全商品を見る
トップページ> くだもの歳時記> カテゴリー: ラフランス

くだもの歳時記

カテゴリー: ラフランス

ラフランスの摘果は美味しい果実を作るため

ラフランス摘果 ラフランス栽培 ラフランス通販

  実を大きく実の数と大きさを揃えるための摘蕾、摘花、摘果 ラフランスは、収穫までの栽培期間が長くかかる果物です。平年ですと4月30日から5月1~2日頃に花が満開になるのですが、それから165日…つまり約5ヶ月半かかってやっと収穫できるようになります。   栽培期間が長いほど管理作業が多くなり、多くの管理作業などの栽培に関する作業が必要になってきます。 実の数を制限して樹の負担を軽減し、実の大きさ、品質を良くするためにまだ...... 続きを読む

ラフランスの可憐な花が咲きました

ラフランスの花 ラフランス通販 完熟ラフランス

  ラフランスの花は純白で丸みがある 5月の上旬になるとラフランスの花が咲きはじめます。ラフランスの花の色は純白。花ビラは円形でつくりがしっかりして風になびくような感じはありません。指輪の宝石のように5本の爪に真珠が挟まれているように見えます。   小さなバラのつぼみにも似ています。西洋梨もサクランボ、桃と同じ「バラ科」とは信じがたい気がします。   ラフランスは真っ白な花を咲かせます。ソメイヨシノなどの桜...... 続きを読む

ラフランスを『コンポート』にして冷凍保存する方法

ラフランス 完熟 食べ頃

調理して冷凍保存する「ラフランスコンポート」レシピ ラフランスを長期間冷凍保存させたいときに一番よく使われるのが、煮詰めてコンポートにするという方法です。そこでここでは、そのままでもスイーツに入れても美味しい、簡単でシンプルなラフランスのコンポートの作り方を紹介します。この方法を知っておくだけで洋梨の冷凍保存がぐっと楽になるので、ぜひ参考にしてみてください。   ラフランスの冷凍保存は半割したままダイレクトに冷凍するより出来ればひと手間...... 続きを読む

ラフランスを冷凍保存する方法

ラフランス 冷凍保存 完熟ラフランス

  山形特産の洋梨「ラフランス」は冷凍保存できます   完熟のラフランスは甘味の中にほんのり酸味がありトロっとした濃厚な味を楽しめます。果汁たっぷりの果肉はとろけるようなまろやかな口当たりで西洋なしの中でも一番の人気洋梨の女王といわれています。   そして、ラフランスは追熟させると甘くなる果物です。完熟を見極めて冷凍保存することが大切なポイントになります。ですから、ラフランス完熟状態の見極め方を確認してから冷凍保...... 続きを読む

完熟ラフランスの上手な食べ方とは

ラフランス 食べ方 完熟ラフランス

手が汚れてすべるけどりんごを切るようにラフランスをクシ切り 通常の食べ方としてはラフランスは、皮をむかずに4等分に切ります。真ん中の軸の部分をりんごのように切ります。最後に皮を薄くむいて、8等分に切ったりしてもいいですお好みの大きさに切ってお召し上がり下さい。   (ラフランスの果汁が出てきて手がすべりやすくなります。果実を落とさないように気をつけてくださいね!) 召し上がる2~3時間前に冷蔵庫で冷やすと、より美味しくなります。 ...... 続きを読む

ラフランスが洋梨の女王と言われる理由とは

ラフランス 洋梨女王 完熟ラフランス

  山形弁で「みだぐなす」という言葉があります。直訳すると「見ためよくなし」といい、訛って「なす」とは「なし」「梨」でもありつまり「みだぐなす=みばえが悪くかっこ悪い梨」という見下した意味が込められた言葉なのです。   ラフランスが脚光を浴びる以前こんなあだ名をつけられていました。でも、その驚くほど上品でとろけるようなおいしさが知れわたるや、一躍フルーツ界の女王と成り上がるのです。いまでは、生産量では山形県が全国の約80%を占め、「果物王国やまがた...... 続きを読む

ラフランスの食べ頃が難しいので産地では

ラフランス 食べ頃 完熟ラフランス

当初は高価な果物としてわずかに出回っていましたが、グルメブームの到来で、広く一般的に入手できるようになったのは最近のことです。ラフランスの生食が一般化するのにいちばんの問題は食べ頃が判りずらいことでした。そして、この問題に関しての具体的な対策をどうするかという課題の克服にあったのです。   ラフランスが流通するにあたって「食べ頃」を出荷ケースごと均一にするのに役立っているのが、「予冷」という方法。産地、山形県ではラフランスは収穫されるとすぐに摂氏2~...... 続きを読む

ラフランスの完熟と食べ頃、3つのチェックポイント

ラフランス 完熟ラフランス 食べ頃

「ラ・フランス」は食べ頃になっても果実の色が黄色に変色しないので、食べ頃の判断が難しい果物です。また「ラ・フランス」は食べ頃になるまで常温で保管して下さい。 食べ頃をむかえた「ラ・フランス」は芳醇な香りととろけるようななめらかな舌触りで「西洋なしの女王」の名にふさわしいくだものです。 さて、「ラ・フランス」の食べ頃ってどう見分けるのか、簡単な見分け方をお伝えしてみようと思います。   [caption id="attachment_4760"...... 続きを読む

ラフランス・洋梨の簡単な保存方法とは

ラフランス 保存方法 完熟ラフランス

ラフランスはフランスが原産で1864年に発見された品種です。甘味の中にほんのり酸味があり濃厚な味を楽しめます。果汁たっぷりの果肉はとろけるようなまろやかな口当たりで西洋なしの中でも一番の人気です。   反面、熟しても果皮の色はあまり変わらず、食べ頃が解りづらいという欠点があり、残念なことに完熟のラフランスの味を知らない方も見受けられます。   香りもさほど強くありませんが、軸の周りの果肉に弾力が出てきます。平均サイズ...... 続きを読む

美味しいラフランスの簡単な選び方

ラフランス 完熟ラフランス 選び方

ラフランスはフランスが原産で1864年に発見された西洋なしの品種です。甘味の中にほんのり酸味があり、果汁たっぷりの果肉はとろけるようなまろやかな口当たりで西洋なしの中でも高い評価を得ています。   しかし、課題として熟しても果皮の色はあまり変わらず、食べ頃がわかりづらいという問題です。完熟になると独特の香りが漂い軸の周りの果肉に弾力が出てきます。   この点に注目して食べ頃の目安に注目して説明を加えてみましょう。コツさえつかめば決し...... 続きを読む

幻の金系ラフランス「ゴールドラフランス」とは

金系ラフランス ゴールドラフランス 洋梨

  ラフランスには緑色と茶色(金系・ゴールド)の2種類があります ラフランスといえば緑色の洋梨で豊かな香りと滑らかな食感、果汁たっぷりで「洋梨の女王」と呼ばれるにふさわしい山形の特産品といえます。   実は、ラ・フランスの色には緑系と茶色系の2種類あります。通常流通されているものが緑系のラフランスです。茶色のものは通称「金系ラフランス」ゴールドラフランスと呼ばれ、昭和30年代に山形県園芸試験場 で枝変わり(突然変異)...... 続きを読む



ページの先頭へ戻る

Copyright©味の農園 All Rights Reserved.