ可能な限り鮮度を守ります。だだちゃ豆は鮮度が命です。

 

 


 

 

 

 

「だだちゃ豆」は鮮度が命です。収穫作業は早朝から まとめ


真夏に旬を迎えるだだちゃ豆の収穫は猛暑の中の大変な作業です。新鮮さが命、美味しさの大切なところだけに早朝5時には収穫が始まります。そして7月からお盆のお休みも無く9月上旬まで続きます。

 

真夏の猛暑の時期だけに収穫の基本は出来るだけ気温が低い早朝に収穫して出来るだけだだちゃ豆にストレスを与えないで、何より新鮮で美味しい状態でお客さまにお届けすることが生産者、伊藤稔さんの信条なのです。

 

伊藤さんのだだちゃ豆の収穫の基本はストレスを与えない早朝の収穫をすること。そして特に選別を徹底すること。出来るだけ短時間に袋詰めまでして冷蔵すること。

 

それは、高品質の新鮮なだだちゃ豆をお客様お届けするための重要な配慮です。

 

 

 

 

 


 

 

白山だだちゃ豆 殿様だだちゃ豆 だだちゃ豆

白山だだちゃ豆 殿様だだちゃ豆 だだちゃ豆お取り寄せはこちら

香ばしさ際立つ枝豆「だだちゃ豆」

 

茹でるとトウモロコシのような香ばしい風味が強く伝統の枝豆はあまい香りが広がり、やめられない独特のおいしさが特徴。

だだちゃ豆の種子は自家で選抜淘汰を繰り返し自家採種し、白山地区では門外不出の家伝の宝として扱っています。

長い期間に渡り生産者の情熱と地域がこぞって競い合って「だだちゃ豆」の栽培に努力してきた人気の在来種「だだちゃ豆」。

だだちゃ豆、白山だだちゃ豆は鶴岡市白山地区(大泉地区)に伝わる伝統野菜であり庄内地方で愛される夏の風物詩です。

 

4000円から  送料無料!

https://www.ajfarm.com/fs/ajfarm/c/gr10

 

 

 


ページの先頭へ戻る

Copyright©味の農園 All Rights Reserved.