全商品を見る
トップページ > くだもの歳時記 > 山形さくらんぼの将来 ロボットが収穫する

くだもの歳時記

山形さくらんぼの将来 ロボットが収穫する

さくらんぼ通販 山形さくらんぼ 佐藤錦

 

 

さくらんぼ畑の収穫期の現状から報告 


夜が明けきらない薄暗いうちからサクランボ畑では収穫がはじまります。脚立に上り、高い所は地上から3-4メートルのサクランボをとる。ベテランになると脚立の最上段に立ち両手を使ってサクランボを収穫していきます。手際良く実を傷つけないように注意深く慎重に摘みとっていきます。

 

夜が明けきらない薄暗いうちからサクランボ畑では収穫がはじまります。脚立に上り、高い所は地上から3-4メートルのサクランボをとる。ベテランになると脚立の最上段に立ち両手を使ってサクランボを収穫していきます。手際良く実を傷つけないように注意深く慎重に摘みとっていきます。

 

この仕事こそロボットに出来るとしたら楽になると労働力不足と高齢化の現場では考えた人もきっといるだろうと思います。夢のような話と誰もが思うことでもありますが。

 

それが現実化して、山形ではサクランボ収穫用のロボットの開発が始まって、労働力不足解消に向け実用化が期待されています。

 

 

さくらんぼ山形 さくらんぼ佐藤錦 サクランボ通販

さくらんぼの収穫はいちばん手間のかかる繁忙期になる、脚立に乗ってする危険な作業


 

 

 

 

さくらんぼを夜間に収穫するロボット  


サクランボ収穫用ロボットの開発は山形県と山形大学大学院理工学研究所(米沢市)の妻木教授らが「山形さくらんぼ世界一プロジェクト」の一環として2015年から進められています。

仕組みは、センサー内蔵のカメラで実の位置を捉え、実や芽などを傷つけない力加減アームがサクランボの軸(ステム)をつかみ、もぎ取るというもの。こうした動きを自動で行うロボットをめざしているという。

 

自走式のロボットによる収穫が実現すれば疲れ知らずのロボットは夜間にも稼働させられるのでもぎ遅れを防ぐこともできるし作業中の転落事故は無くなってしまう。

 

その上、昼間の暑い時間に収穫するとサクランボが傷みやすいという性質もあり、夜間にロボットがもぎ取り、鮮度の高いサクランボが収穫される。

 

早朝から選別、箱詰め作業が始まるようだと、作業工程は一段とスムーズに、一日の作業は一変してしまう。まさに夢のようなことが実現できることでしょう。

 

 

山形さくらんぼ さくらんぼ通販 さくらんぼ佐藤錦

山形大学大学院理工学研究所(米沢市)の妻木教授らの「山形さくらんぼ世界一プロジェクト」


 

 

車の自動運転より難しいさくらんぼ収穫ロボット 


「サクランボでの導入は他の作物より課題が多い」と関係者は語っています。人が収穫する場合の手の動きや、摘み取る時の力加減などのデータは収集しているが、カメラが実の場所を認識することや、アームを実の近くまで伸ばし、軸を摘まんでもぎ取る技術は開発されてはいるが、一連の動きを自動で、スムーズに行える段階には至っていないという。

 

「トマトやイチゴに比べサクランボは実が小さいため、格段に難しい。実用化までは5~10年かもしれないが、今開発を進めておくことが重要」と山形大学の関係者はコメントしています。

 

さくらんぼ日本一プロジェクト

さくらんぼの収穫は沢山の手間がかかるため人手不足は死活問題になる


 

 

 

ロボット本体の開発と樹の仕立て方も同時に 


現場での導入にはロボット本体の開発だけでは実現しないので、ロボットが収穫しやすいような樹の高さを低くして、枝をV字、Y字の形にして、一定の方向に伸ばす樹形や、ブドウ畑のような棚仕立にする必要もあります。

 

こうした園地づくりの技術は脚立がなくても手が届くようにするためにロボットの導入がなくても効果が高い方法になります。

 

生産者の高齢化への対応ばかりでなく、女性や経験の浅い素人でも参入しやすくなれば、おおきに効果を発揮してくれるはず。そうすれば生産性や品質の向上にも繋がって大きな期待が生まれてきます。

 

 

山形さくらんぼ サクランボ山形 さくらんぼ通販

山形県の試験場では人手のかからない収穫作業が出来る仕立方を研究


 

 

佐藤錦一辺倒からの脱却 


山形さくらんぼの将来を展望した時、数十年、主力として山形さくらんぼを支えてきた佐藤錦一辺倒からの脱却も求められてきます。山形県の奨励品種「紅秀峰」への転換は中々すすんでいない現状があります。

 

次世代の超大玉品種誕生もささやかれる中、ロボットの活用、導入も見据えた仕立て方の技術も大事な問題です。まずは今、生産者がもっている技術で地上から脚立を使わないで収穫できる園地作りは今から出来る大切な革新的テクノロジーとなります。

 

そして、ロボット完成が実現した将来に向けての下地作りが生産者の今、それぞれが持っている技術という資産で出来る将来につながる大きな伝家の宝刀といえると思います。

 

 

サクランボ通販 山形さくらんぼ 佐藤錦

2.7Mの脚立の最上段に立って両手で収穫するのプロの作業になる


 

 

 

山形さくらんぼ将来 ロボットが収穫する まとめ


サクランボ収穫用ロボットの開発は山形県と山形大学大学院理工学研究所(米沢市)の妻木教授らが「山形さくらんぼ世界一プロジェクト」の一環として2015年から進められています。

 

しかし、トマトやイチゴに比べサクランボは実が小さいため、格段に難しい。実用化までは5~10年かもしれないが、今開発を進めておくことが重要と捉えてプロジェクトが進行しています。

 

まずは現状をしっかり認識するところからはめないといけません。すでに、生産者がもっている技術を最大限に発揮することから始めます。それは、地上から脚立を使わないで収穫できる園地作りは今から出来る大切な革新的テクノロジーとなります。

 

この園地作りが出来ることでロボットが実用化した時に、すぐにロボットの能力がフルに発揮できるようになる下地になっていく訳です。

 

 

 

 


▼▼お取り寄せはこちら▼▼

完熟さくらんぼ 佐藤錦 6月サクランボ

山形さくらんぼ 佐藤錦 完熟さくらんぼ

くらんぼの最高峰『佐藤錦(さとうにしき)』特集

「佐藤錦」は糖度が高く、甘さ十分、そして酸味とのバランスが抜群に良い品種です。赤く色付いた果実は甘さが濃く、プリプリのさくらんぼが口の中ではじける食感はたまらない美味しさです。大粒になるほど、果肉が厚く果汁たっぷり。甘さの中に程よい酸味が加わったジューシーな食味はさくらんぼの最高峰です。

<お客様の声>

まもなく8月。早いですね!今年もおいしいサクランボを届けていただき、ありがとうございました。初めて大粒の2L「佐藤錦」を注文しました。粒が大きく、まっ赤でしっかりとした歯ごたえ。とても甘くておいしかったです。

 

4800円から  送料無料!

https://www.ajfarm.com/fs/ajfarm/c/gr83


ページの先頭へ戻る

Copyright©味の農園 All Rights Reserved.