全商品を見る
トップページ > くだもの歳時記 > 「種なしブドウ」は何故できる

くだもの歳時記

「種なしブドウ」は何故できる

ぶどう 山形ぶどう デラウエア

 

種なし葡萄の出来るしくみ「ジベレリン処理」とは


種なし葡萄はジベレリンという植物ホルモンによる処理によって種なしブドウが出来ます。ひとつ一つのぶどうの房を手作業でジベレリン処理を行うためとても手間のかかる栽培方法です。

 

通常、果実はめしべの柱頭に花粉がついて受粉することで子房の中に種子ができ、子房がふくらんで実になります。

ところが、ぶどうは受粉しなくても、房をジベレリン液に浸すことで実を作ることができます。その結果、受粉していないので種なしぶどうができるというわけです。

 

ジベレリン処理はブドウが開花受粉をむかえる満開前と満開後の2度にわたって行います(品種によって時期が異いあり)1度目は種なしにするため、そして2度目は果粒を肥大化させるためです。2度目の処理をしないと果粒が成長しないため、手間がかかりますがこの作業は種なしぶどうには欠かせない作業になります。

 

 

種の無いブドウ「デラウェア」や「種なし巨峰」「種なしピオーネ」


このように大変な作業のおかげでおいしい種なしぶどうが食卓に届いているんですね。ただ、ジベレリン処置は完璧ではなく品種によっては種が少し残ってしまうものや、味がかすかに薄くなってしまうものもあるそうです。

 

ぶどうには「種ありブドウ」と「種なしブドウ」がありますが、消費者に人気なのは種を取らずに食べられる食べやすい種なしブドウのほうです。この人気の高い種なしブドウ、じつはその多くは最初から種がないのではなく、栽培の過程で「ジベレリン」などの植物ホルモンを使用することで種なしにしているのです。

 

よく店頭で見かける種の無いブドウ「デラウェア」や「種なし巨峰」「種なしピオーネ」などがこのタイプです。ちなみに、もともと種のない品種もありますが一般的に出回る品種ではないということです。

 

 

ぶどう 山形ぶどう デラウエア

種なし葡萄といえば「デラウエア」というくらいジベレリン処理の歴史も古い品種といえます

 

 

種なしぶどうに欠かせない植物ホルモン「ジベレリン」のおはなし


さて、ジベレリンとはどんな物なのでしょうか。植物ホルモンは、植物が発芽し、茎や葉を伸ばし、花を咲かせ、実をつけたりするのに必要なもので植物自体が持っているものです。危険といわれている環境ホルモンとは全く違うものです。

 

植物ホルモンの有名なものには、オーキシン、ジベレリン、サイトカイニン、エチレンなどがあります。この中で農業に利用されているものを、植物成長調整剤と呼んでいます。今回は、最もよく利用されているジベレリンについて紹介します。
ジベレリンは、日本人が発見した世界に誇れる植物ホルモンであり、現在も農業だけでなく、いろんな分野で活用されています。

 

 

日本人が発見した世界に誇れる植物ホルモン「ジベレリン」


さて、ジベレリンは何から発見されたのでしょうか? 種子消毒が十分でない水稲(米)の育苗で、葉色が薄く、ほかの苗よりも抜きんでて伸びている苗を見かけることがあります。このイネがヒョロ長く伸びる病気を「イネばか苗病」といい、その苗を植えても、草丈は伸びるがやがて枯れてしまいます。

 

この“伸びる”という作用に着目した日本人研究者が、イネばか苗病菌から取り出したものをイネなどの植物にかけると植物がよく伸び、伸長促進効果があることを確認し、「ジベレリン」という物質として発見したのが最初です。

 

つまり、最初は植物ホルモンとしてではなく、菌が出す物質として発見されたのです。その後、インゲンなどのマメ科植物やタケノコなど、どんどん伸びる植物からも発見され、植物自身が持っている植物ホルモンの一種として位置づけされました。

 

現在、ジベレリン類は、100種類以上が様々な植物から発見されています。それでは、どのような作用があるのでしょうか? ジベレリンなどの植物ホルモンは、処理する時期や作物によってその作用は変わってきます。

 

ぶどう 山形ぶどう ピオーネ

ジベレリンで処理された種なしピオーネ

 

 

「ジベレリン」の代表的な作用は4つあります


 

1.茎や葉を伸ばす作用

 

2.受精なしに果実を大きくさせる作用

 

3.開花を早める作用

 

4.休眠中の種子を発芽させる作用(休眠打破)

 

などがあります。

 

 

 

種なし葡萄の仕組みとは  まとめ


ジベレリンとはどんな物かといいますと植物ホルモンであることは間違いないことですが、植物が発芽し、茎や葉を伸ばし、花を咲かせ、実をつけたりするのに必要なもので、植物自体が持っているものです。危険といわれている環境ホルモンとは全く違うものです。

 

単為結実とは生物学用語で被子植物で受精が行われないのに子房だけが発達し 種子のない果実を生ずる現象。自然状態ではミカン・パイナップルなどに見られ,人工的 にはジベレリン処理(ブドウ)などによって起こすことができることいいます。

 

特に単為結実の作用は、農業では広く利用されています。今では当たり前になっていますが、ブドウにジベレリンを処理して「種なしブドウ(デラウェアなど)」を作っています。これはジベレリンの実用化された利用方法の中でも最も成功した例です。

 

その他に、ミカンの落果防止やシクラメンの開花促進などにも主に農業分野で広く活用されています。

 

ぶどう 山形ぶどう ピオーネ

緑系のシャインマスカット、種も無く皮ごと食べられます

ぶどう 山形ぶどう ブドウ

ぶどう 山形ぶどう ピオーネ

  山形のぶどう

 

栽培されている品種は、大粒種は巨峰、ピオーネ、シャインマスカット、ゴルビー、瀬戸ジャイアンツ

高雄、安芸クイーン、藤稔、ロザリオビアンコ、オリンピア、翠峰、伊豆錦、ロザリオロッソなどなど。

昼夜の寒暖の差が大きく、成熟期に雨が少ないなどの条件も、県内のぶどう産地は満たしており、山梨の勝沼地方ともよくにているといいます。

 

3種セット 5000円から 送料無料!

https://www.ajfarm.com/fs/ajfarm/c/gr34

 

 

 

 

 

 

 


ページの先頭へ戻る

Copyright©味の農園 All Rights Reserved.