全商品を見る
トップページ > くだもの歳時記 > さくらんぼ 紅秀峰の実力と美味しさ 佐藤錦との比較

くだもの歳時記

さくらんぼ 紅秀峰の実力と美味しさ 佐藤錦との比較

紅秀峰 朝採れ 大粒さくらんぼ

 

 

紅秀峰(べにしゅうほう)は晩生種で、佐藤錦の後に収穫が始まります。佐藤錦より2週間ほど遅い露地物は山形県辺りでは6月下旬~7月中旬に収穫されています。

 

 

 

大粒さくらんぼ 紅秀峰(べにしゅうほう) は期待の新星


『佐藤錦』よりも約2週間ほど遅れて収穫される晩生種の品種です。 簡単に紹介しますと、紅秀峰は昭和54年に山形県で、『佐藤錦』と『天香錦』という品種を交配して開発された比較的新しい品種で、最も人気の『佐藤錦』に比べて大粒で、果肉が硬く歯応えがあり、酸味が少なく糖度が高い事が特徴です。

 

とにかく粒が大きく歯応えがあるので食べ応えがあり、食べてみて、率直な印象としては「大粒さくらんぼ」といったところでしょうか。収穫期は7月に入ってからなので、お中元の贈答品として利用価値が高い期待のサクランボです。

 

知名度も上がってきており人気上昇中のさくらんぼの中では新しい品種です。

 

 

 

 

佐藤錦 紅秀峰 山形さくらんぼ

紅秀峰など大粒で食味の良い新品種は、次ぐ次と生まれているが・・・


 

 

 

紅秀峰の優れているところ、佐藤錦と比較して


現状の山形県では「佐藤錦」の栽培の構成割合が全体の8割前後になっています。この佐藤錦志向の強さは現実に中々強固なものがあって、紅秀峰などほかの品種が佐藤錦の存在を脅かすまでに育っていないのが現実です。

 

この事が意味するのはシーズン前半から後半まで、佐藤錦で7月上旬までの間をカバーしていることです。佐藤錦の後半は、栽培方法や生産地でも違いがありますが、実が軟らかくなりやすく、アルコール化しやすく発送した場合に、過熟という大きなリスクを生じます。

 

さくらんぼシーズンの後半を実の固い紅秀峰がカバーしてくれると、全体を30日として前半と中盤の20日間を佐藤錦、後半10日間を紅秀峰という無理のないコンビネーションが確立出来るのではないかという大きい期待があります。

 

 

1、紅秀峰は実が固く保存性が高い

 

佐藤錦に比較すると、実の固さが魅力です。初夏のルビー色の果樹園の宝石に君臨する「佐藤錦」にも 大きな悩みがあります。完熟の佐藤錦の 味は絶品であるが。美味しいものほど命は短く劣化しやすいのです。最大の欠点は実が軟らかいこと。日持ちが短く過熟になりやすいなど、指摘される欠点があるのです。

 

 

佐藤錦はシーズン後半になると、特に実が軟らかく過熟(熟れすぎ)になりやすいう決定的な弱さが付きまといます。それに比べると紅秀峰は実が固く、高温にも強く、日持ちが良いという送って安心なサクランボといえます。

 

 

2、紅秀峰は大粒のさくらんぼになりやすい。

佐藤錦が一般的に(M)から(L-2L)がやっとなのに対して紅秀峰は2Lから3Lまで期待できる大粒の品種といえます。しかしその条件として、「芽欠き」と「摘果」を徹底しないと大粒は出来ません。大粒にするにはそれだけの労力と手間がかかります。

 

 

3、紅秀峰は糖度も高く食味が良い

大粒で実の固さが魅力な紅秀峰は食味も佐藤錦に劣りません。糖度も20度前後とかなり濃厚な食味です。

 

 

4、紅秀峰は主に7月からの晩生種だからお中元になりやすい

紅秀峰の収穫が始まるのは6月下旬頃からです。佐藤錦の収穫が終わると直ぐに紅秀峰を収穫します。7月中旬の15日頃まで収穫できますからお中元にピッタリのさくらんぼです。

 

 

紅秀峰 紅秀峰通販 さくらんぼ通販

紅秀峰は全体の12%程の作付で佐藤錦以外の品種では唯一10%を超え今後の期待が大きい

 

 


 

 

紅秀峰の弱いところとは (佐藤錦と比較して) 


 

1、着果しやすく、成り過ぎるので摘果が大変

紅秀峰はとても着果がよいサクランボで、摘果しないと葡萄のような小さい実が鈴生りに成ってしまう性質があります。生産者は満開期の天候不順による着果不足も心配ですが成り過ぎもまた困りものなのです。

 

 

2、遅霜に弱い。霜に弱いといわれる。

4月上旬から中旬にかけてサクランボの蕾がいちばん弱い時期、遅霜の害を受けやすい時期です。紅秀峰はサクランボの中でも霜に弱い方の品種で、他の品種に比較すると被害にあいやすいようです。

 

霜に対しての抵抗性が低いという声も多いが、逆に佐藤錦より霜に強いという生産者もいるので、霜の程度、生産する場所によっても違いがあるようです。

 

 

 

3、育成して10年くらい後に突然枯れることがある。

紅秀峰を栽培を経験した生産者の人たちによると、紅秀峰は生育して10年頃に全部ではないのですが、突然枯死してしまう場合があるというのです。それが紅秀峰の欠点だと嘆いている人も中にはいます。10年育ててきて、さてこれから収穫が沢山期待できるという時に突然枯死されてはたまりませんね。

 

 

 

 

紅秀峰 佐藤錦 大粒さくらんぼ

サクランボは大粒にするために完熟でお届けするために多くの作業を重ねています


 

 

 

 

佐藤錦のさくらんぼ品種構成から見た課題


さくらんぼと言えば佐藤錦、20世紀最高の品種と絶賛され、生食用としては他を寄せ付けない圧倒的な支持と人気を得てサクランボの王様の地位はゆるぎないように見えますが欠点が無い分けではありません。

 

ルビー色の果樹園の宝石に君臨する「佐藤錦」にも 大きな悩みがあります。完熟の佐藤錦の 味は絶品であるが。美味しいものほど命は短く劣化しやすいのです。

 

佐藤錦の問題は人気、実力ともにダントツの存在になったことで山形県のさくらん生産量の80%以上が佐藤錦になってしまったことです。他の品種では紅秀峰が12%と佐藤錦を除くとトップです。しかし佐藤錦とは栽培割合には大きな違いがあります。

 

もたらす弊害として、6月中旬から7月中旬頃まで佐藤錦が出回ることにより、産地や栽培方法で違いはあるにせよ無理な佐藤錦の栽培体系となってしまっています。

 

本来の佐藤錦の無理のない収穫時期は6月中旬から下旬ではないかと思います。7月までも引っぱる無理な佐藤錦の生産が人手不足にもなってきたことから収穫遅れ、もぎ遅れに繋がっているのではという指摘も見られるようになってきました。

 

紅秀峰 佐藤錦 紅秀峰通販

紅秀峰は軟化しない保存性の良さが魅力と生産者は語る


 

 

 

 

 

さくらんぼ 紅秀峰の実力と美味しさ 佐藤錦との比較 まとめ 


 佐藤錦という品種が素晴らし過ぎて、山形サクランボ全体の品種構成比の80%前後にもなってしまったことに問題があるといっても過言ではありません。この状態によってシーズン後半まで無理して佐藤錦を引っぱることになってしまったことに大きな問題と考えられます。

 

つまり、佐藤錦が多過ぎることに問題があるといえます。この状態をカバーできる存在は現状、紅秀峰しか品種はないと思います。たとえは紅秀峰は現状全体の12%なのですが、これが30%まで拡大できると状況は一変するのではないかと思います。

 

さくらんぼシーズンの後半を実の固い紅秀峰がカバーしてくれると、全体を30日として前半と中盤の20日間を佐藤錦、後半10日間を紅秀峰という無理のないコンビネーションが確立出来るのではないかという大きい期待があります。

 

このように、紅秀峰を加えることによって考えられる理想の構成比は、全体の60%が佐藤錦、紅秀峰30%そして、早生品種が10%という構成になったとすれば全体としては生産に無理がなく、シーズンを長く有効に利用できるのではないかと思います。

 

利用者にとっても、6月上旬に早生品種、たとえば「静御前」6月中旬から6月下旬に「佐藤錦」、7月は実の固い日持ちの良い品種「紅秀峰」、若しくは「紅てまり」、「紅夢鷹」など新しい品種でしかも大粒のサクランボを利用できるようになる。まさに理想的な品種のバランスといえると思います。

 

 

 

 

 

 紅秀峰の収穫前の仕上げは葉摘み作業

 

 

 

 

 

 

 


▼▼お取り寄せはこちらから▼▼

紅秀峰 紅秀峰通販 さくらんぼ通販

 

山形さくらんぼ 佐藤錦 完熟さくらんぼくらんぼの期待の新星「紅秀峰(べにしゅうほう)」特集

「紅秀峰」は糖度が高く、甘さ十分、そして酸味とのバランスが抜群に良い品種です。赤く色付いた果実は甘さが濃く、プリプリのさくらんぼが口の中ではじける食感はたまらない美味しさです。大粒になるほど、果肉が厚く果汁たっぷり。甘さの中に程よい酸味が加わったジューシーな食味はさくらんぼの最高峰です。

<お客様の声>

まもなく8月。早いですね!今年もおいしいサクランボを届けていただき、ありがとうございました。初めて大粒の2L「紅秀峰」を注文しました。粒が大きく、まっ赤でしっかりとした歯ごたえ。とても甘くておいしかったです。

 

4800円から  送料無料!

https://www.ajfarm.com/fs/ajfarm/c/gr89

 

 


ページの先頭へ戻る

Copyright©味の農園 All Rights Reserved.