全商品を見る
トップページ > くだもの歳時記 > ラフランスの可憐な花が咲きました

くだもの歳時記

ラフランスの可憐な花が咲きました

ラフランスの花 ラフランス通販 完熟ラフランス

 

ラフランスの花は純白で丸みがある


5月の上旬になるとラフランスの花が咲きはじめます。ラフランスの花の色は純白。花ビラは円形でつくりがしっかりして風になびくような感じはありません。指輪の宝石のように5本の爪に真珠が挟まれているように見えます。

 

小さなバラのつぼみにも似ています。西洋梨もサクランボ、桃と同じ「バラ科」とは信じがたい気がします。

 

ラフランスは真っ白な花を咲かせます。ソメイヨシノなどの桜とは違い葉と同時に花が咲きます。満開にならない時は丸っぽい感じがスズランのようにも見え、花びらは梅の花のような感じもあります。

 

ラフランスの花は一カ所に7個前後の白い花をつけます。丸く可憐な花で優しさを感じる花でもあります。この花のひとつの塊を「花そう」と呼びます。咲いた花をよく見てみると花びらの下の方が少し丸く膨らんでいるのがわかります。この部分がだんだん大きく膨らんで実になっていきます。

 

 

 

ラフランス通販 完熟ラフランス ラフランス

白い花の下が実になる膨らみ


 

 

 

 

 

美味しいラフランスにするための花摘み(摘花)


花摘みは美味しいラフランスにするための大切な作業といえます。この作業で実の大きさも加減していきます。

 

摘花は、小さな弱い花を中心に余分な花を摘み取ります。摘果は、一つの花そうに7~8個の果実がつきますので、それを1個にします。

 

同時に急激に伸びた枝、徒長枝の整理もします。棚面を明るくするため、また、果実にしっかり養分が行き渡るようにするため、枝の背面から出たような徒長枝を取り除きます。

 

この時期は、もっとも忙しくなり、どこのラフランス園でも棚仕立であれば、脚立の上から棚上に体を乗り出しての作業風景が見られます。

 

 

 

 

 

ラフランス開花 ラフランス通販 完熟ラフランス

ラフランスの花の満開と共に摘花した園地


 

ラフランス通販 完熟ラフランス ラフランス

マメコバチがラフランスの花に授粉する瞬間


 

 

 

 

ラフランスの授粉もマメコバチ、ミツバチが活躍


ラフランスは西洋なしの中でも開花の早い品種といわれています。受粉樹(別品種の樹)と受粉して実がなる果実です。

 

この特性を自家不和合性といいますが、ラフランス以外の受粉樹があったほうが良く、受粉樹としては西洋梨や開花期が合えば和梨の幸水や豊水も授粉樹として使えるようです。

 

あくまでも開花期がラフランスと一緒になることが必須条件になります。洋梨のゼネラルレクラークは開花はラフランスより2-3日遅れますが、他の洋梨と比べ非常に相性が良いという研究結果があります。

 

ラフランスの受粉についても、もちろんその時期はお天気とマメコバチ、ミツバチの活躍も欠かせない要素になります。

 

 

 

ラフランスの授粉のためにマメコバチが活躍しています

 

 

 

 

 


▼▼お取り寄せはこちら▼▼

ラフランス 保存方法 簡単レシピ

ラフランス 保存方法 完熟ラフランス洋梨の女王、完熟ラフランス

 

ラフランスは果汁たっぷりの果肉はとろけるようなまろやかな口当たりで西洋なしの中でも一番の人気洋梨の女王です。

追熟の難しさや外見がよくないなどの理由で長い間注目されていませんでした

昭和60年代になってから追熟技術が進んだことで、ラフランスの上品でとろけるような美味しさが知れ渡るや、一躍フルーツ界の女王となりました。

口の中に広がるさわやかな甘味と程よい酸味、そのとろける味と香りは、食べた人を女王様気分にしてくれるでしょう。

 

3500円から 送料無料!

https://www.ajfarm.com/fs/ajfarm/c/gr4

 

 

 


ページの先頭へ戻る

Copyright©味の農園 All Rights Reserved.