全商品を見る
トップページ > くだもの歳時記 > 桃は1本の樹に500個の実をつける

くだもの歳時記

桃は1本の樹に500個の実をつける

美味しい桃をつくるために


美味しい桃をつくるには生産者の方々が工夫をして、いろんな方法が試されているようです。

これは果樹園のある地域の違いや気候や土壌、肥料のやり方、果樹の品種や樹齢、剪定や摘果のやり方など様々の要因によって異なりますので一概に言うことはできません。

 

あくまでも、標準的な例をお話すれば、桃の畑10アール(a)あたり24本の木を植えて、大体10000から12000個、桃の栽培は、つまり一本の樹で平均500個くらいの果実を収穫することが可能だということになります。

 

桃の樹1本日につき最低500の花は摘花しないで残されることになります。

 

 

 

桃通販 川中島白桃 黄金桃

摘花が始まり花の数が少なくなった川中島白桃、開花が早かった


黄金桃 桃通販 もも通販

まだ摘花されていない満開の桃の花(黄金桃)


 

 

 

 

桃の花の摘花、桃の実の摘果とは


桃の花は山形では果物の花の中でいちばん早く咲きはじめます。4月下旬ころから派手なピンク色の花が咲き始めるのです。しかし、この桃の花が満開の期間はごく短い期間にしか楽しむことはできません。

 

それは桃の花の満開時には早くも実の数を制限する「花摘み」する宿命がまっているからです。

 

 

 

 

桃通販 川中島白桃 もも通販

春いちばんに咲き出す桃の花は、他の果物の花より早い


 

 

 

短い命の桃の花を愛でる


ピンクの愛らしい桃の花が満開になるころ、生産者は畑に入り約8割の花を摘花してしまうのです。しかしこの摘果作業も人がやる手作業には限界がありますから、一気に終るわけでもないので、摘花するまでは惜しまれながら満開の花を楽しむ事は出来るのです。

 

どの果物の花よりも目立つピンクの花の満開の花見は残念なことにほんの短い期間だけに限られることになりますが、他のくだものの花と比べると鮮やかな桃色なので満開の畑の周りはもりあがります。

 

 

 

 

美味しい桃をつくるために全てがある


桃の栽培には、やはり基本があって着果管理 (樹にどのくらいの数の果実をならせるか)は摘蕾(余分なつぼみをとること)と摘花(余分な花をとること)が基本と言われています。

もう、蕾の時から実の数を制限して徹底的に美味しい実を収穫することを目的に作業は組み立てられています。

 

モモの樹に葉が育ち光合成で作られた養分が利用されるようになるのは、花の満開後30日目以降になってからです。それまでは、前の年の収穫後から冬の休眠期にかけて樹に貯えられた貯蔵養分がエネルギー源になるのです。

 

 

 

 

もも通販 あかつき 川中島白桃

たっぷりの果汁と滑らかな舌触りの川中島白桃は日持ちも良いので人気


 

 

 

 

 

桃の花の宿命は美味しい桃をつくるため


つまり新芽がでて若葉が育つのはこの貯蔵養分に頼っています。無駄な蕾をつけ無駄な花を咲かせることはこの貯蔵養分を浪費することになるので、出来るだけ早く余計な花や実は取除かないと樹が弱ってしまいます。

 

花が一杯咲いたモモの樹、見かけは美しいのですが、モモの樹にとっては消耗に他ならないのです。

 

貯蔵養分を有効に使い、美味しい実を育てるためにおこなう作業が摘蕾と摘花です。実をつける果物の宿命に繋がっていることが解ります。

 

 

 


 

 

黄桃 白桃 山形もも

黄桃 白桃 山形桃

山形の旬の黄桃(黄金桃)と白桃

 

黄桃は黄金桃、黄貴妃、黄ららのきわみ、10月上旬に収穫する光月、黄貴妃は果汁たっぷりでマンゴーの風味が確かに感じられます

山形の黄桃の歴史は古く、缶詰加工の時代が長かったことから黄桃栽培ははじまり、現在の品質レベルの高い生食用の黄桃栽培につながってきました。

白桃はあまとう、あかつき川中島、だて白桃と続きます。上品な香りに加えて日持ちも良く、質と量ともにトップにランクされています

 

3580円から  送料無料!

https://www.ajfarm.com/fs/ajfarm/c/gr19

 

 


ページの先頭へ戻る

Copyright©味の農園 All Rights Reserved.