全商品を見る
トップページ > くだもの歳時記 > 庄内柿の渋抜きするメカニズムとその方法

くだもの歳時記

庄内柿の渋抜きするメカニズムとその方法

カキタンニンを水溶性から不溶性に変化することにより、渋味を感じなくなる

 

庄内柿(平核無)の渋がきの脱渋方法として広く用いられているのは、炭酸ガスかアルコールによる方法(ごく一部樹上脱渋があります)ですが、いずれの方法もカキタンニンを水溶性から不溶性に変化することにより、渋味を感じなくなることを利用しています。

アルコール脱渋では、38%程度のアルコール溶液をかき1kg当たり10cc程度噴霧し、密閉することにより、1週間前後で渋が抜けます。

また炭酸ガス脱渋では、100%のガス内に約1日間密閉し、その後開放、処理2日後には渋が抜けます。

アルコール脱渋では食味は良いが日持ちが短く、炭酸ガス脱渋ではアルコール脱渋に比べ日持ちはやや長いが、風味が失われる欠点があるため、最近では両者を併用する方式も行われています。

家庭で渋抜きする場合は、アルコール溶液の代わりに35%の焼酎を用いても可能ですが、脱渋までの日数は気温にもよりますが2~3日余分に見た方が安全です。

 

 

 

庄内柿は栄養成分が豊富「医者が青くなる」とか

庄内柿は栄養成分が豊富「医者が青くなる」とか

庄内柿は渋柿を脱渋した種なし柿

庄内柿は渋柿を脱渋した種なし柿

 

種なし柿 庄内柿

平核無(ひたたねなし)「種なし柿」として

よく出回っている品種で「庄内柿」や

「おけさ柿」とも呼ばれます。

3900円から  送料無料!

https://www.ajfarm.com/fs/ajfarm/c/gr16


ページの先頭へ戻る

Copyright©味の農園 All Rights Reserved.