全商品を見る
トップページ> くだもの歳時記> カテゴリー: にんじんジュース

くだもの歳時記

カテゴリー: にんじんジュース

雪下にんじんとは

にんじんジュース通販 月山にんじん にんじんジュース通販

    雪の布団で春まで眠る雪下にんじん 雪下にんじんとは、豪雪地帯のにんじん産地に限った栽培形態です。前年秋に収穫できる状態の人参をわざと2メートル以上もの雪の下で冬を越させる方法で収穫した人参をいいます。 山間地の豪雪地域で越冬野菜の保存方法として受け継がれてきました。降雪間際に生産される人参を2m以上の積雪の布団に閉じ込める保存方法で春から新鮮な人参が食べられます。「雪味にんじん」や「雪割にんじん」などと呼ばれています...... 続きを読む

月山高原の赤土がにんじんを赤くする

月山高原 月山高原にんじん にんじんジュース

  にんじんの赤みが強くなり濃厚な味に  積雪10mをこえるという霊峰月山(1984m)、その山麓にある月山高原は自然豊かな庄内平野を見下ろす昭和になって開拓された標高300mの高原の農地です。かつての多くの入植者たちは、月山高原の厳しい自然と作物を拒む独特の赤土粘土と石混じりの土壌に苦しめられここを去った人も多い。 月山高原にんじんの特徴はと赤土の粘土質の高原のため初期の生育が遅くゆっくり育つため人参の赤みが強く果肉が緻密に...... 続きを読む

誰にでも飲めるにんじんジュース誕生の物語

月山高原 月山高原にんじん にんじんジュース

スマート・テロワール農業・農村こそ成長余地がある  15兆円穀物産業創造の提案  その鍵は余っている水田の畑地への思い切った転換です。そこで国内自給率が低い穀物や家畜を育てます。その穀物や畜肉を地域の既存の工場で加工し、新鮮なうちに届け、最高の味を提供します。 一方、地の利を活かし流通・広告コストを抑え、「日常食品」で輸入原料による商品と対抗します。 地域の加工場やお店・消費者と手を結び、食と農を地域に取り戻すのです。 こうし...... 続きを読む

飲みやすい にんじんジュース

にんじんジュース 月山高原 にんじんジュース通販

  誰でも飲める 飲みやすい人参ジュースがほしい βカロテン、食物繊維、たっぷりの食感。嫌われるにんじん臭を抑えた誰でも飲める 飲みやすい人参ジュースです。体が弱っている方や健康のためにという想いから、毎日続けるために安心で安全はもとより人参嫌いでも飲んでいただける誰にでも飲める美味しさにこだわりました。 製造方法については完成まで3年をかけました。幾度も吟味しながら、βカロテン、食物繊維を大切に有効成分を壊さない低温殺菌で仕上げること...... 続きを読む

にんじんの保存方法 扱い方

にんじんジュース通販 月山にんじん 月山高原にんじん

  ここで人参の保存方法をご説明する前に人参の栄養成分についての豆知識をお伝えしたいと思います。   にんじんの英名、キャロットの名前の由来はβカロテンから来ているというといいます。その語源になっているカロテノイドとは動植物に含まれる赤色、橙色(オレンジ色)黄色の色素のことで、約750種が確認されています。   カロテノイドは私たちの身近なものとして、にんじんのカロテン、トマトのリコピン、鮭のアスタキサンチン、ほうれ...... 続きを読む

美味しいにんじんの見分け方 選び方

人参通販 にんじんジュース 月山高原にんじん

  にんじん全体からみると 人参を選ぶ際は、果肉の色がなるべくオレンジ色が濃い物を選びましょう。表面はなめらかで傷やひび割れがなく、品種にもよりますが、先が丸くなったあまり先が細くなっていない物の方が良い人参です。 葉が付いているものは葉先まで活き活きとしていて萎れていないものがいいのですが、葉付きのものは新鮮だと考えていいでしょう。 人参に葉が付いていない場合は、切り口が茶色くなってない新しい物を選びましょう。また、...... 続きを読む

美味しい人参(月山にんじん)が出来るまで

にんじん 人参 月山にんじん

山形県鶴岡市の羽黒山の麓にある高田兄弟の実家は農家ではありません。サラリーマンの家庭で育ったので農業の経験が全くありません。   しかし実際に東京から戻り農業で起業を試みるも、就農に必要な農業機械も資金も殆どありませんでしたが、持ち前の頑張りで山形県の新規就農者制度を利用して給付金などで農業を始める元手をつくりながら果敢に挑戦してきました。       [caption id="attachment_...... 続きを読む

にんじん栽培で月山高原に農業フロンティアをつくる

にんじん通販 人参生産 にんじんジュース

    自分らしく生きるために農業をえらぶ 人参生産者 高田庄平・耕作 月山高原でにんじん栽培を中心に畑作農業を営む高田さん兄弟は、ビジネスをするために「農業」を選びました。 そもそも兄、庄平さんの高校時代の夢はプロサッカー選手。山形県内では有名私立名門高校に特別待遇で入学しサッカー漬けの毎日で冬の国立目指すが3年の大事な時に膝の大けがでサッカーを断念。 悩んだ末に進学して通訳をめざしました。国境を越え人々...... 続きを読む

有機農業に関わる人参ジュース製造工場 取材日記

月山にんじんジュース 月山高原にんじん にんじんジュース通販

津南高原農産 社長 鶴巻さんは東京生まれ  昭和24年、鶴巻さん一家は津南高原の開拓地に鍛治屋として東京から入植した。鶴巻さんが10歳の時だったいう。 農家として入植したのではないため、農地の配分を受ける資格はなかった。しかし、農地に転用される前の山林を地主から買っていたため父親は農地を得た。条件の悪い場所で、水利権の問題などから旧村民の反発もあり苦労は多かったらしい。 中学校を出て、一旦は東京に就職したが、体を壊して田舎に...... 続きを読む

にんじんジュースの製造工場見学 取材日記

にんじんジュース 人参ジュース にんじんジュース通販

臭みなく飲みやすい人参ジュースの製造方法とは 私たち味の農園の隣県となる新潟県といっても山形県酒田市は秋田県境に近い北端、津南町は長野県境の南端といえます。目的地のジュース工場は新潟県津南町にある津南高原農産という会社です。 目的地までの距離は450kmほどあります。羽越線経由の電車では不便なため車で行くと6時間かかることになり隔たりを感じさせられます。 月山高原にんじんを加工してくれるジュース工場のある津南町は 日本有数の豪雪地帯で...... 続きを読む

ページの先頭へ戻る

Copyright©味の農園 All Rights Reserved.