全商品を見る
トップページ > くだもの歳時記 > サクランボの旬 美味しい季節はいつ

くだもの歳時記

サクランボの旬 美味しい季節はいつ

山形さくらんぼ さくらんぼ通販 さくらんぼ佐藤錦

 

 

サクランボの美味しい季節は何時でしょう、さくらんぼの旬ということになりますね。それでは産地の山形さくらんぼの旬について栽培方法と収穫時期を見ながら学んでいくことにします。

 

 

さくらんぼの温室栽培は4月上旬から収穫が


さくらんぼは通常栽培では6月中旬から7月下旬までが山形さくらんぼの美味しく出回る旬といわれています。しかし、雪が降り始める11月から12月の冬の寒さを経験させたサクランボの樹に温室設備によってビニールをかけてボイラーで加温して育てます。


そうすることで、2月中旬頃には白いサクランボの花が咲き始め、ミツバチを放って授粉をたすけることで、4月上旬には立派な佐藤錦が収穫されることになるのです。


この方法で栽培されたのが「母の日さくらんぼ」ということになります。通常栽培ですと母の日のころはまだ佐藤錦は開花が終わったばかりのころです。温室栽培の最大の需要期は何といっても「母の日ギフト」といえます。


このように温室栽培は温室ごとに開花する時期をずらしながら栽培しますからシーズンは長くなり、4月下旬から6月上旬頃まで収穫が続きます。


温室さくらんぼのいちばん美味しいといわれるのは太陽の陽射しが強まり春のお天気が安定してくる4月下旬から5月中旬頃ではないでしょうか。


 

 

山形さくらんぼ さくらんぼ通販 さくらんぼ佐藤錦

美味しいさくらんぼを選ぶには、軸と呼ばれるサクランボの柄が緑で太いこと


 

 

サクランボ露地栽培は雨除けハウスで6月中旬


一般的にサクランボの旬とはさくらんぼの最盛期といわれる6月上旬から7月中旬を指します。しかし佐藤錦の旬となると少し範囲が狭くなり6月中旬から7月上旬までになります。いずれにしても通常栽培されるサクランボの季節はごく短いといえます。

また、さくらんぼの栽培方法には大きく分けると2つの栽培方法があります。温室で早出しサクランボを生産する温室栽培。サクランボ生産量の大多数を占める通常栽培(露地栽培)があります。つまり栽培方法ごとに美味しい時期、さくらんぼの旬は違うことになります。


さくらんぼといえば佐藤錦といわれる本命の佐藤錦の本当の旬はいえば6月中旬から下旬といっておきます。というのは、山形県の中でも産地は広いこともあって7月上旬でも栽培方法や産地によって3-5日程のずれはあると厳密には言えるからです。


はっきり申し上げられない心苦しさはあるのですが、絶対に間違いのない産地がないように産地で良くないといえるところもないのが現実なのです。

 

 

サクランボ 佐藤錦 さくらんぼ通販

サクランボは鮮度が命、収穫したその日に発送します。


 

 

 

露地栽培と雨除けハウス栽培は同じ意味


良く聞かれることに「雨除けハウスは温室栽培ではないのですか?」という質問。雨除けハウスはあくまでも雨を防ぐためのもので一般のテントをイメージいただければと思います。天井だけのもので周囲は解放されています。雨除けハウスを利用したものは一般に露地栽培と云っています。


厳密には雨除けハウスを設備していないサクランボの畑ももちろん存在します。それらはサクランボの木がまだ若いとかで、これから雨除けハウスを設備する畑です。あまり美味しくない品種(佐藤錦の受粉のための樹)とかも雨除けハウスは無しになります。


一般に出回りが早いのは同じ品種でも雨除けハウスのない全くの露地モノと呼ばれるサクランボです。ビニール被覆がないためか色づきが早く収穫が早まります。しかしこのハシリと呼ばれるサクランボは味が充分でないものが多く、品質も低いものが多いのです。

 

 

山形さくらんぼ さくらんぼ通販 さくらんぼ佐藤錦

温室サクランボの収穫は4月上旬頃から主力の佐藤錦が出荷されます


 

 

サクランボの実についている軸(枝)が緑色で太い 


 少し絞ってお話しすると、「6月中旬から」という始まる時期は、サクランボの色づき、粒の大きさに注意して、色づき良く大粒のサクランボを選んでいただけると、美味しい旬に行き当たると思います。


また、7月前後の完熟期の佐藤錦は、熟れ過ぎを注して選ぶことになります。そのために注意する点は、サクランボの実についている枝のような軸を注目して下さい。ステムと呼ばれる枝が緑で新鮮さがあって太いモノ(大粒の証し)を選ぶことです。


色については佐藤錦であればこの時期はあまり気にせず鮮度第一に選ばれると良いと思います。


特に注意したいのはシーズン後半になると気温も高くなることから佐藤錦は実が軟らかくなりやすいので鮮度が落ちやすく本来の美味しさが感じられなくなります。


買い求める際はお店の人に良く聞いて鮮度の高いものを選びましょう。

 

 

 

山形さくらんぼ さくらんぼ通販 さくらんぼ佐藤錦

紅秀峰は色濃く粒が大きいものを選んでください


 

 

紅秀峰は7月上旬、紅てまりは7月中旬に収穫が


紅秀峰の旬は佐藤錦よりもっと短くなります。7月上旬~中旬です。美味しい旬の紅秀峰を選ぶのは決して難しくありません。佐藤錦に比べ旬が短く1週間で終わります。紅てまりも同様です。


紅秀峰は出来るだけ色濃く粒の大きいモノが美味しさの決め手、もちろん値段は高くなりますが、安いからといって色づきの薄い小粒の紅秀峰では紅秀峰本来の美味しさを感じる事は出来ないと思います。


紅てまりの旬の時期はサクランボでも一番遅い7月中旬頃からです。気温が高くなっても実は硬く、日持ちもいいので安心して食べられます。紅秀峰よりも一回り大きいサイズがおススメです。


紅てまりの美味しさの選び方もシンプルです。大粒、ホントの大粒で色の濃いものを選ぶと間違いはないでしょう。果肉が固いため過熟な物はあまり見当たりません。色付きが濃い物でも酸味も甘味もあって濃厚な味は一度味わうと忘れられないほど印象的です。


紅秀峰、紅てまり双方に言えるのは、粒が大きく色濃いサクランボを選ぶとホントに佐藤錦にはないサクランボの味を楽しむことが出来ます。そしてどちらも日持ちもいいですから安心です。


保存する場合は常温で届いた場合は風通しの良い涼しい所に常温で保管します。クールで届いた場合は冷蔵庫の野菜室に保管して出来るだけお早めに召し上がってください。

 

 


▼ さくらんぼ美味しい季節

 

 

 

 

 

サクランボの美味しい季節はいつ まとめ 


サクランボの栽培方法には大きく分けて2種類あります。温室栽培と通常栽培(露地栽培)です。

 

▼温室栽培(ハウスさくらんぼ)


温室栽培は4月上旬から6月上旬まで温室内で栽培して収穫します。通常栽培(露地栽培)は6月中旬から7月下旬頃まで収穫が行われます。


温室栽培のサクランボでは温室さくらんぼのいちばん美味しいといわれるのは春のお天気が安定してくる4月下旬から5月中旬頃です。


特に注意したいのはシーズン後半になると気温も高くなることから佐藤錦は実が軟らかくなりやすいので鮮度が落ちやすく本来の美味しさが感じられなくなります。この時期の佐藤錦の美味しさを見分けるのは鮮度、実と樹が繋がっているステムという枝の部分が緑色であるかを確認してお買い求めいただくと安心だと思います。


この実についた枝の部分(軸、ステム)が緑色で新鮮で出来るだけ太いものを選ぶのは、時期、品種、栽培方法を問わず共通して「美味しいさくらんぼを選ぶコツ」です。

 

▼露地栽培(通常栽培・雨除けハウス栽培)


さて、通常栽培(露地栽培)ですが、さくらんぼといえば佐藤錦といわれる本命の佐藤錦の本当の旬はいえば6月中旬から下旬といえます。山形県の中でも産地は広いこともあって7月上旬でも栽培方法や産地によって3-5日程のずれはあると言えるからです。


紅秀峰、紅てまり双方に言えるのは、粒が大きく色濃いサクランボを選ぶとホントに佐藤錦にはないサクランボの味を楽しむことが出来ます。そしてどちらも出回る時期も1週間程度と短いのでその時期ならば日持ちもいいですから安心して楽しめます。美味しいものは大粒を選ぶと間違いありません。

 

 

 


▼▼お取り寄せはこちら▼▼

佐藤錦 やまがた佐藤錦 佐藤錦通販

佐藤錦 山形さくらんぼ サクランボくらんぼの最高峰『佐藤錦(さとうにしき)』特集

「佐藤錦」は糖度が高く、甘さ十分、そして酸味とのバランスが抜群に良い品種です。赤く色付いた果実は甘さが濃く、プリプリのさくらんぼが口の中ではじける食感はたまらない美味しさです。大粒になるほど、果肉が厚く果汁たっぷり。甘さの中に程よい酸味が加わったジューシーな食味はさくらんぼの最高峰です。

<お客様の声>

まもなく8月。早いですね!今年もおいしいサクランボを届けていただき、ありがとうございました。初めて大粒の2L「佐藤錦」を注文しました。粒が大きく、まっ赤でしっかりとした歯ごたえ。とても甘くておいしかったです。

 

4800円から  送料無料!

https://www.ajfarm.com/fs/ajfarm/c/gr83

 

 


ページの先頭へ戻る

Copyright©さくらんぼ・ラフランス・蜜入りりんご・だだちゃ豆通販|味の農園 All Rights Reserved.