全商品を見る
トップページ > くだもの歳時記 > お子様にも安心なりんご作り 40年

くだもの歳時記

お子様にも安心なりんご作り 40年

蜜入りりんご 蜜入りこうとく 早生ふじ

無袋栽培の昂林(こうりん) こうとく サンふじ


「ふじりんご」は通常、果実に袋をかぶせて育てる有袋栽培が主流でしたが、「サンふじ」は果実に袋をかけないで生産した 無袋栽培したふじりんごを指します。

 

山形県はその無袋栽培のりんごの発祥の地なのです。ここ山形県から無袋栽培の技術は広がって全国に「サンふじ」の栽培技術が普及していったのです。

 

無袋栽培に移行していった理由は、年中、陽に当っているりんごのほうが糖度も高くまた蜜もいっぱい入って、見た目は良くないが格段に美味しいからという発想の転換でした。

 

この無袋栽培の技術の流れが山形県では長年に渡り受け継がれ、早生ふじ昂林(こうりん)にも生かされています。昂林(こうりん)は9月の太陽をたっぷり浴びて9月下旬には収穫がはじまります。

 

そして、1カ月後の11月になると、蜜女王と呼ばれる「こうとく」の収穫があります。こちらのこうとくは阿部りんご園のイチオシりんごで蜜入りと香りが高い希少な蜜入りりんごといえます。

 

そして最後は、11月中旬に始まる樹上熟成のサンふじです。太陽いっぱいの無袋栽培で作った「ふじりんご」を特にサンふじと呼ぶのです。

 

 

早生ふじ昂林 蜜女王こうとく 山形サンふじ

りんご作りは土作り、長い間の弛まないことの積み重ねがりんご作りの原動力という


 

 

 

お子様にも安心なりんご作りで40年


 生産者の阿部さんは農薬を極力抑えて、化学肥料はほとんど使うことはありません、除草剤も使いません。それは「水洗いして丸かじりできるリンゴ栽培」がモットーで40年続けています。

 

有機質肥料である完熟たい肥を中心に有機質の堆肥を土作りの中心にした栽培を40年以上続けています。「子供たちに安心して与えられる高いレベルのリンゴ作り」そして子供の味に関する敏感な味覚を大切な判断基準してきたからです。

 

また「一日1個のりんごで医者いらず」といわれるように、リンゴはお腹の調子を整えてくれるといわれ、りんご健康法ともいわれるくらい毎日食べたいくだものです。

 

阿部さんは「美味しいりんごを毎日食べて多くの人たちから健康になってほしい」と心から思っています。食卓に果物がある日本型食生活が今ある生活習慣病の改善に貢献できると信じてのことです。

 

早生ふじ昂林(こうりん)を始めとするリンゴの果実には多くの水分が含まれていますので、お風呂上がりや運動の後、身体の水分が失われた時の大事な水分補給にも活躍します。

 

毎日の食事にはリンゴなどの果物が不可欠です。食前、食後を問わず、食卓の常備食としてのりんごは健康生活に貢献できることをめざしてやみません。

 

 

昂林(こうりん) 蜜入りリンゴ りんご通販

太陽のエネルギーいっぱいの「丸かじりリンゴ」作りが生産者阿部さんのリンゴづくりのモットー


 

 

 

太陽の光いっぱい丸かじりできるリンゴ作り


本来のりんご作りを考えたとき、いちばんシンプルな姿が袋をかけない栽培方法なのです。無袋栽培の早生ふじ昂林(こうりん)の果実には水分の他にもビタミンやカリウム等の多くの栄養素を含みますが、果物である以上甘みは完熟の証であり、味覚の大事な要素の一つです。

 

そして無袋栽培されることで得られる栄養の要素はいずれも高い値を示します。この部分が他の栽培方法と比べると「濃厚、美味しい」といわれる所以ではないでしょうか。

 

リンゴの甘みの主成分はブドウ糖と果糖と呼ばれる2種類の糖類です。もちろん天然由来の成分なので体や健康の事を考えている方やお子様にも安心してお召し上がりいただける訳です。

 

夏の太陽を存分に浴びて成長した無袋栽培の早生ふじ昂林(こうりん)は栄養満点、爽やかで濃厚な味。旬の早生ふじ昂林(こうりん)を食べてみてください。

 

 

 

こうとく 山形りんご 蜜入りりんご

生産者の阿部幸義さん


 

 

 

 

土作りが出来ないと美味しいリンゴは出来ない 生産者のメッセージ


阿部さんのりんご作りの考え方は非常にシンプル、土作りを本気で考えるなら化学肥料を使わないのが生産者の姿だと考えています。もちろん除草剤も使いません。雑草は刈り取って畑の有機質肥料になりますから。

 

こんなことも言っています。「私は果樹園でほとんど化学肥料を使うことはありません。安全性がいろいろと取りざたされていますが、私には味の面で気にかかることがあるのです。それは微妙な雑味(えぐ味)を感じてしまうのです」これが身体に良くないのではと感じるときがあるからです。

 

そしてまた、長い目で見たときに安定したリンゴ生産に悪影響が出てしまう気がしています。有機質中心の土作りをしないと本来の土の力が失われていくような気がしてなりません。

 

力強い土作りが力強いりんご作りを支えています。美味しいものを長い目で安定的に美味しく生産するには良質の有機質である完熟堆肥を利用し手間を惜しまないで土作りすることにこだわりを持っています。

 

なぜなら私たち生産者はお天気に大きな影響を受けてリスクを背負っているので、今年だけ良ければという考え方は出来ないのです。

 

土作りをしっかり行って土を大事にして毎年変化する気象の変化に強い果物栽培が求められています。温暖化の問題がクローズアップされている今だからこの阿部さんの言葉が大きく響きます。

 

 

 

太陽りんご りんご通販 山形りんご通販

力強い大地から力強い食味のリンゴが生まれてきます。


 


 

■蜜入りセンサー検定済サンふじ こちらから

ふじりんご通販 ふじりんご 蜜入りリンゴ通販


▼▼お取り寄せはこちらから

こうとく 蜜入り 蜜姫lこうとく

こうとく 蜜入りりんご 蜜姫こうとく究極の蜜入り!幻のりんご 蜜姫「こうとく」

山形は寒暖の差が激しい盆地特有の気候で、りんご本来の美味しさが生じる完熟期と収穫期が見事に合致する、日本有数のリンゴの産地です。

 

「りんごの蜜」の部分には、自然の甘味成分が多く含まれています。りんごの蜜は、甘ったるい蜜の味ではなく「爽やかな甘み」を感じさせてくれます。そのため、蜜入りであるほど「さわやかな甘さのリンゴ」ということが言えるのです。

つまり「蜜入りりんご」がおいしいワケは、りんごが完熟していることに加え、蜜の爽やかな甘みが増しているリンゴだからなのです。

 

4,000円から  送料無料!

https://www.ajfarm.com/fs/ajfarm/c/gr29

 


ページの先頭へ戻る

Copyright©味の農園 All Rights Reserved.