全商品を見る

くだもの歳時記

アーカイブ:

さくらんぼ物語 佐藤錦誕生まで

さくらんぼ物語 さくらんぼ通販 山形さくらんぼ

  日本にサクランボ苗が輸入される 日本にサクランボの苗が輸入されたのは明治元年のこと。北海道開拓の一環としてさくらんぼの苗木が導入され、そこから全国に苗木が配られ日本での作付が始まります。  明治維新の西洋化の流れに乗って日本に最初にヨーロッパ系のセイヨウミザクラが入ってきた明治元年(1868年)に最初にサクランボを植えたのはドイツ人のガルトネルが北海道に合った6本のさくらんぼを植えたとあります。 この時持ち込まれ...... 続きを読む

高品質 さくらんぼを作る 剪定作業

さくらんぼ通販 さくらんぼ佐藤錦 紅秀峰通販

      美味しい「さくらんぼ」にするために  気候や土地に恵まれているだけでは、品質の良いさくらんぼを作ることはできません。そこにはさくらんぼ栽培を支える技術が存在します。 そこで山形の農家の人々は、冬の積雪の多い時期には雪で枝が折れないように雪おろしをしたり、 早く芽が出るように雪を消す仕事をしながら春を待ち剪定作業がはじまる頃にはサクランボの季節の到来となります。 さくらんぼの剪定で...... 続きを読む

さくらんぼ 紅秀峰の特徴と強みとは

紅秀峰 大粒さくらんぼ 紅秀峰通販

    「紅秀峰」の生産、栽培上の特徴 寒河江市にある山形県立園芸試験場(現山形県農業総合研究センター園芸試験場)において昭和54年に佐藤錦に天香錦を交配して得られた実生から選抜育成され、平成3年に品種登録されました。 樹勢はやや強く、樹姿は中位である。枝の発生が多く、花芽の数も良好で、結実良く豊産性である。開花は早く、4月下旬で佐藤錦より数日早い。 果実の大きさは8グラムから9グラムで極めて大果となる。果...... 続きを読む

さくらんぼ 佐藤錦は なぜ高い?

さくらんぼ 鏡詰め 佐藤錦

    さくらんぼの綺麗な「背中」をみせる鏡詰め 届いた時に驚き、もらって大感激の佐藤錦。それも一粒ひと粒きれいに並べられ化粧仕上げの通常「手詰め」と呼ばれる大粒のサクランボがパックに大盛り状態で盛られていきます。 このサクランボの並べ方「手詰め」は実はお得な商品です。何故かというと通常500g入りのパックに650gが詰められています。何故かというと手詰めは容器はプラスチックのバラ詰めが500g入るのと同じ容器を使います...... 続きを読む

山形さくらんぼ 未来100年を担う品種

さくらんぼ佐藤錦 さくらんぼ通販 山形さくらんぼ

日本のさくらんぼの歴史が約150年です。山形さくらんぼは佐藤錦を中心に、その中で大きな役割をしてきました。これから山形サクランボを考えるとき、佐藤錦の依存度が高すぎるという指摘が多いことからを作付ウエイトを下げた新しいスタイル、新しい品種とその品種構成によって次のステージに移らないといけない時期にきています。   さくらんぼ栽培は従来方法から新技術で省力化へ 山形県の農業生産技術試験場では、省力化のために木をコンパクトにする30年以上前からの課...... 続きを読む

さくらんぼ 発送は常温便かクール便か?

さくらんぼ クール便 常温便

  さくらんぼをお客様にお送りするとき、クール便か? 常温便か? 味の農園では長年(30年)にわたり宅急便を利用してきた経験とサクランボのお届け件数、数十万個を扱ってきた豊富な事例があります。         さくらんぼの発送は常温便が基本です さくらんぼはデリケートで日持ちが悪く、劣化しやすい果物なのです。中でも特に佐藤錦は温度変化と湿度変化(乾燥と結露)に弱いので、保存する場合...... 続きを読む

母の日さくらんぼ「佐藤錦」の栽培方法とは

佐藤錦 母の日さくらんぼ

    「母の日サクランボ」は2月中旬に花が満開 母の日に使うギフト用の温室さくらんぼを「母の日ギフトさくらんぼ」「母の日さくらんぼ」と呼んでいます。このサクランボは収穫から逆算すると2月上中旬に雪の中の温室でサクランボの花が満開をむかえることになります。   満開のときに大事なのは、なんといってもサクランボの収穫をささえる受粉、交配という仕事になります。そのために大量のミツバチをたくさん温室に放しています。 ...... 続きを読む

「さくらんぼ収穫応援隊」を募集しています

さくらんぼ応援隊 佐藤錦 山形さくらんぼ

さくらんぼ生産の現場の人手不足を解消するために 今年のさくらんぼは近年にない豊作、一部の見方では「50年ぶりの豊作」ともいわれているようです。いよいよ佐藤錦が終了し晩生種の収獲を残すのみになりました。   いずれにしても豊作はありがたいことですが、現状のさくらんぼ栽培の現場の課題として収穫する人の問題を含め全般的に「人手不足」という大きな問題が顕著に産地では話題になるようになりました。   このような状況が始ま...... 続きを読む

佐藤錦を豊作に導く品種ナポレオンとは

さくらんぼ ナポレオン 授粉樹

  ナポレオンの導入は明治初期 から現在まで さくらんぼの歴史は古く、有史以前から食べられてきたといわれています。世界にあるさくらんぼの品種は、1,500とも2,000ともいわれています。日本には、明治時代に外国から約80品種が導入されました。山形には、明治8年(1875)に東京から、洋なし・りんご・ぶどうなどの苗木にまじって、ヨーロッパ系の3本のさくらんぼの苗木が入ってきました。   明治9年(1876)には、初代の山形県令三...... 続きを読む

さくらんぼの実の着き方と作柄の関係

さくらんぼ 着果 佐藤錦

さくらんぼ 作柄は何時ごろ判る? 4月下旬頃に満開になって、お天気に恵まれ蜜蜂、マメコバチに授粉を助けてもらい出来た実が育ってきています。ほぼ満開から20日が経つのでサクランボの生理落果は終わったのでそろそろ摘果作業に入らないといけない時期になりました。 生産者の小座間さんに伺うと、今年は実が付き過ぎの傾向で、多過ぎると実が大きくならないので適当な数に制限しないと品質が低下するので摘果という間引き作業をしているということです。園地を見渡すと紅秀峰の...... 続きを読む

サクランボ「佐藤錦」の豊作の条件とは

さくらんぼ通販 さくらんぼ佐藤錦 山形さくらんぼ

白い花で満開になったサクランボの畑は桜(ソメイヨシノ)とは違った妖艶な印象が感じられます。そして畑いちめんに甘いサクランボの香りがかすかに漂っています。ようく見るとミツバチやマメコバチが活発に蜜を集めに働いて飛び回っています。     サクランボは同じ品種同士では実がつきません 今年のサクランボ、佐藤錦は昨年より2-3日早く満開を迎えました。今年が暖冬だったことと、4月のこれまでのお天気が順調で温かい気温が続いたことが要因に挙げられ...... 続きを読む

大粒さくらんぼ「紅てまり」つくり方の秘密とは

紅てまり 山形さくらんぼ さくらんぼ通販

  「紅てまり」の大粒はギフト用に人気があります 佐藤錦と紅てまりを中心にサクランボ栽培をしている芦野さんのさくらんぼ園には特徴があって、さくらんぼの栽培面積は60アールと決して広い方ではないが、品質にこだわった高級品だけをねらった集約的な栽培方法をしています。   よそにはない高品質で鏡詰め、手詰めなどのギフト用の高付加価値の商品に絞った果樹園経営が特徴となります。   もともとサクランボは高級品ですが、...... 続きを読む

ページの先頭へ戻る

Copyright©さくらんぼ・ラフランス・蜜入りりんご・だだちゃ豆通販|味の農園 All Rights Reserved.