全商品を見る
トップページ > くだもの歳時記 > くだもの200g!「朝のくだものは金」とは|くだもの通販 味の農園

くだもの歳時記

くだもの200g!「朝のくだものは金」とは|くだもの通販 味の農園

「朝のくだものは金」と謂われるが 


くだものには、体調を整えるビタミンや吸収しやすくエネルギー源になる果糖、ブドウ糖が多く含まれています。脳のエネルギー源はブドウ糖のみです。睡眠中に消費されたブドウ糖をできるだけ早い時点で効率良く摂取し、活力ある1日を送るため、そのスタートとなる朝食でくだものを十分に摂り、失われた有効成分を速やかに補給すると効果的です。

 

 

また、くだものには水分やさわやかな食感を与える有機酸が多く、朝でも食べやすいうえ、唾液の分泌を促進させて食欲の増進にも役立つとともに、くだもののもつ香り、色等が、あわただしい朝に精神的なゆとりを与えてくれます。さらに、くだものに含まれるカテキン類には、口臭予防効果がある等のメリットもあります。

 

このように、1日のうちで朝くだものを摂ることには多くのメリットがあるのです。

 

 

 

じつは「昼のくだものも金」、「夜のくだものも金」といえる


果物には、主にブドウ糖、果糖、ショ糖(砂糖)の3種類の糖分が含まれています。脳のエネルギー源はブドウ糖のみであり、睡眠中に消費されたブドウ糖をできるだけ早い時点で効率良く摂取し、活力ある1日を送るために、そのスタートとなる朝食で果物を十分に摂り、失われた有効成分を速やかに補給すると効果的です。

 

また、果物には水分やさわやかな食感を与える有機酸が多く、朝でも食べやすい上、唾液の分泌を促進させて食欲の増進にも役立つとともに、果物のもつ香り、色等が、あわただしい朝に精神的なゆとりを与えてくれます。

 

このように、1日のうちで特に朝、果物を摂ることには多くのメリットがあるのです。

 

 

しかし、朝にこだわる必要はありません。エネルギー源となる糖類、体調を整えるビタミン、現代人に不足がちな良質な食物繊維が多く含まれている果物は、昼でも夜でも十分な量を毎日食べることが健康維持には効果的であり、「昼の果物も金」、「夜の果物も金」といえます。

 

 

1日200gを目安にくだもの食習慣を身につけたいものです

1日200gを目安にくだもの食習慣を身につけたいものです

 

くだものを食べると太るは誤解


くだものは甘く、甘い=エネルギーが高いといったイメージがあるため、くだものを食べると太ると思っている人がいますが、これは大きな誤解です。くだものが甘いと感じるのは果糖によるもので、果糖は砂糖の1.15~1.73倍甘さを感じますが、1g当たりエネルギーは4kcalと、他の糖と変わりません。甘いからといって、エネルギーが高いというわけではないのです。

 

また、くだものは大部分が水分であり、菓子類のようにエネルギーの高い脂質がほとんど含まれていないため、100g当たりエネルギーは50kcal程度で、同じ量のショートケーキの7分の1程度です。最近のくだものは、技術革新により甘く感じるようになっています。糖度が1度上がれば甘く感じますが、100g当たりエネルギーの増加量はわずかに4kcalです。

 

このように、くだものは低エネルギー食品なので、ダイエットに最適です。

 

 

 

 

くだものには大切な成分が含まれている。目安は1日200gといわれている

くだものには大切な成分が含まれている。目安は1日200gといわれている

 

 

 

 体に嬉しいりんごの効果効能 まとめ


 

 

1、腸内環境を整えるのにも効果があるとか

 

りんごは消化不良や下痢をしたときだけでなく、便秘のときにも効果があります。生のりんごには食物繊維のペクチンとセルロールが多く含まれていて、これらには整腸作用があって便秘を防いでくれる働きがあるようです。りんごなどのくだもの食生活が習慣化されていくと 腸内細菌のバランス=腸内フローラが改善されて、免疫力の向上も期待できます。

 

2、 ダイエット効果も期待できるといわれる

 

食前に冷やして甘みがより強くなったりんごを食べてみてください。意外とおなかがいっぱいになって食事の量を減らすことができますよ。低カロリーの割にはボリュームもあるので食べ応え十分です。 くだものは低エネルギー食品なので、ダイエットに最適です。

 

 

3、 なんと虫歯を防ぐ効果も期待できるとか

 

りんごを食べると口の中がすっきりします。りんごの果肉は歯についた食べかすをとってくれ、きれいにしてくれるそうです。海外では「自然の歯ブラシ」ともりんごは呼ばれているほどだそうです。

 

▼食べ方のポイント

 

 

りんごをすりおろすときは、陶器やプラスチック製のおろし板を使うのがおすすめです。金属のおろし板では、褐色が進んでしまいます。また、切ったりんごの表面に薄めの食塩水やレモン水をつけると、変色の防止になります。

▼貯蔵方法

乾燥を防ぐために、ポリ袋に入れて冷蔵します。りんごは、熟成を促進するエチレンを多く放出するので、ほかのくだものと分けて貯蔵しましょう。

 

参考資料

(独)農林水産消費安全技術センター公表資料・パンフレット「そうだったのか!!」、「食品の不安解消の手引き」など

 


 

 

果樹園福箱、くだもの健康法

果樹園福箱、くだもの健康法

お取り寄せはこちら

 

果樹園からくだもの福箱をお届します

 

山形の季節のフルーツを4~6種類、3kg箱に満杯に

して送ります。季節によって内容は変わりますが、旬

の時期を見極めて一番美味しい種類の果物を1箱に

満杯に詰めてお届けします。

4800円から  送料無料!

https://www.ajfarm.com/fs/ajfarm/c/gr35


ページの先頭へ戻る

Copyright©味の農園 All Rights Reserved.