全商品を見る
トップページ > くだもの歳時記 > さくらんぼの上手な取り扱い方とは

くだもの歳時記

さくらんぼの上手な取り扱い方とは

さくらんぼ 取り扱い方 佐藤錦

 

 

私たちはサクランボの上手な取り扱い方を実践いただいて多くの皆様に山形特産のサクランボを美味しく召し上がっていただきたいものと考えています。


そこで サクランボ特有の性質からみた取り扱い方とは、サクランボの生産現場からみた取り扱い方とは、サクランボの発送方法からみた取り扱い方 サクランボの受け取りから召し上がりまでの扱い方、までの各段階ごとの取扱い方を順を追ってお伝えしていきます。

 

 

 

 

サクランボ特有の性質からみた取り扱い方


サクランボはデリケートなくだものです。 サクランボは「ピカピカに輝く甘く美味しい旬の味覚」として多くの人たちが賞賛してくれます。しかし、そのイメージとは正反対に、さくらんぼはデリケートで日持ちが悪く、劣化しやすい果物なのです。

 

温度変化と湿度変化(乾燥と結露)に弱いので、保存する場合は細かな注意が必要。また、さくらんぼは基本的に3日以上の保存には問題があると思って取り扱った方がいいでしょう。

 

このように、さくらんぼはくだものの中でもいちばんデリケートで扱い方が難しいフルーツと考えられます。特に最近は、生産地でギリギリまで完熟にして収穫し、お送りする佐藤錦が主流になっていますからますます取り扱い方はデリケートで難しくなってきているようです。

 

取り扱いが難しいことはサクランボのお取り寄せの場合、クレームとして現れます。このクレームが多いこともサクランボの取り扱いが難しいといわれる所以となのです。

 

もちろん、サクランボの美味しさを追求するあまり時折、完熟過ぎるものが出来てしまうとか価格が高いことからくる期待感も大きいことからくる落差がそうさせるのかもしれません。原因としていちばん多いのが、完熟から過熟となる品質によりクレームになる場合、またクール便使用による事故も少なくないことも事実として存在しています。

 

 

さくらんぼ通販 佐藤錦 さくらんぼ扱い方

サクランボはプラスチック容器から出し吸水性のあるキッチンペーパー上に。

 


 

 

▼乾燥と結露の弱いこと、温度変化を出さない事が大切

 

保存する場合は、プラスチックの容器から出して、乾燥させないよう新聞紙、クッキングペーパーなどに包み、常温便で届いた場合は冷暗所、クール便の場合はすぐ冷蔵庫に入れ保存します。温度変化を出さないようにするためです。そして出来るだけ早めに食べましょう。

 

お店で購入した場合も出来るだけ冷暗所を利用し温度変化をつくらないようにします。サクランボは結露と乾燥に弱いので、どうしても2‐3日保存したい場合は結露しないようにプラスチックのパックから出して乾燥しないよう新聞紙などの吸湿性のある資材で包むなどして直接冷気を当てないで冷蔵保存するのが基本です。

 

サクランボは温度変化ばかりでなく結露や乾燥といった湿度変化にも弱いのです。

 

当日に食べるのであれば出来るだけ冷蔵庫は使わないで冷房の効いた涼しい部屋に置いて下さい。暗所に置いたからと言って、あまり長期保存しないで下さい。あくまでも美味しく食べるための保存です。

 

 

 

 

▼サクランボは出来るだけ早めに食べきること 

 

購入して、すぐに食べたい時は、冷水にさっと通して冷やすとおいしく食べられます。水洗いして2-30分冷蔵庫で冷やして食べるのも美味しく食べるコツです。サクランボは収穫した時から、どんどん味が落ちていきます。新鮮なうちに食べるのが何より美味しくいただく方法です。

 

少しの間保存したい場合は、新聞紙などに包んで出来るだけ涼しいところにおいておきます。保存期間は長くて2日位と思ってください。

 

通販でサクランボを買った場合でも、常温便で届いた場合は、冷暗所に、クール便で届いた場合は結露させないようにすぐに冷蔵庫の野菜室に入れて下さい。

 

 

 

さくらんぼ扱い方 さくらんぼ通販 佐藤錦

さくらんぼは届いたら常温便は冷暗所にクール便は冷蔵庫野菜室に入れる


 

 

 

 

サクランボの生産現場からみた取り扱い方


 

▼サクランボの鮮度を保つため産地では早朝に収穫して、朝採れサクランボで発送

サクランボはトマトなどのように収穫してから追熟して色着きが良くなる事や美味しくなる事はありません。収穫した時がいちばん美味しい瞬間で、そこを頂点としてすこしずつ鮮度とともに食味も下がっていくくだものです。

 

この点が他のくだものとは大きく違う特徴です。ですから、朝採りしたサクランボを出来だけ早くお客さんにお届して、出来るだけ早く食べていただくことが理にかなったことになります。

 

また、さくらんぼは、収穫前の樹上にあっても温度変化に弱く、収穫する時の気温によっても日持ちが変化します。特に雨除けハウスになると高い所は空気が動かず高温が留まりますから、かなりの高温になってしまいます。

 

ですから産地での収穫作業は気温が高くなる前の早朝5時から始まり、遅くとも午前10時までで一日の収穫は終了しています。そして朝採れサクランボを待っている人たちにその日のうちに発送します。

 

 

 

▼早朝5時から収穫したサクランボは日持ちがいい

 

さくらんぼは、早朝5時から遅くとも10時頃までで、収穫作業は終了します。そして朝採れサクランボを待っている人たちにその日のうちに発送します。さくらんぼは気温が高いときに収穫するとさくらんぼの樹にストレスも多くかかり鮮度に影響しサクランボの日持ちが悪くなるからです。そしてその樹に残したサクランボの実にも影響して残ったサクランボも日持ちが悪くなってしまうのです。

 

さくらんぼ狩りの場合はほとんど、観光、行楽ですからお昼前後のご利用になりますから収穫したサクランボはそれなりに日持ちが短いものとしてご理解して下さい。

 

 

もちろん当日、翌日くらいは大丈夫と思いますが・・・。「さくらんぼ狩り」などで気温が高いときに収穫したサクランボ場合は、日持ちがしないので、出来るだけ当日中に、すぐに食べきるようにしましょう。

 

 

さくらんぼ通販 さくらんぼ扱い方 佐藤錦

さくらんぼはもぎ取った時が美味しさのピークで、時間とともに美味しさは下降線に


 

 

 

サクランボの発送方法からみた取り扱い方


▼サクランボのクール便のおとし穴、「冷気ヤケ」の原理

 

サクランボのお取り寄せによる運送について、弊社の今まで30年近い通販の経験上、感じてきたことの中から感じてきたことをお伝えします。

 

クロネコヤマトの宅急便は業界最大手でもあるし輸送品質には定評があるのでなにも危惧することなく1992年、私たちははじめてクール便を利用しはじめました。

 

多くの生鮮食料品にクール便宅急便は有効な手段です。そして、私たち味の農園も積極的に利用しますが、サクランボに関してだけは、無条件で信頼しているわけではないのです。

 

それはクール便による事故が起きるのは、決まってこんなケースです。ある日、りっぱなサクランボを自信を持ってクール便で発送してお客様から翌日「ひどいサクランボが送られてきた!」とお叱りの電話を頂くことがあった事に始まります。

 

担当者が何とかサクランボの状態をお聞きすると「ひどい状態だ。みんな黒ずんで痛んで食べられない」というご返事が返ってきます。まずはお客様にお侘びして、代品を」すぐに手配してお送りする旨をお伝えします。

 

そして、すぐに同じ日に同じ便で発送したお客様にお電話して、ご贈答であれば、客様のご了解を得て、贈答先へ電話して確かめることになります。すると決まって同じこと起きていることをあるとき発見しました。

 

 

 

さくらんぼ通販 佐藤錦 紅秀峰

さくらんぼは温度変化に弱く低温にも高温にも弱い、湿度にも乾燥にも弱い

 

 


 

▼クール便の冷気の吹き出し口でサクランボが凍ってしまう

 

さくらんぼの保存適性温度は約8度に対して、これに対して、宅急便の冷蔵トラック車の温度設定は4度と非常に低いのです。しかし4℃というだけではそんなに深刻な状態には実はならないのです。

 

さらに、運悪く、冷気の吹き出し口近くに積まれてしまうと、さくらんぼは凍ってしまうのです。これが大きな問題です。そして各拠点での積み替え作業などにより、一度凍ったさくらんぼがまた溶け、また凍り…、また溶け…を繰り返して、お客様のお手元に届いたときには、見るに耐えない姿になってしまったというわけです。

 

もちろん発送の時点で、集荷にきた宅急便のドライバーさんには、冷気が当たるところには積まないようにとお願いはしてみましたが、中継後のドライバーまで徹底される保障はありません。一部の荷物だけ特別扱いにはならないのだから当然のことです。

 

このようにサクランボをクール便で送った場合に、翌日、翌々日到着であったにも関わらず考えられないような「黒ずみとみられる状態」があった場合は上記の原因と考えられる可能性が高いと思います。

 

ヤマト運輸さんともサクランボの「冷気ヤケ」の件は共有していますが・・・ この事実「クールやけ」についてヤマトさんも問題を把握していました。早急に結論めいたことはいえないが、配送のプロとして問題可決につながるように解決策を検討してくれることを返答いただいております。

 

「さくらんぼは急激な温度差に弱い果物です。だからこそ、配送方法にも気を配ってあげることが大切。山形から発送して翌々日到着地域へのお届けなので、クール便での発送だったのですが、なぜこんなことになってしまったのか…。原因を調べていくと、どうやら輸送中の温度に問題がありました。せっかくのさくらんぼをそのままおいしい状態でお届けしたい。」

 

品質に影響が出るリスクはなるべく排除したい。…ということで、クール便について情報を交換して今後の対策をよりよいものしていきたいと思っています。

 

このような内容を共有して事故を限りなくゼロにしたいと考えています。

 

 

 

完熟さくらんぼ 佐藤錦 山形さくらんぼ

さくらんぼの美味しさはデリケートさゆえの薄命の美味しさなのかも


 

 

 

 

サクランボの受取りから食べるまでの扱い方


常温便は常温で保存、クール便で届いたらすぐ冷蔵庫に

 

お店で買ってきたり、ギフトでいただいたサクランボが常温便で届いた場合、少しの間保存したい場合は、新聞紙などに包んで出来るだけ涼しいところにおいておきます。

 

出来るだけ長く保存したいときは冷蔵庫の野菜室に、出来れば新聞紙に包み入れて下さい。保存期間は長くて2日位と思ってください。

 

通販でサクランボを買った場合でも、常温便で届いた場合は、冷暗所に、クール便で届いた場合は結露させないようにすぐに冷蔵庫の野菜室に入れて下さい。

 

特に「サクランボは温度変化に弱い」ことです。クール便で届いたサクランボを玄関に、またはマンションの管理人の部屋に2時間ぐらい放置されたら痛みやすくなるのは当然です。

 

温度変化で湿気を集めて結露してしまうと一気に変色などの傷みが生じる事になります。

 

 

常温便で届いたものは、室温でも構いませんが、クール便で届いたサクランボはすぐに冷蔵庫に入れて下さい。

 

 

 

佐藤錦 さくらんぼ通販 山形さくらんぼ

クール便は生鮮食料品には欠かせないが、サクランボには微妙な問題が起きてしまうことも

 


 

 

 

サクランボのためには温度、湿度の変化を出さない


毎年、私たちは品質向上のためサクランボの鮮度保持について試験的に行いますが、温度と湿度を調節できる冷蔵庫に入れて日保ち試験をすると、温度と湿度の変化出さない条件下では1週間から1ヶ月までサクランボは保存が出来ます。

 

味も痛み方も採れたてとは違いますが問題なく美味しく食べる事が出来ます。「温度と湿度を低くして変化を出さない」ことを維持できると格段に日保ちは格段に長くなります。

 

しかし、お客様に届くまでには色々な行程があり、環境の変化の連続ですから各行程がすべて管理できているとは言えないのが事実です。これによって、もちろん少しずつ鮮度は下がっていく事には変わりはありません。

 

 

完熟さくらんぼ 佐藤錦 山形さくらんぼ

サクランボの収穫は鮮度と日持ちを考え早朝に始まり10時まで。生産者、森谷さん

 


 

 

 

さくらんぼの上手な取り扱い方とは まとめ 


サクランボは温度変化、湿度変化を出さないように気を付けて取り扱いして下さい。

 

さくらんぼはデリケートで日持ちが悪く、劣化しやすい果物なのです。温度変化と湿度変化(乾燥と結露)に弱いので、保存する場合は細かな注意が必要。また、さくらんぼは基本的に3日以上の保存には問題があると思って取り扱った方がいいでしょう。

 

さくらんぼはくだものの中でもいちばんデリケートで扱い方が難しいフルーツと考えられます。特に最近は、生産地でギリギリまで完熟にして収穫し、お送りする佐藤錦が主流になっていますからますます取り扱い方はデリケートで難しくなってきているようです

 

温度変化で湿気を集めて結露してしまうと一気に変色などの傷みが生じる事になります。

 

 

産地の生産現場でさくらんぼは、早朝5時から遅くとも10時頃までで、収穫作業は終了します。そして朝採れサクランボを待っている人たちにその日のうちに発送します。ここまでが産地で最高の鮮度を守るための最大限の努力をしています。このさくらんぼを何とかベストの状態でお届けするために私たちはあらゆる方法を考えて発送してお届けします。

 

 

常温便で届いたものは、室温でも構いませんが出来るだけ涼しい所に、クール便で届いたサクランボはすぐに冷蔵庫に入れて下さい。


 

 

さくらんぼ 発送は常温便か?クール便か?


▼▼お取り寄せはこちらから▼▼

 

完熟さくらんぼ 佐藤錦 6月サクランボ

山形さくらんぼ 佐藤錦 完熟さくらんぼくらんぼの最高峰『佐藤錦(さとうにしき)』特集

「佐藤錦」は糖度が高く、甘さ十分、そして酸味とのバランスが抜群に良い品種です。赤く色付いた果実は甘さが濃く、プリプリのさくらんぼが口の中ではじける食感はたまらない美味しさです。大粒になるほど、果肉が厚く果汁たっぷり。甘さの中に程よい酸味が加わったジューシーな食味はさくらんぼの最高峰です。

<お客様の声>

まもなく8月。早いですね!今年もおいしいサクランボを届けていただき、ありがとうございました。初めて大粒の2L「佐藤錦」を注文しました。粒が大きく、まっ赤でしっかりとした歯ごたえ。とても甘くておいしかったです。

 

4800円から  送料無料!

https://www.ajfarm.com/fs/ajfarm/c/gr83

 


ページの先頭へ戻る

Copyright©味の農園 All Rights Reserved.