全商品を見る
トップページ > くだもの歳時記 > 「だだちゃ豆」の品種はいくつある

くだもの歳時記

「だだちゃ豆」の品種はいくつある

だだちゃ豆 品種 白山

明治維新のとき廃藩置県の施政により大泉村白山に帰農した庄内藩士、森屋藤十郎の娘初が、隣村の寺田から貰い受けた早生種の茶豆の種を畑に植えたところ、なかに晩生で味の良い豆があったため、その種を大切に保存して自分の畑で増やしていき、現在のだだちゃ豆のルーツとなった「藤十郎だだちゃ」を育てたという品種改良のお話があります。

 

旧大泉村、役場跡地にだだちゃ豆の記念碑に由来が刻まれて残っています。これによると「だだちゃ豆」の歴史は100年をこえることになります。

 

 

 

 

だだちゃ豆は江戸時代から続く在来品種


はたしてだだちゃ豆の品種とはいくつあるのでしょうか。「だだちゃ豆の品種は何種類ありますか?」と訊かれても一言で正確な答えが説明できませません。

 

なぜかといえば元々は各生産者の家にそれぞれの味がありその家の屋号を取って「○○だだちゃ」といわれているものがあり、各生産者がそれぞれで独自に種を選抜してきました。たとえば「太助」さん家の「だだちゃ豆」というように呼んでいました。ですから生産者の数だけ独自の品種があったわけです。

 

「今年より美味しいだだちゃ豆を来年こそ作りたい」「他の家のだだちゃ豆より美味しく」するために自家採取で品種改良を続け美味しいだだちゃ豆の種を残してきました。

 

それが伝統となって今でも家伝の種子をこれまで家伝の秘法として代々の当主達が自家採取して独自に品種改良に努めているのです。

 

つまりだだちゃ豆は自家採取する生産者の数だけ独自に選抜改良を繰り返していますから、その点から視ると其々に少しずつ品種ごとの違いが生まれています。そのために厳密にいうと微妙な違いのあるものが限りなく品種としてあるということになります。

 

 

 

 

白山だだちゃ豆 だだちゃ豆通販 だだちゃ豆の品種

鶴岡市のこの地域だけの特産品として「だだちゃ豆」は100年以上、品種改良を続けてきた


 

 

 

 

「白山だだちゃ」は本豆(ほんまめ)と呼ぶ


だだちゃ豆の地元白山(しらやま)【大泉地区】では晩生白山(ばんせいしらやま)のことを「本豆(ほんまめ)」とか「白山だだちゃ」とか呼びます。だだちゃ豆の品種のひとつなのですが、この豆がいちばん「だだちゃ豆」の特徴をしっかり表している。「だだちゃ豆らしいだだちゃ豆」と言うわけです。

 

「だだちゃ豆」の中でも特に晩生種の「白山」は本豆と呼ばれるように「だだちゃ豆」の特徴を良く表現しています。それは「豆のサヤのくびれが深く豆の膨らみが大きい」「表皮は茶色い産毛に覆われている」のが大きな特徴になります。

 

 

 

 

 

 

だだちゃ豆通販 白山だだちゃ豆 だだちゃ豆の品種

だだちゃ豆は100年の歴史がある地域に根ざした在来種です。


 

 

 

 

 

 

「鶴岡だだちゃ豆生産者組織連絡協議会」が10品種をだだちゃ豆と認定している


 

白山だだちゃ豆 だだちゃ豆通販 だだちゃ豆

くびれが深くぷっくらと張りがある「だだちゃ豆」

収穫の早い順から

1、「庄内一号」

2、「小真木(こまぎ)」

3、「甘露(かんろ)」

4、「早生白山(わせしらやま)」

5、「白山(しらやま)」、本豆(ほんまめ)

6、「庄内三号」

7、「晩生甘露(ばんせいかんろ)」

8、「平田(ひらた)」

9、「庄内五号」

10、「尾浦(おうら)」 

この10品種です。


 

 

白山だだちゃ豆 だだちゃ豆通販 殿様だだちゃ豆

だだちゃ豆はくびれが深く弾きでそう

だだちゃ豆 品種 白山

だだちゃ豆には認定された品種が10種ある


 

 

 

 

「鶴岡だだちゃ豆生産者組織連絡協議会」が10品種を認定


このような、覚えられないほどの品種を整理統合していかないとお客さまに支持させないことや、競合産地にお株を奪われかねないという危機感もあります。だだちゃ豆ブランドに傷がつきますから一定のルールに則り生産者が組織を作って客観的な立場から解り易く整理されてきました。

 

そして現在は「だだちゃ豆」というネーミングが商標登録されておりだだちゃ豆を保護するために「鶴岡だだちゃ豆生産者組織連絡協議会」が10品種をだだちゃ豆と認めています。

 

それは「庄内一号」、「小真木(こまぎ)」、「甘露(かんろ)」、「早生白山(わせしらやま)」、「白山(しらやま)」、「庄内三号」、「晩生甘露(ばんせいかんろ)」、「平田(ひらた)」、「庄内五号」、「尾浦(おうら)」の10品種です。

 

 

この美味しい「だだちゃ豆」がどのようにして世の中に生まれてきたのでしょうか。そこには庄内藩の時代のある女流育種家の存在がありました。

 

 

だだちゃ豆のとはについては下記の資料から

 

白山だだちゃ豆、本豆(ほんまめ)と呼ぶ「白山」の特徴とは

 

だだちゃ豆の品種まとめ  10品種一覧


 

だだちゃ豆協議会が認定した、だだちゃ豆の10品種

だだちゃ豆協議会が認定した、だだちゃ豆の10品種


伊藤さんの栽培する6品種

伊藤さんの栽培する6品種

 

 

 

 

 


 

 

だだちゃ豆 白山だだちゃ だだちゃ豆通販

長い歴史多くの生産者の手を経てだだちゃ豆は独自に品種改良されて進化してきた。生産者 伊藤さんご夫妻


 


▼▼お取り寄せはこちら▼▼

だだちゃ豆 枝豆 白山

白山だだちゃ豆 殿様だだちゃ豆 だだちゃ豆お取り寄せはこちら

香ばしさ際立つ枝豆「だだちゃ豆」

茹でるとトウモロコシのような香ばしい風味が強く伝統の枝豆はあまい香りが広がり、やめられない独特のおいしさが特徴。

だだちゃ豆の種子は自家で選抜淘汰を繰り返し自家採種し、白山地区では門外不出の家伝の宝として扱っています。

長い期間に渡り生産者の情熱と地域がこぞって競い合って「だだちゃ豆」の栽培に努力してきた人気の在来種「だだちゃ豆」。

だだちゃ豆、白山だだちゃ豆は鶴岡市白山地区(大泉地区)に伝わる伝統野菜であり庄内地方で愛される夏の風物詩です。

 

4000円から  送料無料!

https://www.ajfarm.com/fs/ajfarm/c/gr10

 

 

 


ページの先頭へ戻る

Copyright©味の農園 All Rights Reserved.