全商品を見る
トップページ > くだもの歳時記 > スイカの名産地「尾花沢すいか」美味さのひみつ

くだもの歳時記

スイカの名産地「尾花沢すいか」美味さのひみつ

尾花沢スイカ スイカ通販 スイカ

夏すいか日本一の尾花沢 スイカの名産地  


スイカといえば子供のころを思い出すとお盆の食べもの。仏間にはお盆のお供えやお盆飾りがきれいに飾られています。そこには必ず大きなスイカが飾られていました。そしてお盆が過ぎないと食べられないことも知っていました。お盆んが終わると、子供たちが集められて縁側に座ってみんなでスイカの種を飛ばしながらお腹いっぱい食べました。昭和の日本の原風景です。

 

8月の広大なすいか畑。『尾花沢すいか』とは、尾花沢市周辺でとれるすいかの総称。昭和初期から作付けしているというから、歴史的にも古産地ということです。一面をおおう葉っぱの間をよく見ると、そっちにゴロン、こっちにゴロンと、まるまると肥えたヘビー級たちが収穫を待っています。「祭ばやし、富士光という品種が、尾花沢市ではほぼこれがメインということです。もう少し大きく、8~8.5kgぐらいまで太りますよ」と生産者が教えてくれます。

 

 

「今日1日だけでも、選果場では4万個以上をさばいています」。共同出荷にあたり、JAでは規定の糖度に達していないものははずすという厳しい選果基準をもうけているという。この徹底したやり方が、「夏すいか日本一」の尾花沢すいかの長い歴史と名声を支えてきたのです。

 

 

スイカ通販 尾花沢スイカ 尾花沢西瓜

尾花沢スイカは濃厚な甘さと口に残らないさっぱり感がある


 

 

 

「尾花沢スイカ」温度格差12度が甘さを生みだす


ツヤがあって丸々と太った取りたて。叩くと澄んだ音がして来ます。振動が全体に伝わるこの音が空洞がなくみっしりと実が入った証拠だそうです。

 

包丁を入れると、真っ赤に熟れた果肉が目にも鮮やか。かぶりつけば口の端から汁があふれんばかりで、これがとてつもなくジューシー、そして特有のシャリシャリ感もほどよいし、種は黒いほどいいということです。なるほど真っ黒だと確認してみました。

 

 

例によって山形の猛暑と夜の涼しさという内陸型の気候的なメリットが産地にむいていることは確かのようです。

 

 

そして、ながい産地としての歴史がすいか産地としての名門のプライドが、「高品質なすいか作りを」という高い意識を生み出していることも見逃せません。技術面でも時代ごとに進展を見せ、今では自然条件をうまく活用した早出し・遅出し栽培も行って、栽培期間を広くとってリスクを回避しているのです。

 

 

 

 

 

スイカ通販 尾花沢すいか 西瓜通販

尾花沢スイカはクロボクと呼ばれる水はけのいいさらさらした水はけの良い土壌でつくられる


 

 

 

スイカの機能性食品としての研究も


すいかは約90%が水分。利尿作用があり、果汁を煮詰めて水飴状にした「すいか糖」は腎臓病にいいともいわれています。また含まれるミネラル分のうちのカリウムは塩分の採りすぎによいとされる。スイカに塩をかける食べ方は、夏に、流れる汗で不足した塩分を補充しつつ、採りすぎも調節するという、昔の人の知恵だったのかもしれません。

 

 

今では山形大学を中心にスイカの機能性成分の研究がすすめられています。スイカの名産地から付加価値を高めて機能性食品などの新しい試みも始まっているようです。

 

 

 

スイカ通販 尾花沢スイカ 尾花沢西瓜

夏スイカ日本一の生産地、尾花沢、猛暑の夏を待ち望んでいる


 

 

 

 

尾花沢スイカはクロボクの大地が美味さの秘密


山形新幹線の終着駅は新庄駅ですが、ひとつ手前の大石田駅近くはスイカの名産地、尾花沢すいかの生産地であるのどかな山里が広がります。真夏の食べ物スイカですが、意外と日焼けに弱く、収穫近くなると、日除け資材を使って日焼け防止の対策をします。
何といっても日除けに一番いい資材は稲ワラで、いまごろの収穫まじかになるとスイカ畑には、稲ワラをかぶったスイカがごろごろ寝ながら出荷を待っています。

 

日焼け防止にワラでこの辺の土の色はクロボクといわれる黒い土で、さらさらした軽い土壌でスイカにはピッタリの土壌だということが地の利があったということで日本一の産地に育ちました。雨が降っても水が溜まりにくいので、水田には不利でむしろ、スイカには最高の土壌条件ということも大産地に発展してきた理由のようです。

 

今年は、猛暑と節電からの消費者心理が絡み合ってスイカが大人気で品不足気味なので、これからの尾花沢スイカには大きな期待がかけられていますよ!
一日でも早くお届けしたいところですね。

 

スイカの栽培の時には雪はすでにありませんから気づきませんがふゆは豪雪地帯2mの雪が大地を覆います。そしてまた美味しい蕎麦の産地でもありおいしいお蕎麦屋さんの名店も多い地域になっています。これから、猛暑の夏は尾花沢すいかもおいしいお蕎麦も夏の楽しみですね。

 

 

西瓜通販 尾花沢スイカ スイカ通販

緩やかな丘陵地がクロボクとともにスイカ栽培には最適な環境といえます

 

 

 

 

 

 


 


▼▼お取り寄せはこちらから▼▼

 

スイカ通販 西瓜通販 尾花沢スイカ

スイカ通販 西瓜通販 尾花沢スイカスイカの名産地「尾花沢・おばなざわ」

冷蔵庫に入る小玉サイズもあるよ

 

山形の猛暑と夜の涼しい気候が生み出す温度格差はスイカに糖度を生み出す。

共同出荷にあたり、JAでは規定の糖度に達していないものは出荷から外すという厳しい選果基準をもうけている。

尾花沢スイカの独特の甘さは水はけのよい「クロボク」と呼ばれる火山灰質の黒い土壌はさらさらした水はけのよい土壌がうみだします。

食べ飽きしないすっきりした甘味とシャリシャリの食感をあたえる。

 

3,580円から  送料無料!

https://www.ajfarm.com/fs/ajfarm/c/gr9

 

 

 


ページの先頭へ戻る

Copyright©味の農園 All Rights Reserved.