全商品を見る
トップページ > くだもの歳時記 > こうとく(高徳)リンゴの扱い方

くだもの歳時記

こうとく(高徳)リンゴの扱い方

こうとく 蜜入り 山形りんご

 

 

 

こうとくは蜜入りがいいから冷蔵保存する


蜜入りリンゴと言えば、山形県で技術が完成された「サンふじ」というおいしい無袋栽培のリンゴですが、山形県の朝日町で開発された美味しいリンゴが有名です。こちらは正統派といえるでしょう。

 

これとは、違った個性派の無名な美味しいリンゴがあります。あまり知られていないリンゴですが「こうとく」という品種のリンゴです。長年、見た目の悪さと小玉が市場評価をとれないまま、嫌われていました。

このリンゴ、最近りんご好きのお客さんから高い評価をいただけるようになりました。

 

実は少し小ぶりで、見た目はどこにもあるリンゴだけど蜜入りがすごい。全体の8割に蜜入りというのも中にはあり、香りが強くとにかく美味しい。「ありえないリンゴです」 そのくせ、知名度が低くあまり知られていません。

 

こうとくの欠点は蜜入りが良いことの反面完熟なので日持ちが良くない欠点があげられます。それほど完熟、それほど蜜入り、それほど美味しいということの証しでもあるわけです。

 

皆さんの中にはすでにご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが味の農園でも販売していますが、知名度がないの上に宣伝が下手なのですがどういうわけか毎年売り切れてしまいます。

 

しかし、世の中には完璧はありません「こうとく」にも欠点が・・・それは、蜜が多い分、劣化が早いので、日持ちしません おいしい期間が短いリンゴなので、標高が低いところから高い寒いところのリンゴに切り替えて販売しています。

 

 

 

こうとく こうとくお取り寄せ 蜜入りりんご

特大のこうとくは15年の歳月をかけて生まれました。収穫後に蜜センサーで検査して出荷


 

 

 

こうとくはデリケート、届いたらすぐ冷蔵庫に


こうとくは蜜入りで糖度も高く美味しいだけにデリケート、買い求めてお家に着いたら直ぐに冷蔵庫で保管して下さい。できれは野菜室に、乾燥しないようにポリ袋に入れ保管すれは3週間は美味しくいただけます。

できるだけお部屋の常温、暖かい部屋に保管するのは避けて下さい。こうとくのホントの美味しさがすぐに失われてしまいます。

 

これには、こうとくの蜜入りが影響していると思われます。蜜入りの多いりんごほどデリケートで日持ちしないという現実があります。ご購入された方は、そこをご理解いただいて大事に保管して美味しく召し上がっていただくことが大切だと思います。

 

こうとくは栽培に手間がかかる上、小玉で収穫量が少なくないので生産者の生産量も少ないので高価になっています。せっかくの高価なこうとくを「もったいない精神」で大事に食べることは大切なことではないでしょうか。


お店では常温で販売されていますから家に持ち帰ったら直ぐに冷蔵庫に入れ、召上る分だけ取りだして召上ることが美味しさも無駄にしないためにも大事なことです。

 

 

 

 

こうとく 山形りんご 蜜入りりんご

生産者の阿部幸義さん


 

 

 

 

軸が短く太いため玉廻しも出来ず着色にムラがある


何故かこうとくの軸(ステム)は短く太いため弾力がないので、収穫前の「玉廻し」が出来ません。そのため着色にムラが出来ます。サンふじは玉廻しで太陽光を満遍なく当て、全体に着色を良くしていきます。フジりんごの軸は細長く弾力があって玉回しが出来るのです。

 

それに比べ、「こうとく」の軸は短く木質化していないので玉廻ししようとすると軸が取れてしまいます。玉回しが出来ませんから当然太陽が当たるほうとそうでない方の色が違ってくるのです。当然ですがりんごとしてはあまり見た目がすぐれないということで市場評価が低かった理由にもなっています。

 

 

つまり、味で勝負のど真ん中をねらったりんごとして「こうとくは」これから市場で闘っていくことになります。

 

 

 

 

 

こうとく 蜜入り 山形りんご

小ぶりで見た目は良くないが蜜がたっぷりのリンゴ「こうとく」香りがすごい


 

 

 

 

見た目悪し、知名度も無し 味で勝負する


今年ももうすぐ「こうとく」の季節が来るよ ・・・ですから届いてからできるだけ早く食べないと、おいしさがすぐに低下してしまいます。

 

全てにおいて 美人薄命!蜜満る美人「こうとく」は薄命美人と言えるかもしれません。

 

「おいしさは、弱さ」にあるのかもしれないですね。「こうとく」という品種名では何か物足りません。こんなのではいかがでしょうか

 

美人薄命リンゴ「こうとく」または、蜜女王「こうとく」というイメージにしたいですね

 

そうですね、怪我の功名というか、勝手ながらいいネーミングですね。今後使っていくことにしましょう。

 

こんなとき、自画自賛の思い込みのつよさと勝手なところは思いつきのB型気質が垣間見えますね。

 

 

しかし、これは本気、本気!なんです。心底、多くの人にお試しいただきたい山形のりんご「こうとく」です。

 

 

 

蜜入りりんご こうとく 山形りんご

食べてもらわないと価値を伝えられない「こうとく」


 

 

 

日持ちの悪いこうとくだから3回に分けて捥ぐ


阿部りんご園では、こうとくの園地を3カ所に持っていますが、日持ちが悪いのでなおさら、一気に収穫することをしないで3回に分け5-20日間かけて蜜入りがいいのを選びながら収穫していきます。もちろん手間は何倍もかかりますが、この方法で蜜入りの新鮮なこうとくリンゴだけをお届けすることが出来るのです。

 

3カ所ある園地の1回目の収穫を終えて中、5-6日をおいて収穫し、3周することになるのです。そして畑によって蜜入り、完熟の遅い畑、遅い樹など個別の個性を知りつくして、美味しくなった完熟で蜜入りのこうとくだけを捥いでいくのです。

 

3つあるこうとくの園地の中でも特大のこうとくになるのは樹齢35年の畑ですが、この畑は実は大きくなるが蜜入りと着色が遅いので3つの園地の中でも最後に収穫するといったことです。

 

 

 

 

こうとく こうとくお取り寄せ 蜜入りりんご

樹齢35年のこうとくの木はズッシリ大玉の実をつけます。長年の改良がようやく


 

 

こんなお問い合わせも頂きました


『「こうとく」という珍しいリンゴを見つけたので買ってみました。まず驚いたのは袋を開ける前からとても甘い香りがしてきたのです。そして切ってみると蜜がいっぱいです。

 

ひと口食べると強い甘味が広がり、さらに適度な酸味も加わってなんとも風味が豊かでした。後日、そのお店やほかのお店にも行って捜しましたが「もう、ありません」と言われました。

 

ぜひ、もっと生産していただきたいです・・・・。もう一度食べてみたいのです・・・。』

 

何とか期待にお応えしたいと生産者の皆さんとお話をすすめています。少しお待ちください。

 

 


こうとく 蜜入り 山形りんご

小ぶり、色付きも良くないが蜜入りと香りがすごい


特大の実を産出する35年のこうとく園地 収穫作業

 


■蜜入りセンサー検定済サンふじ こちらから

ふじりんご通販 ふじりんご 蜜入りリンゴ通販


▼▼お取り寄せはこちらから

こうとく 蜜入り 蜜姫lこうとく

こうとく 蜜入りりんご 蜜姫こうとく究極の蜜入り!幻のりんご 蜜姫「こうとく」

山形は寒暖の差が激しい盆地特有の気候で、りんご本来の美味しさが生じる完熟期と収穫期が見事に合致する、日本有数のリンゴの産地です。

 

「りんごの蜜」の部分には、自然の甘味成分が多く含まれています。りんごの蜜は、甘ったるい蜜の味ではなく「爽やかな甘み」を感じさせてくれます。そのため、蜜入りであるほど「さわやかな甘さのリンゴ」ということが言えるのです。

つまり「蜜入りりんご」がおいしいワケは、りんごが完熟していることに加え、蜜の爽やかな甘みが増しているリンゴだからなのです。

 

4,000円から  送料無料!

https://www.ajfarm.com/fs/ajfarm/c/gr29

 

 

 

 

 



ページの先頭へ戻る

Copyright©味の農園 All Rights Reserved.