全商品を見る
トップページ > くだもの歳時記 > 極ふじ(きわめふじ)無袋栽培(サンふじ)の特徴とは

くだもの歳時記

極ふじ(きわめふじ)無袋栽培(サンふじ)の特徴とは

極ふじ(きわめふじ) 蜜入りサンふじ 蜜入りりんご通販

 

 

極ふじ(きわめふじ)蜜いっぱいで真っ赤


極ふじ(きわめふじ)の重さは350g位、実の形は長円形で果皮は無袋で果実全体に濃紅の縞(シマ)状に着色します。とても着色が良くお尻まで真っ赤になります。

 

特に食味が良く肉質は緻密で硬く、果汁が多くジューシー。特に蜜入が良いことで食味が大変良いと生産者の中でも評価が高くなってきました。

 

極ふじ(きわめふじ)は山形県では10月25日頃には着色が充分になり収穫できるようになりますが、阿部りんご園ではここから2-3週間、蜜入りを確実にたっぷりにするために樹上熟成させて収穫を待つことになります。

 

この2週間の間に霜が降りると極ふじ(きわめふじ)の蜜入りはグンとすすみ美味しい蜜入りのりんごに仕上がります。

 

樹上熟成することで、一般のふじとは別物のお尻まで真っ赤で蜜たっぷりの極ふじ(きわめふじ)が仕上がるのです。

 

 

 

極ふじ(きわめふじ) 蜜入りサンふじ 蜜入りりんご通販

極ふじ(きわめふじ)は蜜入りが良く早く収穫できるサンふじ


 

 

 

 

 

蜜入りは「こうとく」100%とすると極ふじ70%


極ふじ(きわめふじ)の蜜入りはこうとくを100%とすると70%といった感じの入り方と言えると思います。一般的なサンふじが40%なのと比べるとかなり違っています。

 

また、こうとくと極ふじ(きわめふじ)の食感も違います。ジューシーで軽い食感のこうとくに対して、果肉がパリパリで固さが心地よい食感はやはりサンふじと似ています。

 

どちらも蜜入りはたっぷりですが実の質感が違っているということです。11月の「こうとく」12月の極ふじ(きわめふじ)と蜜入りでは東西の横綱のりんごと言えるでしょう。

 

 

ただ、蜜入りした蜜は冷蔵しても1カ月余りで変色し、消えて無くなりますから蜜の入りで食べたい方は年内が食べ頃です。

 

蜜入りりんごは、「こうとく」も極ふじ(きわめふじ)も、すでに樹上熟成して完熟していますからお早めに召し上がるようにお薦めしています。

 

 

 

極ふじ(きわめふじ) 蜜入りサンふじ 蜜入りりんご通販

生産者の阿部さんはりんご作りの達人、リンゴ栽培を極めている


 

 

 

 

極ふじ(きわめふじ)の蜜入りは温暖化に強い


極めふじと普通のふじとは品種が違うのかというと、「同じふじの仲間」なのですが、ふじの枝変わり(突然変異)を良い所を残して何年もかけて淘汰し選抜を繰り返して固定した品種といえます。

 

違った特徴のあるふじの兄弟品種として育てた一つのふじの系統といった方が良いかもしれません。

 

また、一つの特徴として通常山形県ではふじの収穫時期は11月中旬~下旬頃、12月に入る場合もありますが、近年の温暖化で冷え込みが不十分で蜜入り不安定で遅くなる傾向にあります。

 

樹上熟成する無袋ふじ(サンふじ)収穫が遅くなる事でヒョウ害や降雪による被害のリスクが高まってきます。極めふじの特徴である2週間早く収穫できるとすればこの問題はかなりリスクの軽減になります。

 

 

品種を極ふじ(きわめふじ)に変える事でこの、温暖化に関わるお天気のリスクが軽減されることは生産者にもメリットがあるのです。

 

 

買いもとめたお客さまについても美味しく蜜入りの良い美味しい極めふじをいただくことは喜んでいただけるものではないのでしょうか。

 

 

 

極ふじ(きわめふじ) サンふじ りんご通販

極ふじ(きわめふじ)はしっかり着色してから2-3週間樹上で熟成させて11月下旬に収穫


 

 

 

 

 

極ふじ(きわめふじ)は他の兄弟の中でもピカイチ


極ふじ(きわめふじ)同様にふじの枝変わりとして違った特徴で品種登録されたものは極ふじのほかにも数種類あります。その中でも特長が山形県の「サンふじ」として栽培するのに抜き出ていると生産者からの強いお薦めをもとに販売を決めました。

 

ちなみに、日本におけるふじの生産量は、1982年にデリシャス系統を抜いて以降連続の第一位で、日本で最も多いりんごです。2001年の品種別生産量では、世界一にもなりました。日本から始めて世界に躍り出たスター選手「ふじ」です。

 

 

 

極ふじ(きわめふじ) サンふじ りんご通販


 

■蜜入りセンサー検定済サンふじ こちらから

ふじりんご通販 ふじりんご 蜜入りリンゴ通販


▼▼お取り寄せはこちらから ▼▼

山形りんご サンふじ こうとく

山形りんご サンふじ こうとく蜜女王「こうとく」と極ふじ(きわめふじ)

山形は寒暖の差が激しい盆地特有の気候で、りんご本来の美味しさが生じる完熟期と収穫期が見事に合致する、日本有数のリンゴの産地です。

極ふじ(きわめふじ)は特に食味が良く肉質は緻密で硬く、果汁が多くジューシー特に蜜入が良いことで食味が大変良いと生産者の中でも評価が高い。

 

人気の秘密は、なんといっても果肉の大半を占めるアメ色 の蜜入りりんごの生産地の山形県でも生産量が少ないため、大変希少なりんごとなっています。

「こうとく」は全面に蜜が入り、食味、香りが高いりんごとして評価が高くなってきました。

 

 3,980円から  送料無料!

https://www.ajfarm.com/fs/ajfarm/c/gr2

 

 


ページの先頭へ戻る

Copyright©味の農園 All Rights Reserved.