全商品を見る
トップページ> アーカイブ:
アーカイブ:

スイカの切り方 種とり簡単 美味しいさ平等

すいか スイカ 尾花沢すいか

夏の風物詩すいか。小玉スイカや大玉スイカなど、様々な種類のすいかがあり、中でも山形県尾花沢で栽培されている「尾花沢スイカ」はブランドスイカとして有名です。スイカ栽培に適した尾花沢の気候が、すいかの甘さを凝縮します。鮮やかな果肉とシャリシャリ食感、高い糖度が自慢です。今回は、すいかを美味しく食べる方法をご紹介します。種を取るのが面倒…端は甘さが薄くなる…そんなお悩みを解消します。スイカは実の中心に近いほど甘いので、切り分けるときは皮から中心点に向かって三角形になるように切れば、...... 続きを読む

天然岩牡蠣の美味しいむき方

岩牡蠣 牡蠣 岩ガキ

牡蠣は、寒い時期に獲れるのが一般的ですが、庄内浜で「夏牡蠣」と呼ばれる天然岩牡蠣は、真夏が旬です。庄内浜の海底から湧き出す鳥海山の伏流水が牡蠣を美味しく育てます。水揚げしたままの殻付き牡蠣は新鮮そのもの。岩牡蠣の醍醐味です。岩ガキの一番美味しい食べ方は、やはり生食。殻むきは一見難しそうですが、コツをつかめば意外と簡単。自分で牡蠣の殻をむいて食べる天然のカキは一味違いますよ。レモンをしぼっても良いですし、もちろんそのままでも美味しく召し上がれます。...... 続きを読む

さくらんぼヨーグルトシェイク【さくらんぼレシピ】

さくらんぼ サクランボ レシピ

夏に向けて爽やかなさくらんぼドリンクはいかがでしょうか。 材料を全~部ミキサーで混ぜるだけで、 爽やかなシェイクの出来上がり! ヨーグルトをベースに、さくらんぼで爽やかな 風味をプラスしました。氷の変わりに冷凍したさくらんぼを入れても美味しいかも!氷の量を増やすとより冷たい仕上がりに、ジャムの量、ヨーグルトの割合を工夫してお好みに楽しめます。 食後のデザートやおやつにどうぞ♪...... 続きを読む

さくらんぼジャム 電子レンジで簡単調理!

さくらんぼ サクランボ レシピ

たくさんのさくらんぼが手に入ったら、美味しいサクランボジャムにしてみましょう。さくらんぼの美味しさを生かして、甘さの中に酸味がほんのり香り、サクランボの食感が残るさくらんぼジャムは、贅沢な味わいです。仕上がりはシロップ漬けのようになり、煮詰めたジャムとはひと味違った仕上がりに。ヨーグルトやアイスクリームに添えてお召し上がり下さい。電子レンジで簡単に作れます。...... 続きを読む

洋梨・ラフランスのコンポート レンジで簡単!

洋梨・ラフランスやシルバーベルがたくさん手に入ったら、美味しいコンポートにしてみましょう。レンジで簡単に出来て、作った容器のまま、冷蔵保存までOK。とろ~り柔らかくなった洋梨はフレッシュなものとはまた違った芳醇な香りと上品な味わいです。ヨーグルトやアイスに添えたり、お菓子やケーキなどにも幅広く使えます。冷やす前の、出来たてアツアツも美味しいですよ!シャキシャキの歯ごたえを残したいなら、あまり熟していないものを、柔らかいのがお好きな方は、熟した洋梨を使って下さい。...... 続きを読む

さくらんぼの洗い方・食べ方

初夏の果物の代名詞とも言える「さくらんぼ」は、季節にならないと出回らない高級品。サクランボの基本の食べ方で、この時期しか味わえない生のさくらんぼの食感と、上品な甘さを思う存分味わいましょう。 果物は冷たい方が美味しいと思いがちですが、実は冷やしすぎも味を損ねる原因です。食べる際は、食べる分だけ冷水にさっと通して冷やすと美味しく食べられます。 長時間水につけると、せっかくのサクランボの旨味が失われてしまうので注意しましょう。...... 続きを読む

アスパラガスの茹で方 電子レンジでチン♪

アスパラガス アスパラ 茹で方

メイン料理にはもちろん、いろいろな調理法で食べられるアスパラガス。茹でてそのまま食べるのがおすすめですが、お湯を沸かして茹でると時間がかかって意外と大変…。そんな時は電子レンジでの時短調理がおすすめです。実はお湯で茹でると栄養素が流れ出てしまうのですが、レンジなら栄養そのまま!アスパラガスの旨味と栄養を丸ごといただきましょう。...... 続きを読む

簡単すりおろしりんご(サンふじ)ジュース

りんごとみかんの栄養素を丸ごと!ミキサーで作る、簡単りんごジュースです。生のリンゴを使ったフレッシュジュースは酵素たっぷり!砂糖不使用だからヘルシーです。その他、お好みの果物を入れてオリジナルレシピを見つけてお楽しみ下さい。  ...... 続きを読む

りんご(サンふじ)のコンポートゼリー

りんごの美味しさをまるごと堪能できる、リンゴのコンポートゼリーです。角切りのコンポートでりんごの食感も楽しめます。 レンジでチン!で面倒な作業は一切なし。やわらかくのど越しのよい仕上がりです。...... 続きを読む

土佐文旦の果肉たっぷり簡単ゼリー

文旦 土佐文旦 ぶんたん

土佐文旦の果肉がたっぷり入った簡単なゼリーはいかがでしょうか。文旦の果汁も使用するので、文旦のさわやかな香りも楽しめます。作り方はとっても簡単♪火もレンジも使わない簡単ゼリーです。文旦の果肉をまるまる1個使用しているので、果肉のぷりぷりした食感も楽しめます。ぷるぷるのゼリーと甘酸っぱい文旦がなんともいえない美味しいゼリーです。ぜひお試し下さい!...... 続きを読む

土佐文旦の簡単 むき方・食べ方

文旦土佐文旦ブンタン

土佐文旦の基本的なむき方・食べ方をご紹介します。文旦は他の果物に比べて皮をむくのがちょっと大変ですが、さっぱりとした爽やかな甘さと文旦独特のほろ苦さがクセになる、大人気の果物です。むいた後の文旦の皮は、ジャムにしたりピールを作ったり、お風呂に浮かべたり!意外と余す事なく使える果物なんですよ。  ...... 続きを読む

つや姫の美味しい研ぎ方

お米の研ぎ方 とぎ方

せっかくなら、お米の旨味を最大限引き出して、美味しいお米を食べたい。今使っている炊飯器で、びっくりするほど美味しいご飯が炊ける、お米の研ぎ方をご紹介します。 米は一番最初の水を最も吸収します。ここで使用するお水が、ごはんの味を左右します。カルキの臭いのしない、ミネラルウォーターがおすすめです。  ...... 続きを読む

りんご ウサギ飾り切り

うさぎりんご りんごうさぎ

いつもの林檎をちょっと華やかに。お弁当や食後のデザートに可愛いうさぎりんごはいかがでしょうか。 お弁当に入れる時は、レモン果汁を垂らした水(水1カップに対し小さじ2杯)につけると りんごの変色を防げます。...... 続きを読む

りんごの美味しい皮のむき方・切り方

りんごのむき方 切り方

基本的なりんごの皮のむき方・切り方のご紹介です。 今回は林檎の代表品種「サンふじ」を使います。 りんごの皮の剥き方はいろいろありますが、包丁を使った剥き方で一番簡単な方法は、最初に何等分かに切り分ける事です。これにより皮の範囲が狭まり短時間で皮を剥くことが出来ます。 コツは皮に包丁をすべらせるようにする事。リンゴの栄養は皮と実の間に多く含まれているので、出来るだけ薄くむきましょう。...... 続きを読む

西洋梨 ラフランスのフルーツキムチ

白菜や大根など野菜のキムチはよく食べられていますが、果肉が固めの西洋梨で、フルーツ・キムチに挑戦してみました!市販のキムチの素とハチミツを使って、簡単に出来ますので、一度是非お試し下さい。 甘くてフルーティーなキムチは、ワインにも良いかも♪ (完熟前の固めの西洋梨が適しています。今回はバラードで作りました。)        ...... 続きを読む

西洋梨・ラフランスのミニミニピザ

西洋梨(ラフランス)と餃子の皮で、ピザを作ってみました。 ラフランスは、完熟前がお勧め! ラフランス・アボガド・モッツァレアチーズのコラボ! さっぱりしていながら、しっかりラフランスの風味を味わうことが出来ます。 おつまみになるフルーツピザです♪...... 続きを読む

ラフランスのサクサク春巻き風

山形の冬を代表するフルーツ、ラ・フランス。ラフランスとは西洋梨(せいようなし)の品種名です。 見た目はあまり良くありませんが、芳香が強く、とろける食感と上品な甘さは、果物の女王と言われるほど。 そのラフランスを使って春巻きを作ってみました。 外はサックサックで中はしっとり! 火が通ったラフランスはコンポートのようにしっとりしています。...... 続きを読む

皮付きりんごのコンポート レンジで簡単!

あっ!と言う間完成しちゃう、りんごのコンポート。りんごの皮にはポリフェノール、ペクチンなどの体にいい栄養素がいっぱい、とくにペクチンは加熱すると生の6-9倍にも高まるという研究まであります。 そこで、今回はレシピに使用したリンゴは酸味が少なく、甘みが強い早生ふじ・昂林(こうりん)という品種です。 皮にとっても栄養があるりんご!皮付き・皮無し両方作ってみました。 見た目は皮付きが綺麗かな?と思いますが・・・食べては、断然皮なしをお勧めいたします。...... 続きを読む

ご飯(はえぬき)で作る秋田の郷土料理「だまこ」

ご飯だけで簡単に作れる、秋田の郷土料理「だまこ」の作り方をご紹介します。 美味しいご飯で作った「だまこ」はお味も格別! お好きな野菜と一緒に煮込めば、気分ほっこりあったかだまこ鍋の完成です。 寒い季節にぴったりですね。...... 続きを読む

山形りんご(早生ふじ・昂林)の豚肉巻き

加熱調理に向いている紅玉という品種のりんごを使って、豚肉巻きを作ってみました。 りんごの酸味とお肉のコクが好相性、ご飯にも合うおかずです。...... 続きを読む

ページの先頭へ戻る

Copyright©味の農園 All Rights Reserved.