全商品を見る
トップページ > くだもの歳時記 > りんごの栽培方法 こうとく サンふじの 摘果

くだもの歳時記

りんごの栽培方法 こうとく サンふじの 摘果

山形りんご こうとく サンふじ

摘蕾、摘花、摘果のタイミングはいつ頃か


りんごの栽培では、つぼみ時に行う摘蕾(てきらい)開花時に行う摘花(てきか)、実がまだ小さい時に行う摘果(てきか)があります。

 

 

摘蕾、摘果の目的は、美味しいりんご、品質の良い、充実した程良い大きさのりんごを作るためにする作業

 

りんごの摘果の時期は着果が確認され作業が出来る状態であれば早いほど効果的になります。

 

1、摘蕾(てきらい)  余計な蕾を取除く、樹に負担のないように

 

2、摘花(てきか)  開花と共に余計な花を取除く。樹に負担のないように

 

3、摘果(てきか)  全体の葉の数などを参考に最終の実の数を決める

 

の順に効果が大きいといわれています。

 

 

また、収穫時のりんご果実の大きさは、【細胞数】×【細胞サイズ】 で決定されることになります。

 

細胞分裂が盛んなのは開花後2~3週間の期間だけなので、この時期の細胞分裂にまわす栄養分を確保する事が重要な要素になります。

 

ですから満開後25日までに1回で全部摘果を終えようとすると作業が困難になりますから、遅霜などのリスクも考慮して、2日に分けて計画的に摘果作業を計画します。

 

つまり、リンゴでは満開後25日頃までに予備摘果を一巡済ましてから60日までに仕上げ摘果を行うようにします。

 

 

 

 

山形りんご こうとく サンふじ

満開から約30日の山形りんご「さんふじ」これから摘果


 

 

 

 

摘蕾に引き続きおこなう摘花と摘果


リンゴの場合は、作業可能な期間が短いので、時間が余ったときの補助的な作業となり、剪定による花芽数の制限が主な作業対象と考えた方が特別な事情がない限り正しい選択となるでしょう。

 

花弁の散る前か後かと云うだけの生育ステージによる分類で、頂芽花と腋芽の花では開花時期に2週間もの差があるため、作業現場では摘果との明確な区別は無いのです。


開花がはじまったら順次行いますが、「ふじ」と云う品種では特に落花後2~3週間を過ぎると摘み残したものが翌年まで残ってしまうのです。ですから病気を誘発したり果実を傷つけるなどの傷害を起こしやすいので、優先して作業することが大切です。

 

 

 

山形りんご サンふじ こうとく

摘果されたりんごの樹熟果、サンふじ


 

 

 

 

摘果はリスクを避け2回に分けて行う


しかし,摘果の後で遅霜の被害や早期落果があると残る果実が少なすぎる結果になります。過剰に果実を落とすことになるので,1回目の予備摘果と2回目の仕上げ摘果ので果実数を調整するように心がけています。


開花後25日頃までに行う予備摘果は,細胞分裂の終了以前に行うことが望ましくこの摘果は効果的になるけれども期間が短いのでもちろん忙しい作業となります。

 

ですからリンゴでは満開後25日頃までに予備摘果を一巡済ましてから60日までに仕上げ摘果を行うようにします。

 

同じ果叢に2個以上の実が付いたまま、肥大期の後半までいってしまうと、互いに押しのけられて果梗が変形するため、夏以降に一つだけ残そうとしても残したものまで落ちてしまう事が多い。

 

 

 

山形りんご こうとく サンふじ

摘果されたりんごの実、かなりいっぱい取除かれる



 

 

残す実の数、着果量は葉の数に応じて決める


最終の目標である着果量は必ず葉数を基準に決定し、小型種では1果に付き30枚程度、大型種で40-50枚とすることが理想とされます。


良く言われる「枝3本に1つ」とか「摘果前果実の5つに1つ」などといったものを目安にする習慣は、剪定の程度や実止まりの状態で変わるので、あまり意味が無いようです。

 

残す果実の間隔は、最終的に15cm以上必要で、これ以下では互いに日陰を作って着色が妨げられたり、傷を付ける原因となります。


定規などの道具は作業の邪魔になるので、親指だけ伸ばし手握った手(手のサイズによっては小指も伸ばす)のサイズを定規代わりに使うと便利です。

 

新梢が果実に傷を付ける事もあるので、状況により掻き取ることも大切です。

 

 

 

満開から約30日のりんご果樹園、「こうとく」と「サンふじ」  6月19日

 

 


■蜜入りセンサー検定済サンふじ こちらから

ふじりんご通販 ふじりんご 蜜入りリンゴ通販


▼▼▼ お取り寄せはこちから

山形りんご サンふじ りんご

りんご通販 サンふじ通販 ふじりんご究極の蜜入り!「こうとく」と「サンふじ」

 

人気の秘密は、なんといっても果肉の大半を占めるアメ色 の蜜入りりんごの生産地の山形県でも生産量が少ないため、大変希少なりんごとなっています。

「りんごの蜜」の部分には、自然の甘味成分が多く含まれています。りんごの蜜は、甘ったるい蜜の味ではなく「爽やかな甘み」を感じさせてくれます。

 

極ふじ(きわめふじ)は、とても着色が良くお尻まで真っ赤になるのが特徴です。食味も良く肉質は緻密で硬く、果汁が多くジューシー。

特に蜜入が良いことで食味が大変良いと生産者の中でも評価が高くなってきました。

 

 3,600円から  送料無料!

https://www.ajfarm.com/fs/ajfarm/c/gr2

 

 

 

 


ページの先頭へ戻る

Copyright©味の農園 All Rights Reserved.