全商品を見る
トップページ > くだもの歳時記 > すももとプルーン違いは何なの?

くだもの歳時記

すももとプルーン違いは何なの?

日本すもも 生プルーン すもも通販

 

 

すもも、プルーンも同じ仲間、分類はあいまい


すもも(李)は 英名: japanese plum

すももには日本すももとヨーロッパすもも(西洋スモモ)があります。通常すももと言えば日本すももをさし、ヨーロッパすもも(西洋スモモ)はプルーンと呼ばれます。

日本すももは古来から日本にあった果樹ですが、アメリカに渡り品種改良され、それが日本に再び導入され現在の優良品種の親となりました。日本すももを特に「プラム」西洋すももを「プルーン」と呼んでいます。


プルーン(西洋すもも)は英名:European plum

プルーンは西洋すももとも呼ばれドライフルーツとして利用されることが特に欧米では主流のようです。日本では最近になって健康果実として生食での利用の消費がふえています。鉄分、ミネラルが豊富なので健康と美容の方面からの期待値が高くなっています。


またプルーンと呼ばれる西洋すももの中で乾燥して食べる乾果用(ドライフルーツ)の専用の品種「ドメスチカスモモ」をプルーンといいます。 ただ日本では、乾果用の品種全般をプルーンと呼んでいるようです。


このように、果物、果樹としてのすももとプルーンと食品(加工面)からの分類には少し隔たりがあるようですが大まかに日本すももをすもも(プラム)と呼び日本すもも以外の西洋すももをプルーンとして分類しています。

 

すもも通販 プルーン通販 生プルーン

すももとプルーンはどうやって酸味を抜くかを工夫して食べます。


 

生のすももを「プラム」と呼び乾燥したのを「プルーン」とも


また一方、生のすももを「プラム」、乾燥したものを「プルーン」と呼ぶこともあります。


すももには300種以上もの種類があるといわれていますが、種が付いたまま乾燥させても発酵せず、高品質のドライフルーツを特に「プルーン」と呼ぶ場合もあるようです。このドライフルーツ専用の品種を特定して(特に「プルーンプラム」又は「ドメチカスモモ」と呼ぶ)プルーンと呼ぶ場合があり、この品種は数種類しかないといわれてます。


これらのプルーンは糖度が非常に高く乾燥して特別なドライフルーツとして扱われているようです。


すももはバラ目、バラ科、サクラ亜科に属する植物で、あんず、梅、桃、桜などと近い親戚関係にあたります。ですから、プルーンプラムの花は桜の花にそっくりです。

 

 

 

スモモ 生プルーン すもも通販

しっかり成長しているスモモ「秋姫」このすももは晩生種で甘味が強いのでおススメ


 

 

 

 

語源からみるとすもも(プラム)もプルーンも同じもの


語源的には、「プルーン」や「プラム」もギリシャ語の「プロウノン(PROUNONまたはPROUMNON)」が語源ということです。


簡単にいうと「プルーン」はフランス語で「プラム」は英語ということになりますが、もともと「プルーン」という名詞は古代アジア西部のフリジア(現在のトルコ中央部にあたり、紀元前数千年頃に栄えた)に本源がある言葉でした。


これがギリシャに入り、次に古代ラテン語に転じ、そして中世以降にフランス語 に取り入れられて「プルーン(PRUNE)」となったようです。英語圏でも同様に「プルーン」を使っていましたが、近代になると「プラム」を用いるようになりました。

 

 

 

 

生プルーン プルーン プルーン通販

プルーンを袋をかけて栽培する


 

 

 

 

すもも(プラム)とプルーンの品種


すももには300種以上もの種類があるといわれていますが、西洋すももはローマ帝国の書物にも登場しており、紀元前にはヨーロッパ各地で栽培されていたといわれます。


その後、大航海時代にアメリカへ渡り、19世紀頃にはカリフォルニアで大量に西洋すもも(プルーン)が生産されるようになりました。


日本へは西洋すももではなく中国原産のすももが奈良時代に伝わったとされています。古事記や日本書紀、和歌にも登場しており、すももは日本人になじみ深い果物といえるでしょう。

 

すももの品種

ソルダム 大石早生、貴陽、太陽、秋姫  など

 

 

生プルーン スモモ すもも通販

実が真っ赤で色鮮やか、酸味が強い品種ソルダム


 

プルーンの品種

サンプルーン、パープルアイ、プレジデント など

 

 

 

 

李 生プルーン 李通販

晩生種プレジデントは甘味が強い味の濃い特徴が人気

 


 

 

すももとプルーン違いは何なの? まとめ


スモモとプルーンはもともと語源も同じものを指して「すもも」という果物のことをいっています。

 

スモモにはヨーロッパすももと日本すももがあり、一般的にはヨーロッパすももをプルーンと呼び、日本すももを「すもも」「李」「スモモ」と表記して「プラム」とも呼んでいます。

 

結論からいうと「すもも」と「プルーン」同じ果物類であり、プルーンとすももはバラ目、バラ科、サクラ亜科に属する植物でになります。

 

 


▼▼お取り寄せはこちらから▼▼

 

すもも通販 プルーン通販 すももプルーン

プルーン 食べ頃 生プルーン

ミラクルフルーツと呼ばれる「生プルーン」

 

山形発 すもも 生プルーン特集 

体にいいとされる成分がたっぷり入っていることからミラクルフルーツと呼ばれる生食用生プルーン。

じっくり完熟するのを見守り濃厚なプルーンの味と香りをお楽しみください。

スモモはもぎたては酸味が強いのでお求めから3-7日位常温で酸味抜きしてから食べるようにしましょう。酸味抜きの基準は実の固さです。少し柔らかくなり独特の香りが出てくるまで酸味抜きして下さい。

シワシワになったねっとり感のある生プルーンを皮ごと食べてみてください。これまでにない濃厚な食感を発見できることでしょう。

 

3200円から 送料無料!

https://www.ajfarm.com/fs/ajfarm/c/gr23

 

 


ページの先頭へ戻る

Copyright©味の農園 All Rights Reserved.