温室さくらんぼ|味の農園
全商品を見る
トップページ> くだもの歳時記> カテゴリー: 温室さくらんぼ

くだもの歳時記

カテゴリー: 温室さくらんぼ

さくらんぼ 栽培方法の違いとは

山形さくらんぼ 佐藤錦 さくらんぼ通販

サクランボの栽培方法には大きく分けて2種類あります。冬に加温して収穫を早める温室栽培(ハウスさくらんぼ)と通常栽培(露地栽培)です。   さくらんぼ温室(ハウス)栽培 温室栽培は加温した温室で通常の栽培より収穫期を早める早出し栽培をねらった栽培方法を指します。一般的に加温栽培といいます。また加温しないで日射量を利用し温室の温度調整で栽培する無加温栽培も温室栽培といえます。 秋から冬に一定の期間、低温(冬)を経験させた後12月から1月頃...... 続きを読む

母の日の佐藤錦 栽培方法とは

佐藤錦 母の日さくらんぼ

母の日サクランボ2月に満開 母の日に使うギフト用の温室さくらんぼを「母の日ギフトさくらんぼ」「母の日さくらんぼ」と呼んでいます。このサクランボは収穫から逆算すると2月上中旬に雪の中の温室でサクランボの花が満開をむかえることになります。 満開のときに大事なのは、なんといってもサクランボの収穫をささえる受粉、交配という仕事になります。そのために大量のミツバチをたくさん温室に放しています。 さくらんぼは、1本の樹では受精しない性質、「他家受...... 続きを読む

さくらんぼ「佐藤錦」の温室栽培とは

温室さくらんぼ 佐藤錦通販 山形サクランボ

    冬なのに春が来たと騙される 実は冬にサクランボの樹が春が来たと勘違いして花を咲かす原理を利用します。 自然の状態の落葉果樹ですとサクランボは秋に花芽をつけたまま落葉して、冬になって雪が舞うほどの気温が低くなると休眠(次の活動のため栄養を蓄え活動を停止して眠る)します。 積雪の冬を越して、春に一定の気温に達するまで休眠状態を保つと春には花が咲き受粉して果実をつけることになるのです。生産者にお聞きすると「暖...... 続きを読む

温室さくらんぼのお花見

母の日 温室 温室さくらんぼ

    雪に埋もれた温室 蜜蜂が 積雪がピークに達した2月の上旬頃になると雪に埋まったサクランボの温室から何やらにぎやかな声が聞こえてきます。この頃はまだ日が短いので、一日の作業を早めに切り上げて親類知人を集めてサクランボのお花見がはじまります。温室内はサクランボの白い花が満開になっています。 積雪がいちばん多くなるこの頃、外はマイナス3℃。積雪1メートルほど温室の中は15℃前後となっていますが体感は暖かい。凍りついた外...... 続きを読む

雪中で満開 サクランボの温室栽培

温室さくらんぼ さくらんぼ通販 母の日さくらんぼ

  温室栽培のメカニズム 雪国山形の2月上旬は1年でいちばん寒い時期で積雪のいちばん多い時期なので産地の村山盆地の最低気温は-3℃から-5℃程になることも珍しくありません。積雪は多ところで1メートル、少ない平野部でも50センチ以上です。 前年の秋から12月中旬頃まで寒い外気で休眠(さくらんぼの樹の活動を停止した状態)に入ったサクランボの樹は下旬には温室のビニールを被覆させて暖房を入れます。時には雪が積もったままビニールを被覆して...... 続きを読む

ページの先頭へ戻る

Copyright©さくらんぼ・ラフランス・蜜入りりんご・だだちゃ豆通販|味の農園 All Rights Reserved.