さくらんぼのサイズと等級の基準とは|味の農園
全商品を見る
トップページ > くだもの歳時記 > さくらんぼのサイズと等級とは

くだもの歳時記

さくらんぼのサイズと等級とは

山形さくらんぼ さくらんぼ通販 佐藤錦

 さくらんぼのサイズ基準は、都道府県により異なりますが、全国生産量1位の山形県の基準をお伝えします。そして山形さくらんぼの品質とブランドを守るために作られた山形県青果物等標準出荷規格」があります。

 

 

山形さくらんぼ さくらんぼ通販 佐藤錦

サクランボのサイズは実の横経をゲージで測って決めます


山形さくらんぼ さくらんぼ通販 佐藤錦

サクランボの美味しさは大きさと色の濃さで決まります


 

等級は直径サイズと着色で


山形県では出荷基準をしっかり守るために、基準プレートというさくらんぼのサイズを計測できるゲージを生産者に配布し、サイズを常に意識しながら厳しいサイズ意識で選別して山形さくらんぼのブランドの品質保持に努めています。


山形の産地ではどこのホームセンターに行ってもこの基準プレートがお店で手に入ります。生産者の選果、出荷する作業場には必ず4-5個のサイズ基準プレートが見かけられます。


つまり、選果する現場ではサイズを基準プレートという穴の空いたゲージを使って常に大きさを測りながら選果しています。

 

 

さくらんぼの品質(サイズ)(「山形県青物等標準出荷規格」に基づく)

山形さくらんぼ さくらんぼ通販 佐藤錦

サイズの基準プレートは山形ならどこのホームセンターでも

4Lサイズ・・・31㎜以上

3Lサイズ・・・28㎜以上

LLサイズ・・・25㎜以上                                                             

Lサイズ  ・・・22㎜以上

Mサイズ ・・・19㎜以上

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Sサイズ・・・16㎜以上  Sサイズは 生食用出荷しない加工用に(山形県)

 

サイズと等級

ちなみに、Mは19mm以上、Lは22mm以上、2Lは25mm以上、3Lは28mm4Lは31㎜以上となります。

 

 

 

山形さくらんぼ さくらんぼ通販 佐藤錦

サクランボの大きさを測る基準プレートを使ってサイズ選別をします


 

 

着色割合で3等級の選別


さくらんぼの品質(着色)(「山形県青物等標準出荷規格」に基づく)


生食で出荷できる着色面積の基準(等級基準)は、平成24年以前より10%引き上げられ、

■「佐藤錦」の場合は50%以上が(秀)[マルしゅう]、60%以上が秀、70%以上が特秀。

 

■「紅秀峰」の場合は50%以上が(秀)[マルしゅう]、65%以上が秀、80%以上が特秀で、着色50%未満のさくらんぼは加工用となります。


山形さくらんぼの品質とブランドを守るために作られたのが山形県青果物等標準出荷規格」です。過去に品質のよくないさくらんぼが出荷されたことなどを反省して、販売低迷を招いたりしなようにと自主規制を生産から流通まで一貫した品質管理をしようということで、平成24年に改正されました。


これは、生産、出荷、流通、販売が一体となり、「山形産さくらんぼ」ブランドを傷つけることのないようにと“色の悪いさくらんぼ”や“S玉の販売”を排除し、品質重視の商品を消費者に届けるのが狙いです。改正後は、品質が劣るS玉果(19mm以下)を除外し、生食で出荷できるのは全品種M玉以上と決まりました。S以下のサクランボは加工用になります。

 

 

山形さくらんぼ さくらんぼ通販 佐藤錦

鏡詰めしています。何時も横にはサイズ基準プレートがある


 

 

 

サイズと着色割合で等級決まる


また、山形県では、ブランド品質を守るため、細かくサクランボの状態を基準化し、「秀」「優」「良」にランク分けされています

さくらんぼ選び方 さくらんぼ通販 山形さくらんぼ

品種、等級(品質)、階級(サイズ)基準

品質等級基準(生食で出荷できる着色面積(色づいた割合)の基準)〈着色50%未満は加工用〉

 

佐藤錦:(秀)[マルしゅう](50%以上)、秀(60%以上)、特秀(70%以上)

紅秀峰:(秀)[マルしゅう](50%以上)、秀(65%以上)、特秀(80%以上)

 

 


▼さくらんぼと500円硬貨と比較すると

サクランボ通販 サクランボ佐藤錦 山形サクランボ

500円硬貨のサイズは26.5mm、さくらんぼ2Lサイズになります

 

目安としては500円玉が26.5㎜なので、500円玉と同じくらいの大きさは、LLサイズとなります。

美味しいサクランボを選ばれる場合は、小さめのMは(19mm以上)サイズですと、糖度が低い傾向がありますので、Lサイズ以上のご購入をオススメします。大きさと着色がしっかりしたサクランボを選ぶと美味しいサクランボを見つけることが出来ると思います。

規格サイズで選ぶならL以上だと美味しいサクランボに出会えることでしょう。

L(22mm 以上)、2L(25mm 以上)、3L(28mm 以上)

 


▼さくらんぼの箱詰めする様子

 

 

 

さくらんぼサイズと等級 まとめ 


 さくらんぼの品質はサイズと着色(果実の色)が「山形県青物等標準出荷規格」で守られています。

サイズの目安としては500円玉が26.5㎜なので、500円玉と同じくらいの大きさは、LLサイズとなります。一般にサクランボは小さいより大きい方が美味しいです。


着色と外見からサクランボの実の外見から秀、優、良などの品質等級に分けられます。生食で出荷できる着色面積(色づいた割合)の表面積の基準が定められています。


佐藤錦:(秀)[マルしゅう](50%以上)、秀(60%以上)、特秀(70%以上) さくらんぼは実が固ければ色濃い方が美味しいです。


一般的に通信販売でギフト用のさくらんぼをお求めになるのはサイズはL以上で等級は秀、特秀(品)が基本になります。 

美味しいサクランボとは、答えは「実の色が濃く、秀品のL-2Lサイズ」がギフトでもご自宅用でもおススメです。 その他に、サクランボの等級品位が定められており、サクランボの形、色沢、熟度、玉ぞろい等の項目で品質を細かく山形県青果物等標準出荷規格」で示されています。


しかしながら、この基準では表現できない、美味しさ、鮮度などは規定することが出来ません。さくらんぼ収穫した当日に発送するのを基準としております。届きましたら出来るだけお早めに召上ることが何より美味しい食べかたとご承知の上ご利用ください。

 

▼ 商品のお取りよせはこちら

ページの先頭へ戻る

Copyright©さくらんぼ・ラフランス・蜜入りりんご・だだちゃ豆通販|味の農園 All Rights Reserved.